スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/952-ae41be1e
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > 20年ほど前、こんなものを書いていた その1

20年ほど前、こんなものを書いていた その1

先日、母が亡くなりまして、この数日間、徒歩三分圏内の実家の整理などをしていたわけですが。

書棚から、二十年近く前に書いたコピー誌を発見し、「このくだらなさを自分だけのものにしておくのはもったいない!」と思ったので、少しずつ公開していくことにするよ!



さらば、コーラびん

中学一年のとき、あまり頭の良くないFという友人がいた。これはそのF君から聞いた話だ。

ある日、Fはコーラを飲み終え、空になったびんを口に付けてチューチューと中の空気を吸っていた。やったことのある人ならおわかりだろうが、あれをやると、唇や舌が吸い込まれるんですねぇ。Fについても言わずもがな。大抵、おどろおどろしているうちに、どこからともなく空気が入ってきて抜けてしまうものなのだけど、Fの場合は違った。

「抜けない!」

さぁ、これは困った。このままではメシも食えないではないか。

「うーん」 Fはしばし考えた。

そして、ぽん! と手を叩き、洗面所へ駆けていった。……あ、もちろん、舌からびんをぶらさげたままね。彼の少ないノウミソが考えたことは、石鹸水を作って、それを口に含み、びんを滑らせて抜く、というものだった。

「おし!!」とFはわれながらいい考えが浮かんだとヨロコビ、石鹸水を口にいれてふんばる!!



幸い、びんを抜くことはできたが、その時、誤って喉が「ごくん」となってしまった。彼の身に何が起きたのかは、記すまでもあるまい。

blog comments powered by Disqus

Comments: 1

#3900 sugar URL 2008-12-14 Sun 08:14

ちゅーちゅーでも唇は外側で無事だったことがF君にとっては不幸だったんですね。
この話を読んで思い出したのが、中学の部活の先輩の話。唇も一緒に吸い込まれたKさんは、翌日口の周りに赤い丸を付けて登校してきたのを思い出しました。誰でも1人くらい、周りに居るもんなんでしょうかねぇ。
ちなみにKさん、当時、15の女子中学生です。あ、やんぐsugarじゃありませんので念のため(^_^

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/952-ae41be1e
Listed below are links to weblogs that reference
20年ほど前、こんなものを書いていた その1 from ekken

Home > About > 20年ほど前、こんなものを書いていた その1

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。