スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/987-bcc90705
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > Yahoo!ブログのチェーンテキストで[これはひどい]

Yahoo!ブログのチェーンテキストで[これはひどい]

先日気付いた、Yahoo!ブログの転載機能を利用したチェーンテキストが酷すぎる。

どうやらYahoo!ブログユーザーの間で危険視されているブログ(ワンクリック詐欺への誘導とかアダルト系)のIDやニックネームを並べ立てているようなのだが、これをユーザー間で情報共有する目的でチェーンテキスト化してしまっている。

こんな馬鹿げたことを誰が最初に始めたのかは知らないが、Yahoo!ブログの転載機能を利用したものばかりでなく、伝言ゲームのように情報が操作されて新たな記事として増殖していく例も少なくないようだ。

ここで「情報が書き足されているのなら、まるっきり転載と言うわけではないのだから、そういう記事が新たに増えていくのは構わないのではないか?」と考える人もいるかもしれないが、私はこの「危険なブログについて調べてみました」の記事もチェーンテキストにありがちな大きな問題を抱えていると思う。

これらの記事に書かれているのは、Yahoo!ブログのコメント欄や訪問者履歴に残された名前の羅列だ。「危険なブログ」への誘導リンクがなされているということで「個人情報を盗む・出会い系への勧誘・意味もないのに荒らす・その他危ない」ユーザー名としてリストにされているらしい。

「悪質なユーザー」としてのリストなので、そこで挙げられているユーザーのブログへのリンクは無い。間違えてクリックされた結果、自分のブログから被害者が出たら困るという配慮なのかもしれないが、しかしこれでは挙げられているユーザー名が、本当に悪質なユーザーなのか否かが全く分からない。

リストは少しずつ改定されて情報量を増やしているように見えるのだが、中には全く検証されないまま、ある段階で「危険なブログ」のリストに入れられてしまったものもあるようだ。これでは根拠の無いただの悪口ではないか。

新たな情報が加味されていようが、元情報についての正否の検証がなされていないままコピペされていくのは、転載元が明記されている転載機能を利用したチェーンテキストよりも悪質に思える。



関連
blog comments powered by Disqus

Comments: 0

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/987-bcc90705
Listed below are links to weblogs that reference
Yahoo!ブログのチェーンテキストで[これはひどい] from ekken

Home > Web > Yahoo!ブログのチェーンテキストで[これはひどい]

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。