スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/950-db1a5a4b
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > 「自分=普通の人」と「自分=特別な人」

「自分=普通の人」と「自分=特別な人」

自分の主張は限りなく一般常識に近いと考える人と、自分は他の人とは違う特別な人と考える人は扱いが厄介だよなぁ、という話。

「自分=普通の人」

「自分はどこにでもいる平均的なネットユーザーだから、自分の考えていることは他の多くの人も同じように考えている」と信じている人は、他人の行動を諌める際に、しばしば「常識ですよ」「人として当然のことですよ」というようなフレーズを利用する。

しかし自分の周囲だけで信じられている「常識」は、自分とはかかわりのない場所では必ずしも常識ではなかったり、あるいは非難の対象となることだったりする。

このような人の特徴として、自分の意見の正当化に存在の確認できない「みんな」を持ち出す傾向があるけれど、その「みんな」の所在を確認すると、ごく狭い範囲の「身の回りの友人」の名前が出てくる程度だったりする。

自分にとっての「常識」は、他の多くの人にとっての共通の「常識」ではないので、他人の行動を諌める根拠として「常識だから」は持ち出さないほうが良い。

「自分=特別な人」

「多くの人が守るべきルール」を設定する人がいる。自分のブログのローカルルールを熱心に掲げる人にありがちなんだけど、「自分が他の人に守ってもらいたいこと」を一般常識と考えて、「無断リンク禁止」とか「批判的言及の禁止」というような宣言をする。

その人は「誰でも考える‘一般常識’だから」ということで、そのローカルルールを設けるのだけど、どういうわけか「それを守らなければならない人」の対象から自分自身だけは外れていることが多いようだ。

ルールとか規範は、それを定めた人も例外なく平等に適用されるべきである。

また、「○○には馬鹿が多いよねー」ということを○○の中で公言しつつ、そこに自戒の意味が含まれていない場合、あるいはギャグとしての発言ではない場合。その人は「○○には馬鹿が多いけど、俺はその例外だよね」を真顔で主張していることになるので、思わすニヤニヤが止まらなくなってしまう。

関連
あわせて読みたい
blog comments powered by Disqus

Comments: 1

#4272 parents URL 2011-09-20 Tue 11:58

なるほどね。

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/950-db1a5a4b
Listed below are links to weblogs that reference
「自分=普通の人」と「自分=特別な人」 from ekken

Home > Web > 「自分=普通の人」と「自分=特別な人」

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。