スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/983-9a5ae67e
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > 続々・「拾いもの画像」は拾った人のものじゃない

続々・「拾いもの画像」は拾った人のものじゃない

前回、前々回と二回に渡り取り上げたYahoo!ブログのウェブ素材紹介サイトの話なんだけど、先方のしばらく考える時間が欲しいので、更新をストップするという選択がなされたようだ。

沸きあがった反応に対して「考える」ことは大切だと思うものの、たちばなさんはどうも問題の本質を理解していないように思う。

前回までの記事
先日来、私の記事を無言で持ち帰ったことを記事にしていましたが、
海外から頂いてきた画像をUPして、みなさまにご紹介していることに対して
再配布に当たるのではないかというご指摘がありました。
そして、そのことがYahoo!以外のブログで記事にされ問題とされています。
(引用者注・改行位置について変更しています)

「問題とされている」のは、海外サイトの画像を再配布していることじゃない。

たちばなさんのYahoo!ブログを見た人の中には「再配布イカン!」という人もいるかもしれないが、そういう人はごく少数ではないかと思う。

たちばなさんが紹介していた海外サイトの画像は、どうやら「個人サイトで自由に使ってください」という類の物のようだし、そのウェブサイトへのリンクもなされていた。個人的には「フリー素材の利用は、自分のオリジナルコンテンツの‘従’として使う物」という考えがあり、他人が作成したフリー素材を並べ立てているだけのエントリは質が低いと思うものの、自由に使って良いよという素材の使用に関して、第三者が「再配布イカン!」というのはお門違いだ。

前回・前々回で説明したつもりだったのだけど、当人にご理解いただけなかったようなので、しつこく書いちゃうことにする。

俺が問題としているのは「自由に使っていい」という画像を紹介した記事について、その画像と同じものを掲載した他者を「私に断りもなく使った」と相手を非難していること。

それも「(自分に)一言コメントするのがマナーです」という正しいとは思えない理屈を持ち出したことだ。

その画像を利用するに当たって「一言コメントするのがマナー」だったとしても、相手が「一言コメント」をしなければならないのは、件の海外サイトのほうではないか。

たちばなさんのエントリを問題視したのは、画像の使用に関するコントロール権が無いにもかかわらず、他人がそれを使用することに難癖をつけたことだ。

「画像の使用に一言コメントをするのがマナー」と考えるたちばなさんは、その海外サイトのウェブマスターや画像作成者に「一言コメント」をしましたか?

blog comments powered by Disqus

Comments: 15

#3988 天ちゃん URL 2009-03-26 Thu 09:53

そういや、私が自分のサイトTOPで流している曲を、作曲して公開している本人ではなく、使わせてもらっている私に対して「この曲いい曲ですね」と一言コメントしている人がいたけれど、そのコメントも私じゃなくて作曲した本人に言うべきだってこととこの問題は似てますよねえ。

#3990 No Name URL 2009-03-30 Mon 10:29

内容が気に入らないのでコメント。
①問題が問題になっていない。
②記事の公平性に難がある。
③追及の仕方に正当性が無い。
④文責の所在について明確にしていない。

発言を引用。
>俺が問題としているのは「自由に使っていい」という画像を紹介した記事について、その画像と同じものを掲載した他者を「私に断りもなく使った」と相手を非難していること。

この問題を提起するなら、紹介記事自体が盗用なのかを焦点にしないといけないのでは?
問題の真意を図れば、再配布より発掘を侵害されたことに怒っているように感じる。
画像の権利は拾った人のものではないが、ソースとして発掘した権利はある。
ねたミシュランという画像紹介ブログがあるが、あそこから記事をパクって掲載し続けたら当然非難される。
今回の問題もそれと同じではと。

そして記事の公平性にも難がある。
盗用なのかの判断材料として、相手方のリンクも張らなければ。
明らかに片方に寄りすぎている。

加えて、追及に正当性がない。
読んだ感じでは、記事がパクられたことに苛立って、それで上擦ってしまっただけに見える。
誤って口走ってしまうことは誰でもある。その失言を取って追求するのはどうなんだろう。
それに所見の印象を最後まで引きずって、最初に決めつけた結論ありきで記事を書いているように見える。
ぶっちゃけ麻生総理の漢字追及と同じことをしている。

>俺としては相手側の姿勢も疑わざるをえないのだが、それ以上にたちばなさんと彼女のYahoo!ブログのコメント欄で応援する人の思考に疑問を抱いた。

ブログが炎上した際、コメント欄の書き込みをあげつらう人もいるが、コメント欄は赤の他人では?
追及しているのはブログ主であって、コメントの人とは別人。
理不尽な連帯責任を求めるならますますマスコミじみてる。

正直なところ、取り上げられた問題のブログも頭の軽い人だなと思う。
もうちょっと冷静に言葉を選べばこんなことになってないだろう。
でもこの記事はそれと同レベル。責任を果たさないことではそれ以下。

ブログの方は謝罪をして閉鎖にまで至った。真摯に対応したと言える。
それなのにこちらは、記事の責任さえ明確にしていない。
個人ブログとは逃げずに、文責は負えよと思う。

#3991 ekken URL 2009-03-31 Tue 12:40

上の人は長ったらしい上に、全く整理されていない発言で驚いちゃったよ。
ところで俺は、「何か批判されたから閉鎖」するのは真摯な対応だとは思えないのだが。

#3992 No Name URL 2009-03-31 Tue 13:01

議論が通じない人か。
真摯な対応は修飾が過ぎたが、少なくとも閉鎖して責任は取っている。

それと読むのが苦手みたいだから要約。
前のコメントでは『お前に正義はない』と書いてある。
続けて、間違った見解で閉鎖にまで追い込んだのだから『それなりの責任は負えよ』と。

理解不能ならそれで構わない。
文責も負わないのに批判記事を書いているのはどうかなと思っただけで、それ以上はあまり構う理由もないから。

#3993 ekken URL 2009-03-31 Tue 18:24

ん?
もしかして自分の意見に納得してくれなかったら「議論が通じない人」認定しちゃう困ったチャン?
俺は「閉鎖したこと」が「責任を取った」事にはならないと思うよ。
俺の指摘が間違っていると思うのならば、記事を削除せずに反論(あるいは無視)をしたらいいと思うし、指摘が正しいと思うのならば、別に閉鎖せずとも指摘を受け入れれば良いだけ。
繰り返すけど「閉鎖」=「責任を取る」とは思えない。
政治の世界でも、なにか批判されるようなことをヤッチャッた人に対して、「辞任しろ!」のコールが起きたりするけれど、辞任する前に果たすべき職務があるんじゃないの、と思うことが多い。「辞めちゃった」が即「責任を果たした」とはならないと思う。
ブログの場合、ハンドルを捨てて新アカウントで始める事も簡単な訳で、閉鎖=責任を果たしたになる訳がない。
そういうことで「閉鎖」は答えをはぐらかして逃げただけにしか見えない。

あと「お前に正義はない」って、新しいギャグなんだろうか。
俺は特に自分の正義を訴えているわけではないが、#3992氏は他人(つか俺)の行動を不正義だと決め付けていないか?
俺の主張は#3992氏的には「間違った見解」かもしれないけれど、この一連の記事に言及している他者のコメントは、概ね俺の主張に肯定的なんだが?

あと俺はコメント欄でのコミュニケーションにおいて、黒木ルールを尊重している(黒木ルールを知らなければ、「黒木ルール」で検索してください)。
名無しのままでは俺以外の第三者にとっても、一連の発言が同一人物によって行われたものということが分かり難いので、今後、この場限りのものでも構わないから適当な名前をつけ、なおかつ「ID生成用」のパスワード(4桁以上)を記入して欲しい。(別に入れなくても良いけど、無視する率が高くなる)

#3994 natori URL 2009-03-31 Tue 21:59

①まず前提として、最初のコメントに対しての返答がなされていない。
反証をせず新規の主張で逸らすだけなら感情的に食いついているだけだろう。
これだけで議論に入っていないと言える。つまり議論が通じていない。

②閉鎖では責任を取ったと言えない、これは個人の持説だろう。
自分も最初見たときは「逃げたな」と思ったが、社会通念的に責任を取ったと解釈した。
これを理解出来ないのであればそれはそれで構わない。

③お前に正義はないについて。
ここで言う正義をコミックで描かれるものと同一に見るのはどうかと。
まあその想像に合わせて言えば、このブログの記事は頭で判断しながら読めば悪行に映る。
不確かなソース、筋の通っていない論理、悪意のある誘導。
これで「あいつは悪い奴」と批判するのは自分でどう考えているのか。

④記事の肯定者について。
歪んだ見解を鵜呑みにする読者は当然いる。
痛いニュースの読者などを筆頭に、元ソースすら見ずに、自分で考察さえせずに、書かれていることをただ信じる人が大勢いる。
そしてその読者が肯定側についたとして、正否を判断する材料にはなり得ない。
事の正否は論議によって証明される。

黒木ルール把握。

#3995 ekken URL 2009-04-01 Wed 08:04

まずnatoriさんの最初のコメントについて

1「ソースを発掘した権利」なんて物は存在しないと思う。
それはもと記事に対して失礼極まりない発想だ。
そのソースに対して自分なりの主張を書き加えてこそ、発掘者(?)の記事を見た人に対して、「自分の記事」に対しての権利を主張するのは良いが、単になぞっただけの情報の付加価値のない記事に対して「私が見つけてきたのだから、私に一言あるべきだ」はナンセンス。

2「閉鎖で責任を取ったとは言えない」が個人の持説であるのならば、「閉鎖して責任を取った」という考えも個人の持説であろう。
特にハンドルを用いてのネット活動では、誰でも簡単に、批判されたことが「なかったこと」に出来るのだから、閉鎖=責任をとったにはなりえない。

3・4主張がめちゃくちゃ矛盾している。natoriさんが「ekkenが正しくない」と考えたから「悪行に映る」で、他の人がekkenを肯定していることについては「考えが足りない」
単に「natoriが正しくないと思ったことは、誰もが正しくないと考えるべき」といっているだけじゃないの。
もとソースは当たるべきだろうね。この点は同意。
だから俺も俺の記事を読んだ人がもとソースを当たるよう、必要以上の引用は避け、件の人(Tさん)が「パクった」とする相手のブログへのリンクはせずに、Tさんのブログから辿ればいいと思った。しかし残念ながらTさんがその記事を削除してしまった。
natoriさんがコメントをくれたのは、Tさんの記事削除の後なんだけど、俺・Tさん・Tさんの記事をパクった人の3人の記事を全て読みましたか? 各々の正否の判断に必要なソースを全て見ましたか?

黒木ルールを理解され、当方の要望に応えてくれたことには感謝します。

#3996 natori URL 2009-04-01 Wed 22:34

>1「ソースを発掘した権利」なんて物は存在しないと思う。

ソースを発掘した権利、つまりデータベースの権利は存在する。
広大なネットの中から求められている情報を見付けてきた。これだけで商売を興せるほどの価値がある。
そして情報は右から左へ流すだけでも、線引きさえすればその線が付加価値になる。
その物自体の権利は無くとも、データベースに対する著作権が持てる。


>2「閉鎖で責任を取ったとは言えない」が個人の持説であるのならば、「閉鎖して責任を取った」という考えも個人の持説であろう。

理解出来ないのであれば構わないと既に書いた。
ただ逆を説いているのは間違いなので指摘する。
『責任を負う=辞職・閉鎖』は社会通念。いわば常識。
異論を唱えるのは自由だが、反論にはならないというのを理解して欲しい。


>3・4主張がめちゃくちゃ矛盾している。natoriさんが「ekkenが正しくない」と考えたから「悪行に映る」で、他の人がekkenを肯定していることについては「考えが足りない」

矛盾はしていない。
3は『自分の頭で考察した内容』であり、
4は『自分の頭で考えない読者』を指している。
その上で後者の意見は参考にならないと言っている。
何故ならその読者は考えていないから議論として成り立たない。
2chの反射レスと同じ。表面をさらっただけで真意を見ていなく、感情で口走っているだけ。


続いて誤解しているようなので正すと、元ソースは記事元、つまり記事本文を指している。
「元ソースすら見ずに」は「見出しと梗概のみを見て本文を読まない」という意味になる。
はてブの肯定者に対しての返答なのを考慮。
そして「問題ブログを見たか」の疑問に対しては見ていないと答える。
ただそれは何の影響もない。
こちらの主張をまとめるとこうなる。

①問題提起の仕方が正しくない。
怒る行為を非難するなら、その怒った内容に正当性があるかどうかをまず考えるべき。
これを怠るなら阿呆を笑っている馬鹿でしかない。

②記事の公平性に難がある。
リンクが無く、相手ブログの内容に触れていない。
これが不確かなソースと言わしめる理由。

③追及の仕方に正当性がない。
真意を汲まない発言の一部のみの切り出し。コメント欄の非難。
これが悪意のある誘導と言われる。

読み返して見れば分かる通り、ここに『相手の是非』は入っていない。
全てこの記事の書き方への批判であり、必要な情報はこの記事で足りる。


本題に戻って勝手ながらまとめに入る。
ekken氏は「私が見つけてきたのだから、私に一言あるべきだ」の言葉を字面通りに受け取っていると推察する。
画像の権利を主張していると考えているんだろう。
だが自分は、画像のデータベースとしての権利を主張し、その上で収集努力を無下にされたことで怒っていると考える。
前者は正当性が無く、自分も糞だと思う。
しかし後者ならば正当性もあり、批判対象にはならない。口が悪いのは除いて。

上記の判断は、記事が削除されたことにより不可能となっている。
だから自分は最初から話に出していない。そもそもその記事を読めないから。
で、問題にしているのは「何故こういう考察を経ずに一方的に非難しているのか」という一点。
その上で追及の仕方や公平性に難を示した。
相手が正しいかはどうでも良い。ただこの記事の書き方は明らかに悪い。

#3997 ekken URL 2009-04-02 Thu 12:22

「データベースの権利」は存在するとは思うものの、ここで取り上げたTさんのエントリは、その構成に創作性が認められなかったので、権利を主張できるほどのデータベースにはなっていないと考えます。
他人が権利を有する画像を並べ立てただけで、自分の権利を主張出来るなんて話は聞いたことがない。
natoriさんの前のコメントの際に「ねたミシュラン」の例を持ち出していたけれど、ねたミシュランから見つけた気に入った画像をセレクトして、自分のウェブサイトで「お気に入り画像」としてリンクしても、ねたミシュランサイドとの間には何の問題もない。ねたミシュラン管理人によって付されたコメントまでコピペしていれば別の話だが、リンク先の画像を取り上げたことでねたミシュラン管理人及びその閲覧者が「ねたミシュランの人に謝れ」とか「ねたミシュラン管理人に断ってからにしろ」と糾弾するのはお門違い。

>『責任を負う=辞職・閉鎖』は社会通念。いわば常識。
それはオフラインでの話でしょ?
オンラインの話に当てはめるのは不適切だって事を説明しているんだけど、理解してます?

「批判されたから休止・閉鎖」では、何が問題視されて批判されたのか、Tさんサイドの読者には何一つ分からない。
また、俺の主張に同意する人がTさんのサイトを見ても、Tさんの休止理由が分からない。
・俺の批判を受け入れて責任を取ったのか
・外部でなされた批判行為に傷ついたのか
「考える時間をとるために休止」という文言を見たけれど、今ではそれも消えているので、「考えた結果」がどうだったのか、分からずじまい。
前回も書いた通り、ハンドル用いたネットでの活動おいては、誰でも簡単に別の人間として再開できることから、理由を明らかにしない休止・閉鎖は「責任を取る」というより単に「逃げた」としかみえない。別の名前で再開して同じ過ちを繰り返さないようにするのならともかくも、その検証を第三者が行うことは難しい。
natoriさんにはぜひとも「ウェブサイトの閉鎖」=「責任をとった行動」が社会的通念となっているという証を示してほしい。少なくとも現段階ではnatoriさん個人の見解を「みんながそう思っているはず」と主張しているように思えます。

公平性云々の論点ですが。
Tさんが非難した相手(仮にAさんとする)についてリンクしないのは公平性に欠ける、という話なのでしたら、その「公平性」を無くしてしまったのはTさんの手による物でしょう。
俺は「ブログの記事の質」に関してはAさんのものは著しく低いと思うものの、Aさんの記事が非難に値する物とは考えない。しかしTさん自身が画像の再配布を行っているにもかかわらず、同様に再配布を行っているAさんを非難したのは間違った行為と認識しているし、それは批判に値すると考えている。俺の記事の主旨ではAさんの行為を問題視していないのでリンクする必然性はないし、俺がリンクしたTさんの記事からAさんの記事へのリンクを(俺が記事をアップした当初は)辿ることが出来た。
「検証の為にリンクはしておくべき」と言うのであれば、少なくとも俺は検証用にリンクはしている(要・javascriptオン)。俺が記述したリンク先のリンクから、Aさんへのリンクもなされていた。その検証リンクを断ち切ったのはTさんであって俺ではない。

#3998 natori URL 2009-04-02 Thu 22:30

もう五度目だからきつく言うが、何も筋が通っていない。

「気に入った画像をセレクト」この段階でデータベース著作者が自分に書き換わる。
ただし継続的に取得し利用する場合はその限りではない。いずれにせよ検討を要する。

「データベースの権利は存在する」と認めたのならこの話は終わりだぞ。
ここから「しかし彼にその権利は当てはまらない」と続けても、記事自体が削除されているから判断のしようがない。
だから自分ははなから話に出していなく、可能性の段階にとどめている。
そして可能性があるのなら話は多面性を孕むことになる。
多面性を孕むのなら複数の視点から見つめる必要がある。
なのにこの記事では一面からしか物事を見ずに批判している。

自分はekkenは馬鹿だと思うが、もしかしたら遊んでいるだけで頭が良い奴かも知れない。
このもしかしたらが重要で、これを考えずに結論を出してはいけない。
それではただの罵倒だ。


続いて常識について説いているが、
オフラインもオンラインも同じ現実だということを分かっているか?
ネットは現実の延長線上にある。馬鹿をやれば謝るのが常識で、また法律も存在する。
ネットをゲームの世界と同じように見ているのかも知らんが、ネットは現実だ。


そして公平性についても何か述べているが、
書いてある内容が既に公平でない。

>俺は「ブログの記事の質」に関してはAさんのものは著しく低いと思うものの、Aさんの記事が非難に値する物とは考えない。

ekkenは何様だろうな?
片方に言及するならもう片方にも言及するのが正しい姿勢。
「必要ないと考えたから書かない」というのは横暴でしかない。
判断するのは読者なのに、記者が判断材料を切ってどうする?
朝日や毎日と同じ、悪質な誘導だろ?

情報の提示にしても、
・元ソースを見るように必要以上の引用は避けている。
・リンクは元ソースに張られているから問題ない。
そして消えたら、
・リンクが辿れないのは相手のせいだ。
笑うに笑えない。

とどめが、『自分はこう認識したからこう書く』
思うのは勝手だが他人を巻き込む以上責任を持って書け。
今のままでは独断的な結論の強要、マスゴミと呼ばれる連中と同レベルだぞ。


もう反論は良いから、正しい批判記事の書き方をググれ。
議論を延ばしても負けず嫌いが続くだけで何のプラスにもならない。
ググって自分で調べた内容から改めるところを考えろ。

#4000 はむはむ URL 2009-04-06 Mon 22:52

>natoriさん
もうお分かりかと思いますけど、ここの主はただの阿呆なので、チラシの裏か便所の落書きかとおもってマターリとヲチされることをお勧めしますよ。
議論のすり替えと論点の拡散、持論の押し付けが得意技で、持論に反する意見は悉くけなさないと気がすまないお子ちゃまですから。急所をつかれると汚い言葉でののしるだけ。わざわざ教育してやる必要もないので、放置しておけばいいと思いますよ。

#4001 これはすごい URL 2009-04-07 Tue 00:09

なんでこんな話題で「続々」まで続いてるんだ?
と不思議に思ったら、コメント欄で頭のお病気さんが暴れてた。
こ、怖い・・・

公平なんて概念を持ち出しでどうすんだろ?
この「公平じゃない」って「俺様の気に入らないから、俺様の思い通りにしろや」の言い換えじゃん。

間違ってるから自分流正義を持ち出してる例なのかな。
モンペが「そんなの常識でしょ!」ってわめくような。

これはきつい。
ご愁傷様。

#4002 これはひどい URL 2009-04-07 Tue 09:08

natoriすごいなw頭に虫湧いてるみたいw
>ググって自分で調べた内容から改めるところを考えろ。
自分に言ったれよw
お前に賛同できるバカはどこにもおらんだろ。

#4003 ekken URL 2009-04-07 Tue 12:28

建設的な意見をお願いします。

natoriさんへのコメント代わりに↓
http://ekken.blog1.fc2.com/blog-entry-984.html


うわ、URLまでの記述だと英数字比率が多すぎてスパム判定されちゃったよ。

#4005 さくら URL 2009-04-11 Sat 11:10

>俺が問題としているのは「自由に使っていい」という画像を紹介した記事について、その画像と同じものを掲載した他者を「私に断りもなく使った」と相手を非難していること。

あちらのブログで問題にしていたことは、

持ち帰った人(B)が
「自分で海外から持ち帰ったので、使ってね。転載OK」していることではなかったですか?

「自分で」という記事に反応していたように思いました。

TOPの断りの記事を見て、判断していましたが(いまは閉鎖されています)

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/983-9a5ae67e
Listed below are links to weblogs that reference
続々・「拾いもの画像」は拾った人のものじゃない from ekken

Home > Web > 続々・「拾いもの画像」は拾った人のものじゃない

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。