スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/923-acea8360
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken
Trackback from インターネットください 2008-10-29 Wed 23:18

[はてな][Web]はてなブックマークは掲示板か否か? 

たぶん越権さんには通じないと思うけど - finalventの日記 続々・finalventさんのはてなブックマーク観について 話がかみ合ってないのははてなブックマークそのもの捉え方が違うから。いや、正確には「このエントリーを含むはてなブックマーク」ページをどう捉えているかと (more…)

Trackback from 別館:ポスト・ヒューマンの魔術師 2008-12-02 Tue 07:25

【予備考察】野暮なid:ekken・チキンのid:finalvent・なんとかやってこれた小飼弾 はてなブックマークとハイパーテクストのメディア論 「我々は複雑性に立ち向かえるのか」 

 現在このブログでは、以下のような連載記事を記述している。 『【はじめに】ネットで人生が破壊されるただの「読者」と、ネットを有効活用できる「記述者」の違い - 別館:ポスト・ヒューマンの魔術師』 『【第一の観点】ネットで人生が破壊されるただの「読者」と、ネッ (more…)

Home > スポンサー広告 > 続々・finalventさんのはてなブックマーク観について

続々・finalventさんのはてなブックマーク観について

「finalventさんのブックマーク観」の続きの続きです。

あわせて読みたい

以上の記事及びはてなブックマークコメント(各リンク先の右側に表示されている赤い数字のリンク先)を予め読んでおくのがよろしいかと。



相手が特定できていれば「言論の責任」は誰にでも問えます

……相手がそれに応えてくれるか否かは、別問題ですが。

そんなことどうでもいいんですよ。アク解で、ああ、こいつひどいこと言っているなと思ったら、そいつと向き合えばいい、こうやって越健さんに向き合っているようにね。それは個対個たりうるし、言論の責任が問える。

 問題はそんなことじゃこれっぽっちもない。ここほれワンワンゴミ貯めだの貯めを作った人の責務が問われるようにしなさいよということ。

アクセス解析で見つけた「ひどいことを言っている人」と個別に向き合うことが出来るのなら、ブクマコメントでひどいことを言っている人とも個別に向き合えば良いだけなのでは?

相手が「え? ブクマコメントに対していちいち何言っているの?」ということも考えられるけれど、finalventさんが持ち出す「ブックマーカーの党派性」というものがあるとしたら、ブクマコメントであることを理由に反論を回避する人には冷ややかな視線が向けられていると思います。

言論の責任を問うても、それに応えるかどうかは、ブックマーカーもコメンテーターも言及ブロガーも変わらず「分からない」

真摯な人なら、ブックマーカーだろうとコメンテーターであろうとブロガーであろうとも、何らかの手段でその文責を全うするだろうし、そうでない人は無視するだけです。

そして被言及サイドの質問に対し、いかなる場合も無視を決め込んだり、または「いやオレブックマーカーだから」とか「独り言ですよ?」とスルーを決め込む人はコメンテーターとしての評価を確実に落としているでしょう。

はてなブックマークにおける黒木ルールとか

ブックマークコメントが誰にでも簡単に読める状況にすることで、単に罵声だけのコメントやあからさまに嘲笑と思ってしまうようなコメントをなされた記憶がほとんどありません。

僕が書いた上の部分を指して、finalventさんが次のように言っていますが。

個別事例はどうでもいいでしょの部類だよ。

その部分を「個別事例でどうでもいい」と片付けられるのは心外だなぁ。

「ブクマコメントの可視を進めることで、的外れな批判やそもそも批判の域に達していない単なる罵倒・嘲笑を排除できる」というのが僕の主張で、僕はそれを実践し、実際その多くを排除されているよ、という話なんですけど。僕がブログで行う主張と、はてなブックマーカーとの相性が良いだけなのかもしれませんが、はてなブックマークでは僕の記事に対する批判めいたコメントも書かれているので「ブクマコメントの可視を進めることで罵倒や嘲笑を排除する」効果は多少なりともあると思います。もっとも、僕と同じ事をしても「自分と異なる意見は誹謗中傷だ!」と考えているような人にとっては効果がないかもしれませんが。

はてなブックマークのコメントはもともと黒木ルールが働いているのだけど、自分のブログの記事との結びつきを強くすることで、その効果が倍増するのではないかというのが僕の考え。

そのコメントの削除権がコメンテーターと株式会社はてなの方に移動しただけで、実質的にはブログにつけられたコメント欄と大差ないです。

「コメントそのものを望まない人にとっては、外部でなされるコメント(=はてなブックマークコメント)が迷惑」という考え方もあるかもしれません。だけどはてなサイドではそういうブロガーのために、メタタグを書き加えることでブックマークコメントを非表示にできる機能(参考:はてなブックマークのコメント一覧非表示機能について - はてなブックマーク日記 - 機能変更、お知らせなど )を盛り込んでいますし、拒否IPアドレスを設定することでブクマそのものを拒む機能も紹介されています(参考:特に閲覧制限を行わずにはてなブックマークからのリンクのみを拒否するには、ウェブページのサーバー上にてはてなブックマークサーバーのIPアドレス(現在は59.106.108.66)からのアクセスを拒否することで拒否を行うことも可能です。)。利用しているサービスの方にメタタグを書き入れる機能がないだとか、拒否IP設定が出来ない場合もあるでしょうが、そういう人は自分が利用しているサービスの方に要望を出すか、自分の要求を満たすことが出来るサービスに移転すれば良いと思います。ログの移転が面倒だという反論もあるかもしれませんが、無料または格安で提供されているサービスが、ユーザーの自己都合による引越しの面倒まで見る必要はないでしょう。

コメントを羅列して見せるのははてなの意思です。naoyaさんが言ってましたっ!

そうしたコメントを集積した場を提供する責任者は誰なのか可視にしなさいということ。暗黙の内に、現状ではそうした、羅列を表示することが、はてなの意志に見える。そして、それが名声というか有名な場所としてワンストップ化することで、党派性すら露出する場を与えることになる。

「はてなの意思に見える」のではなくて「はてなの意思」なのでは?

いや、厳密には「はてなの意思」じゃなくて、はてなブックマーク開発者である伊藤直也(naoya)さんの意思なんでしょうけど。

参考までに、今年の3月のASCII.jpの記事で、naoyaさんがこんなことを言っていますね。

批判であれ、賛同であれ、その記事やエントリーに対するユーザーさんの感想みたいなものはネット上では「見られてしかるべき」と僕は思ってるんですよ。それを見るために、あるいは見たいと思っている人にワンクッション置くというのは単純に便利じゃない。そもそもそんなたくさんクリックしなくちゃいけなかったら、「見たいと思ってる感想にたどり着けないよ」というところがありますね。

僕はこの意見に同意します。

コメントを集積した場を提供する責任者は「株式会社はてな」でしょう、というのは前回も述べたけど、はてなだって企業の責任として誹謗中傷ばかりが並べ立てられたブクマページは放っておかない筈。「いや、そんなことはない、現実的に存在すべきではないブクマページはある」というのでしたら、それはそう思った人がお問い合わせを通じて通報すべき(被害者本人でなくとも受け付けてくれます)。「それが面倒だから自分はやらないけど、そうしたページは存在するし、それは良くないからはてなブックマークは言及相手には存在が分からなくするようになるべき」は何の解決にもならないし、むしろ見えない場所でニヤニヤしながら誰かへの誹謗中傷、名誉毀損が広がるほうが問題だと僕は思う。

見える場所で行われる誹謗中傷には対応可能だけど、finalventさんの望む見えない場所からのそれは、自分の知らないうちに被害か拡大する事に対して何の対策も出来ません。「自分や自分のブログの読者の見えない場所からネガティブ言及は、‘何が書いてあるかわからない’から気にならない」という考え方は、危機管理意識が低いのではないでしょうか。

おまけ:南無さんからの言及に応える

今回のfinalventさんとのやり取りについて、南無さんから言及をされたのですが。

誰もがekkenさんみたいに硬直的で図太いわけではないもの。

今回の南無さんに限らず、この手の意見は時々いただくのだけど、その度に思うこと。

別に自分に向けられた全てのネガティブな意見に対して、‘図太い神経’を持てなどとは思っていないし、僕もたまには寄せられたブックマークコメントにへこむこともあるのだけど、何か言われてへこむことが嫌だと思うのだったら、その人自身が他人に対して批判的言及をするなよ、ということ。ブックマークコメントに関して「ひどい中傷だ、嫌がらせだ」と拒否反応を起こす人はよく見かけるし、確かにそれが中傷コメントだと思うことはあるけれど、じゃあその人がネットに書き残したものはどうかと観察をしてみると、実はたいして変わらないような内容の記事やコメントがあったりするのですね。

「自分はナイーブだからネガティブな言及を受け付けないし、そんなコメントするヤツはヒドイよヒドイよ!」としながらも、自分が他者に似たようなことをしているケースが非常に多い。自分に対するネガティブ言及を封じようとしながらも、自分がそれを行うことに抵抗を感じない人は、十分に硬直的で図太いと思うのです。




「finalventさんのブックマーク観」シリーズはもうちょっとだけ続くぞい!

関連
blog comments powered by Disqus

Comments: 0

Trackback+Pingback: 2

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/923-acea8360
Listed below are links to weblogs that reference
続々・finalventさんのはてなブックマーク観について from ekken
Trackback from インターネットください 2008-10-29 Wed 23:18

[はてな][Web]はてなブックマークは掲示板か否か? 

たぶん越権さんには通じないと思うけど - finalventの日記 続々・finalventさんのはてなブックマーク観について 話がかみ合ってないのははてなブックマークそのもの捉え方が違うから。いや、正確には「このエントリーを含むはてなブックマーク」ページをどう捉えているかと (more…)

Trackback from 別館:ポスト・ヒューマンの魔術師 2008-12-02 Tue 07:25

【予備考察】野暮なid:ekken・チキンのid:finalvent・なんとかやってこれた小飼弾 はてなブックマークとハイパーテクストのメディア論 「我々は複雑性に立ち向かえるのか」 

 現在このブログでは、以下のような連載記事を記述している。 『【はじめに】ネットで人生が破壊されるただの「読者」と、ネットを有効活用できる「記述者」の違い - 別館:ポスト・ヒューマンの魔術師』 『【第一の観点】ネットで人生が破壊されるただの「読者」と、ネッ (more…)

Home > Web > 続々・finalventさんのはてなブックマーク観について

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。