スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/9-dc3329cf
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > スパムトラックバック晒しで気をつけたいこと

スパムトラックバック晒しで気をつけたいこと

スパムトラックバックに憤慨し、送り主を晒すスパマー糾弾エントリをアップする人がいます。

送られるままのスパムトラックバックに対して何とか抗議したい、というスパムトラックバック晒しですが、こいつのメリットは、次の点。

  • 悪質なスパマーを晒す事により、被害者間で情報共有が出来る
  • 憂さ晴らしになる

同一の送信者による、スパムトラックバック被害者同士で連帯感が出来、コメントのきっかけにもなるかも。

ただ、このスパム晒し、方法には気をつけたほうが良いと思います。 気になったのはこれ。

CODY スピリッツ!:言及リンクスパマー

参考記事にあったリンクリストは消されていやがった・・・一つだけ言えることは、ライブドアブログのURLがずらー(引用者による中略)ーとならんでいやがった・・・。

これじゃ、スパムTB対策やっていようが、やってなかろうがを意味ねーよ・・・。

livedoorブログのスパム対策として打ち出された「送信先へのリンクの無いトラックバック受送信制限」機能に反対していたCODYさんの所に、その機能をくぐり抜ける策がとられたスパムが大量に舞い込んだ模様。

僕は「リンク無しトラックバックの受信制限」賛成派で、gooブログからFC2に移転した理由の一つが、この機能の実装なのですが、正直な所、CODYさんの所に寄せられたようなスパム(リンク無しトラックバック拒否対策として、リンクありでトラックバック送信後に削除する、あるいは機械的に「リンクがある」ように見せかける手段)は、遅かれ早かれ問題になるとは思っていました。

この手法がスパマーの常套手段になると、最終的にはgooブログで実施していると思われる、スパムトラックバック発信者のデータベース化による受信拒否機能が有効なのかもしれません。*

CODYさんの所に寄せられたスパムトラックバックは、かなり悪質な物であり、彼の怒りは理解できるのですが、僕はその晒し記事に、ちょっとした疑問を感じました。

送信元ブログの題名や、証拠写真のスクリーンショットの掲載は分かります。スパム発信者の糾弾が目的なのですから、相手を特定できない書き方では意味が無いし、そのスパムの手段の証拠は大事でしょう。
ですが、彼のスパム晒し記事には、相手のブログへのリンクがあります。

スパマーの目的は、相手を不快にさせることではなく、WEB上に自分のサイトへの入り口を増やす事の筈ですから、これではスパマーの思う壺です。寄せられたスパムトラックバックを削除しても、自分でスパムサイトへのリンクをしてしまえば、意味がありません。
悪意のない天然ちゃんによるリンク無しトラックバックなら、啓蒙活動として理解できるのですが、恐らく相手のスパマーさんはニヤニヤ笑っているに違いないのです。

この手の悪質なスパマー晒しの場合、スパマーサイトのURIは、リンクタグで括らない方が良いでしょう。

こうした悪質スパマーは、潰しても潰しても雨後の筍のように発生する物です。
自分の所に寄せられた物でなくとも、鬱陶しい事この上ないのですが、彼等の主たる目的は、アフィリエイトリンクへの誘導か、出会い系サイトへの誘導でしょう。

アフィリエイト誘導はともかく、出会い系サイトへの誘導は、ブログサービスの利用規約で禁止されている所も多いです。ですから、これを目的としていると思われるスパマー対策として有効なのは、先方の利用しているサービスの規約を読み、サービスの問い合わせ窓口等で通報する事でしょう。

相手が独自ドメインを利用していたり、そういう利用規約がないサービスを利用している場合は、自分が利用しているサービスへ、迷惑トラックバックの発信元として通知するのが良いかもしれません。



*詳細は不明ですが、
  • アダルトフィルタの搭載による拒否機能
  • ユーザーからスパムトラックバックの報告を受け、スタッフが問題視する送信元からの受信は拒否
ではないかと推測しています。報告してからの対応が若干遅いような気もしますが、これまで数度報告した物は、1~2週間程度で受信しなくなりました。(偶然かもしれませんが)
blog comments powered by Disqus

Comments: 3

#31 cody URL 2006-02-07 Tue 15:27

晒し記事といっても本来の目的はTBURLがあるスパム記事に5倍返ししてやるのが目的、だがTBURLがある記事事態少ない。

#37 えっけん URL 2006-02-07 Tue 18:48

>本来の目的はTBURLがあるスパム記事に5倍返ししてやるのが目的

それはちょっと大人気ないと思います。
スパムに対してスパム的な行動で対抗するのはどうかと。
まぁ、トラックバックURLがないサイトからTBされるのは、僕もあまり好きじゃないですけど。

#1031 saaya_holic URL 2006-04-28 Fri 15:14

スパムTBの元記事の管理者がスパムの当人とは限りません。
BlogPeopleが登録者に提供しているぶろっぐぴんぴんというツールを使うと他人のブログから発信された記録が残るトラックバック/更新pingが送れます。

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/9-dc3329cf
Listed below are links to weblogs that reference
スパムトラックバック晒しで気をつけたいこと from ekken

Home > Web > スパムトラックバック晒しで気をつけたいこと

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。