スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/977-f2d7b21b
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken
Trackback from ekken 2009-02-28 Sat 00:33

建設業界の格差の話の続き 

昨日に引き続き、建設業界の格差問題について。あるいは単なる仕事の愚痴。 昨日の記事 建設業界の格差社会は役所が作り上げているんじゃ... (more…)

Home > スポンサー広告 > 建設業界の格差社会は役所が作り上げているんじゃないの

建設業界の格差社会は役所が作り上げているんじゃないの

建設業に大きく関わりのある仕事をしている。

公共工事が激減して、競争が激しくなり、同業者や関連業者が規模の縮小をしたり、倒産しているところも少なくない。

お役所はこうした状況を考慮して、建設屋の下請けを保護するというタテマエでいろいろ面倒な手続きを行っている。建設屋に「下請けに分配するように」と前払い金を出したり、下請け会社に適正な価格で支払いが行われているかを確認するために、その見積もりを提出させたり。

だけどこれが実際に有効な手段なのか、と問われると、実のところ全く無意味な対策というか、悪用されているケースが多かったりする。

書類上は支払われたかのように見せかけるために、下請け会社に捺印をさせた書類を提出させるケースがあったり、不当に高額な「安全協力会費」で相殺されたり、激化した価格競争によって低価格した「実績価格」の参考にされたり。建設屋が不当に安い価格で下請け会社に発注しないように提出させられる見積もりが、実は役所が安い買い物をするために利用されているだけ。

その上、役所の不手際で内訳に漏れがあった追加工事なんかは、「予算に計上されていないから」という理由で金を出さないし、「それが無いと困る。引渡しに応じられない」とかなんとか言いながらムリヤリ只で請け負わせようと画策する。役所の建設課の担当者に恥をかかせてはイケナイと、建設屋は下請けの了解もないまま勝手に役所の無理難題を聞きいれ、しかも自分の腹を痛めずにその負担を全て下請け会社に求める。

表向き格差の是正がどーのこーの言って、その対策をしているかのように振舞っている役所が、結局のところ末端企業の負担を増すような仕組みを作っている。

具体的に書いちゃうといろいろとアレなので、かなーりぼかして書いちゃうけど。

役所が作成した建設工事の内訳に「キャラメル100箱」とあったとして、実際に使用するキャラメルは150箱。この50箱の差は、実際に工事をしてみるまで分からない量なんだけど、価格競争が激化しているので積算時にこのことを考慮することはない。考慮した時点で競争には負けることが確定しているからだ。役所作成の内訳に100箱とある以上、どの同業会社もそれ以上の数量を考えることはない。しかし工事中に50箱分不足ですよ、と申し出ても、これを認めてくれることはほとんどない。内訳書の数量=役所で組んでいる予算であり、内訳が間違っていることが役所の上層部にバレると、担当者的にいろいろと問題があるのだろう。キャラメル受注業者は50箱分の負担を強いられることになる。100箱受注で5%程度の利益しかないのに、増額無しで50箱追加は赤字に直結。しかしこれを了承しないと次回以降の仕事がもらえることはなくなる。了承したらしたで、先方に「なんだ、お宅はまだまだ安く仕事できるんじゃない」と次回以降も買い叩かれるだけ。

建設業界における格差社会を無くすには、官製談合をばんばんやるしかないんじゃないの、と最近強く思うようになった。

blog comments powered by Disqus

Comments: 3

#3972 青島 URL 2009-02-27 Fri 08:09

単純に、建設業界が値下げ競争しすぎた末路。もう一つは、土地が高すぎること。土地が高すぎるのは、担保になるのが原因。土地がなかったら、建物には担保価値がないのも当然。これでは、経済原則があっという間に壊れる。そもそも、土地は国から、国民みなから、独占的に使用できる権利だけであって、長くなるから、ここで書くのをやめた。役所より法律が悪すぎ。

#3974 でかいの URL 2009-02-28 Sat 07:40

赤字出すほど安値で受注してたら自滅するのはどこの業界でも一緒

> しかしこれを了承しないと次回以降の仕事がもらえることはなくなる。

これが成立する地域は、要は土建業者が余ってる、仕事量に比べて業者数が多すぎるってこと。
一概に役所が悪いわけではない。たまたまそのようなショッぱい地域の主な施主は役所しかいなく、役所は政治によって経済原則が捻じ曲げられがちというだけ。

この件での一番の悪は、赤字をどばどば出しつつも「この地域には土建業以外の産業はない」なんて言い訳にもならない妄言を唱えつつ、いつまでも廃転業しない愚かな業者でしょう。特に規模縮小や廃業をまるで悪いことのように思ってしまう人。
将来性のない市場からはとっとと退場するのはとても健全でいいことですよ。それを怠ってツラい思いをするのは自業自得。

#3975 大判焼き URL 2009-03-04 Wed 08:54

今まで談合やって適正価格の何倍もの金を貰ってたとこが何を言ってますか
一市民から見れば役人も建設業界も税金泥棒にしか見えない。
というか両者値段に見合った仕事してないよね悪い意味で

Trackback+Pingback: 1

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/977-f2d7b21b
Listed below are links to weblogs that reference
建設業界の格差社会は役所が作り上げているんじゃないの from ekken
Trackback from ekken 2009-02-28 Sat 00:33

建設業界の格差の話の続き 

昨日に引き続き、建設業界の格差問題について。あるいは単なる仕事の愚痴。 昨日の記事 建設業界の格差社会は役所が作り上げているんじゃ... (more…)

Home > 未分類 > 建設業界の格差社会は役所が作り上げているんじゃないの

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。