スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/966-2eee04da
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > ‘web屋が主張する「リキッドレイアウト」に騙されないために’に騙されないために

‘web屋が主張する「リキッドレイアウト」に騙されないために’に騙されないために

ウェブサイトのデザインに関する話で、固定幅派と可変幅派の意見対立は珍しくも無いのだけど、これはちょっと酷かったなー。

私自身は今現在、最小・最大幅設定の可変幅を採用しているわけなんだけど、別に「固定幅憎しッ! セーバイしてくれるッ!」とか思っているわけじゃなくて、まぁ読みやすければ良いんじゃないのよ、などと言いながらハナクソをホジホジしている「どっちでもよかんべ派」

そのどっちでもよかんべの私が可変幅を採用しているのは、自分が読みにくいと思う他人のウェブサイトを閲覧する際に、文字サイズや表示領域を変更することが多いから。

表示領域を変更しているくせに、その最大・最小幅を限定しているのは、そのサイズより大きい・小さいと、なまら読みにくいべや、などと思っているからなのです。あ、今ちょっとだけ北海道弁が出てきたけど気にすんな。

で、安眠枕さんの記事が「ちょっと酷かった」と思った理由なんだけど。

一昔前なら高嶺の花だった大型ワイドモニタは、今じゃ信じられないくらい安くなって、PC環境にしか金の使い道の無いネットヲタどもには手を出しやすい定番アイテムになっていると思う。

こうしたワイドモニタユーザーにとって、可変幅デザインのウェブサイトは「ウインドウを最大化したときに読み難い!」というのはごもっとも。

しかしちょっと待って下さいよ。

可変幅ウェブサイトが読みにくくなるほどに窓の表示幅を広げつつ、「読みにくいぞ、ゴルァ!!」等と文句をつけるのは、私には気の毒なデンパさんにしか見えないのですね。安眠枕さんがデンパだとは言わんでも、過剰な悪意を感じざるを得ない。

何故なら、1920x1080の液晶モニタを使う安眠枕さんは、その大画面を利用して「可変幅のウェブサイトはこんなにも読み難いよ!」と主張しているにもかかわらず、実際のところは彼自身がそんな巨大な幅を最大限に利用してネット閲覧をしていないから。

わざわざ巨大なディスプレイを持ち出して、非常に稀な「読み難い環境」を作り出している。

これを正当化するのであれば、わざわざ小さい窓サイズを作り出して「これだから固定幅はクソ」という理屈も正当化されるわけだし、所有しているモニタの性能から、最大化しても表示しきれないケースもありえる固定幅のほうがよっぽどクソの烙印が押されるはずだ。

ここで、安眠枕さんにトラックバックしている松永英明さんが、私にとって大変都合の良いデータを提示してくれていたので、利用させていただく。

  • 0pxより画面が広い人:100.0%
  • 640pxより画面が広い人:97.8%
  • 800pxより画面が広い人:90.0%
  • 860pxより画面が広い人:83.5%
  • 900pxより画面が広い人:80.1%
  • 950pxより画面が広い人:75.1%
  • 1024pxより画面が広い人:44.9%
  • 1152pxより画面が広い人:30.5%
  • 1280pxより画面が広い人:6.7%
  • 1400pxより画面が広い人:4.4%
  • 1600pxより画面が広い人:2.0%
  • 2048pxより画面が広い人:0.0%
  • 上のデータは、松永さんのブログ絵文録ことのはを訪れる人がどのくらいのブラウザの横幅であるかまとめた物だ。

    4分の3にあたる人が950pxより画面幅が広い状態で絵文録ことのはを見ているが、1024pxよりも広い幅で見ている人になると半数以下。

    このデータが絵文録ことのは以外の多くのウェブサイトに当てはまるかどうかは分からないが、とりあえずここではこの数値を信用することにする。

    このデータから「切り捨てるのが4分の1で済む950px」を選ぶか、「9割の人が読める800px」を選ぶか等と考えるのはナンセンスだ。

    私はこのデータをこう読む。

    「可変幅なら、極端に読み難いと感じる人は、たったの4.4%以下」

    しかもその4.4%の人たちも、彼らがウインドウサイズを変更してくれれば読みやすくなる。

    固定幅の場合、「読み難いのはごく少数だから」とユーザー切り捨てで表示領域を考慮するのだけど、可変幅にはそれがない。

    (もっとも、iPhoneのような極端に表示幅領域の狭い画面の場合、可変幅と言えどもサイドバーを伴ったウェブサイトは読み難いのだろうな、とは思う)

    関連
    blog comments powered by Disqus

    Comments: 3

    #3936 安眠枕 URL 2009-01-22 Thu 00:05

    私も先日「BROWSIZE.ORG」を設置してみましたが、そのデータでは1401px以上が9%(そのうち1601px以上が6%)900px以下が11%となっています。
    ekken氏の基準では1400px以上を読み難い環境としているようですが、
    私のサイトの閲覧者は1400px以上の人が9%もいるわけです。
    (松永氏の調査では4.4%らしいですが、調査してるサイトによってここまで違う結果が出たのには少々驚いてます)

    たしかに1920pxはやりすぎですが、1400px以上の人が(私のサイトのデータで恐縮ですが)約1割に達しているのは事実です。
    ですから、その環境を「稀だから」とか、「バカみたいに最大化する方が悪い」で一蹴してしまうのは「web屋のネタ帳的には」どうかと。

    別に趣味でサイト作る分にはそんなもの一蹴すれば良いと思いますよ。IE6だって無視すれば良いと。
    あくまで「web屋」を自称する人が固定は駄目、みんなリキッドにしろ!なんて言うのはおかしんじゃないかと主張してるのです。
    max widthの話が出てくるのならまた話は変わりますけど。

    #3937 安眠枕 URL 2009-01-22 Thu 00:19

    追記
    web屋のネタ帳氏は「稀だから」とか、「バカみたいに最大化する方が悪い」とは言ってないですね。ちょっと誤解を招きそうな表現なので訂正しておきます。

    ついでなので追加で
    http://neta.ywcafe.net/000348.html
    これは古い記事なのであまり突っ込んでもしょうがないですが、ウィンドウサイズの変更を強要するのは駄目だとご本人も言ってます。

    今回の議論を色々読む限り、現状ではメインのカラムサイズを可変にしたうえでmax widthを設定するのが一番かなと思いました。(このサイトのように)
    ただそれはリキッドレイアウトスキーな人は認めないでしょうから野嵜健秀氏、Jintrick氏などからは異論を唱えられるでしょうけども。
    長文失礼しました

    #3938 ekken URL 2009-01-22 Thu 06:57

    んーと。
    ウインドウサイズの変更を強要するのはダメ、と言う考え方に基づくと、固定幅・可変幅では固定幅の方がダメなんですよ。
    可変幅ではどんなに表示幅が広くても「とりあえず読むことができる」けど、固定幅で表示幅が狭い場合、「強制的にスクロールをかけないと読めない」から。

    Trackback+Pingback: 0

    TrackBack URL for this entry
    http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/966-2eee04da
    Listed below are links to weblogs that reference
    ‘web屋が主張する「リキッドレイアウト」に騙されないために’に騙されないために from ekken

    Home > Web > ‘web屋が主張する「リキッドレイアウト」に騙されないために’に騙されないために

    Tag Cloud
    Search
    Feeds

    Return to page top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。