Home

ekken

他人が俺のことをはてブで罵倒するのは許さないけど、俺はGoogle+で他人を罵倒しちゃうよ!

  • Posted by: ekken
  • 2012-08-07 Tue 22:46
  • Web

今年(2012年)5月に、はてなブックマークユーザはTwitterなど他のサービスと比べて明らかにユーザの質が劣っているとして、はてブコメントを非表示にしたHideki Ikemotoさん。

非表示にした理由は、どうやら酒飲みながら罵倒してケラケラ笑うのが目的のはてなユーザとは関わりたくありませんFrom NeXT To Mac: はてなブックマーク禁止&AdSense削除しました)ということらしいのだけど。

関連
はてブは劣悪・Twitterは優良という勘違い:ekken B? 

Hideki Ikemotoさんが指摘した「意図を汲み取っていないはてブユーザー」と「意図を汲んだTwitterユーザー」には、実はたいした違いはなく、殆ど同じ意見が書き連ねられていただけなのに、はてなを否定した理由が全くわからないままなんだけど、今回はそれを置いておくとして。

酒飲みながら罵倒してケラケラ笑うのが目的のはてなユーザとは関わりたくありませんFrom NeXT To Mac: はてなブックマーク禁止&AdSense削除しました)というような人が、Google+で他人を馬鹿呼ばわりするのは、「他人が俺のことをケラケラ笑うのはイクナイけど、俺が他人をケラケラ笑うのは無問題」というオレルールの発動だと思うので、不快感を表明しておきます。

ekkenって馬鹿がはちまとTumblrは無断転載だから一緒とか言ってるけどんなこたねーよ。はちまは捏造や誹謗中傷で迷惑を掛けてるのが本質的な問題なのに。

これ、同意できるかどうかは別として、「ekkenって人がはちまとTumblr(以下略)」という風に「馬鹿」という余計な修飾語を取り除くだけで罵倒してケラケラ笑うとは受け取らなかったんだけどなぁ。



……と、コップ酒片手にネットに繋いでいるekkenがニヤニヤしながら書きましたッ!

びゅう! びゅう!

  • Posted by: ekken
  • 2012-08-06 Mon 22:56
  • Diary

うまくできた、綺麗にできたことについて、「びゅうだよね、びゅう!」という表現があるのだけど、最近、これが今の若い人たちには通じないということに気づいた。

それとも、もともと北海道出身のオッサンにしか通用しない言葉なんだろうか。

語源としては「見た目」の「View」のことなんじゃないかと勝手に思っているのだけども。

続・NGワード「エゴサーチキモイ」

  • Posted by: ekken
  • 2012-08-06 Mon 21:02
  • Web

エゴサーチによるネガコメ紹介の是非問題はまだまだ続いているのであった。

これまでのおはなし
NGワード「エゴサーチキモイ」:ekken B? 
公開された言論に対する反論は、公開された場で行なって欲しいけど:ekken B? 

反論に際して、絶対に必要となるのは相手の発言内容であって相手の名前ではない、というあひるさんの主張も分からなくは無いのだけど、そこに相手の名前を書いちゃいけない理由もないんじゃないかなぁ。それは個人の反論方法のポリシーによる物です。

僕の場合は、基本的に読者に「相手の発言の流れ」を読んでほしいから、発言の履歴が辿れるようにします。それを辿るかどうかは読者次第です。そもそも「他者の発言」を利用する場合は引用の要件を満たすものでしょう。ツイートは単一で読まれるものとは言え、ある部分的なツイートだけを抜き差って、前後関係を辿れなくしちゃうのはフェアじゃないよね。これまでの流れの話では、「エゴサーチされた方」は相手の名前を出しているのだから、「エゴサーチした方は名前を出すな!」って、ずいぶんと自分勝手な言い分だと思いますよ。

もともと少ない字数制限のあるTwitterにおいて、「どこを削るか」と考えた場合、「Aという意見」はむしろ不要な情報で、「自分の見解B+意見Aが書かれていた場所(リンク)」にするのがベターだと思っています。

あと、後半部分(「Aという意見を目にしたが~」から先)については、ちょっと意味が分かりませんでした。ウェブ上で情報発信しているものは、すべて(本人の意図とは無関係に)「公的な発言」だと思っているので、「公的な発言と見なされない」なんてことはないと思っています(公的な発言と見なされない、なんて誰が言ったのですか?)。ごく少数だけに限定公開されたSNS上での発言は例外だと思っていますが。

Twitterって、発言力がなかったらモノを申してはイカン場だったのか!

発言力の有無にかかわらず、自分に向けられたネガティブ言及について「書いた人の名前を出してはいけない」なんてことがスタンダードになったりすると、僕には大きな不利益になるなぁ。相手を特定した意見主張よりも、仄めかしによるクリリン合戦の方が不毛な争いになると思う。

「エゴサーチして晒し行為することを快く思わない」のは個人の自由です。僕はむしろ、他者の名前を出してネガティブなコメントを書いたのに、相手の反応を拒絶するような言動(エゴサーチに対する批判や揶揄)をすることを快く思いません。こうした意見表明をするのに、著名人であることや発言力の有無なんて無関係ですよね。

著名人・ご意見番でないのなら群がってくるな! ということでしたら、大部分のTwitterユーザーは「他人に言及してはいけない」ということになっちゃう。

あと些細な事なんだけど、凄ーく気になったので書いておくと。

「著名人」「発言力のあるご意見番」じゃない人を「雑魚」扱いするのはイクナイと思いますよ。経験則上「そういうお前は雑魚じゃないのか!」と言い返されるのがオチですから。

ケンカ売るとか

  • Posted by: ekken
  • 2012-08-06 Mon 20:41
  • Web

他人に向けて暴言を吐く人は、自分に対して向けられた暴言を許容しているんだろうなぁ、と思うので、そうした人相手に「ケンカ売っている」と思われるのは良いのだけど(まぁ、その場合も「ケンカ売っている」のではなくて「ケンカを買っている」なんだけど)、自分の言動が特別「ケンカ売ってる」モノだとは思っていません。

具体的にどの言動が「ケンカ売ってるのも同然」なのかご指摘いただけると幸いです。

ある意見に対して、反対意見を述べたり、事実誤認の指摘をするのは「ケンカ売ってる」訳じゃないよねぇ。もちろんその行為について「バーカ」「死ねよ」などといった罵倒のための語句が含まれていたのならば別ですけど。

でもまぁ。

自分も含めて「そういう傾向は高い」とは考えているのだけど。

反対意見などを書かれた際に、そこに存在しない悪意を見出したり、あるいは自覚なく悪意を込めて反論するということは、ままあることなのかもしれない。

モヒカン属性を高めて、相手の文章から余計な修飾語を取り除いて読み取る/意見を述べるときは無駄な修飾語を省くことでお互いにココロのカチン発火点を消し去る努力が必要かなぁ。

上で転載した深草さんのツイートを例に取ると。

「ekkenさんって自分の行動が他人にケンカ売ってるのも同然だってことに気がついてないのな。彼に同調している人も総じてマッチョイズムに溢れてるしな」

こう書き換えることで、ずいぶんと柔らかくなった感じがする。「おじさん」も「取り巻き」も相手を揶揄するための語句であって、意見の主旨には無関係だからね。

意見の内容が必ずしも間違っているわけではないのに、思ったほどの賛同が得られない場合は、相手を揶揄・罵倒する意図が見え隠れするからかもしれない。

そんなわけで、こういうことを書いた場合のお決まりの文句をもって、締めたいと思います。

「自戒を込めて」




うわっ、ウソくさっ!

公開された言論に対する反論は、公開された場で行なって欲しいけど

  • Posted by: ekken
  • 2012-08-03 Fri 23:20
  • Web

前回「エゴサーチ」に関して、あひるさんのツイートを取り上げた。

エゴサーチに関してネガティブな発言をする人は、他にもたくさんいるのだけども、前回「こんなことを書こう」と考えているときにたまたま見かけた分かりやすい具体例だったので、引用させてもらった。ところが、彼の発言に対する僕の見解は多少誤解があったようで、あひるさんは「エゴサーチするな、反論するな」とは言っていない、とのこと。誤読申し訳ない。

前回のエントリ
NGワード「エゴサーチキモイ」:ekken B? 

↑このエントリに対してなされたと思われる、次のツイートなんだけど。

ううむ、やはり同意できない。

一方が名前を出してネガティブなコメント(批判的言動や悪口など)をしているのに、それに対しての反論や、自分のフォロワーに意見を求める行為について「こっちの名前を出すな」(=アカウントを晒すな)というのはずいぶんとムシのいい話ではないだろうか。少なくとも自分自身は、フォロワーに向けて他者の名前を出して何かしらの批判的言動を行っているはずなので、相手の反論について「クローズドな場所でやった方がいい」というのも同意しかねるなぁ。

当事者同士のみによる議論は、お互い自分自身の固定観念に縛られやすいので、発展的解決にはならないのではないか、と思う。より多くの人の意見を聞くチャンスに恵まれた方が、二人には思いも付かなかった議論材料を得られることが多くなる。相手のフォロワーは、必ずしも相手の意見について100パーセント同意するはずもないので、自分の正しさに自信があるのなら、むしろより多くの人間を巻込んだコミュニケーション手段を取る方が賢明だと思う。

多くの人の発言機会を設ける事で、罵詈雑言などのノイズが増えるだろうが、幸いTwitterにはブロック機能というものがあるので、有益とは言い難い発言ばかりする人はフィルターにかけてしまえば良い。

自分は公に向けて相手の批判的言及を行ったのだから、相手の反論についても公の場でさせないとフェアじゃないよ。


ところで、また気になるエゴサーチ関連ツイート。

この手の発言もよく見かけるのだけど、他人に絡んでいるのは、他人の名前を出して何かしらのツイートをしている側だよなぁ。そんなわけで。

「エゴサーチされて絡まれるのがイヤなら、他者の名前を出すのは止めるべき」

大事な事なので目立つように書きました!

Index of all entries

Home

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top