スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/863-357cd3a7
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > 寄せられたトラックバックがゴミと思う感覚って、もうとっくに終わったものだと思っていた

寄せられたトラックバックがゴミと思う感覚って、もうとっくに終わったものだと思っていた

finalventさんの極東ブログ: もうコメント欄を承認制にしますよ。みなさんもそうしたほうがいいですよ。 に記された「ブログ・クソッタレ撲滅ルール」をきっかけに、久しぶりにトラックバック論が盛り上がったようですが。

ブログ・クソッタレ撲滅ルール

  1. トラックバックは承認制にしなさい、ほとんどはゴミだから。
  2. コメント欄は承認制にしなさい、イヤなこと言われっぱなしにしないでいてください。
  3. ブログから離れたところに自分を受け入れてくれるコミュニティを持ちなさい。
  4. できたらはてなブックマークのコメントや掲示板からのアクセスを気にするのはやめなさい。

この「ブログ・クソッタレ撲滅ルール」の中でも1番の「トラックバックのほとんどはゴミ」という部分に注目した人が多かったようで、二年前の「トラックバック4つの文化圏」以来のトラックバック論が展開されました。

finalventさんの「トラックバックの多くはゴミ」という発言に同意している人が多かった印象があるのだけど、個人的にはこの考えには物凄く違和感がありました。

というのも、「トラックバック4つの文化圏」論争以来、僕はスパムトラックバックというものをほとんど受け取っていないし、巡回先でもあまり見たことが無かったのです。

「トラックバック4つの文化圏」というのを簡単に説明すると……

トラックバックは、

  1. トラックバックには言及リンク必須、という言及リンク文化圏
  2. 記事の内容に関連があればいいよ、という関連仲間文化圏
  3. 挨拶みたいなものだからお気軽にどうぞ、というごあいさつ文化圏
  4. 相手のことなんか知っちゃこったねー、トラックバックはアクセスアップの常套手段、というスパム文化圏
という4つの考えかたに分類されるというもので、中でも言及リンク文化圏と関連仲間文化圏の対立が激しい…… というハナシだったと適当に書いておきます。詳細は松永英明さんが書いた元記事とその関連記事(そこに寄せられているトラックバック)をお読みください。

僕は言及リンク文化圏の住人なのですが、当時利用していたgooブログには「リンクのないトラックバックを受け付けない」機能が備わってなく、また関連仲間文化圏のブロガーから「リンクのないトラックバックがイヤなら自衛すれば?」というコメントをいただいたので、それに従ってFC2ブログにやってきました。

この論争が面白かったのは、言及リンク文化圏住民と関連仲間文化圏住民の喧々囂々な議論が交わされ、リンクの無いトラックバックの受付拒否という自衛手段を採ることで住み分け可能だ、という結論に落ち着いたにもかかわらず、その後あれだけ存在していた関連仲間文化圏の住民は絶滅危惧種になった印象がある、ということ。

絶滅寸前の関連仲間文化圏は、ブログサービス等が用意しているトラックバックセンターと、お互いがそういうトラックバックを送りあうことが認められている仲良しコミュニティ内でみかける程度……

……だと思っていたので、「トラックバックはゴミばかり」というfinalventさんやそれに同意している人の存在がちょっと信じられなかった。

「リンクの無いトラックバックは受け付けない」設定にしていても、ごく稀に無理やりリンクを埋め込んだスパムツールを利用して送られてくるゴミトラバがあるけれど、削除するのが鬱陶しいと思うほどの数(数ヶ月に1~2個)が送られてきた事は無い。

なので、もしリンク無しトラバの受付拒否をしているにもかかわらず「スパムトラックバックうぜぇ」と思う人は、利用しているブログサービスのの見直しをしてはどうだろうか。このブログは「リンクのないトラックバックは受け付けない」「本文の○%以上が英数字のものをスパムと判定」「FC2内のアダルトブログからのトラックバックを 受け付けない」設定にし、いくつかのスパム送信元に良く使われる単語をNGワードに指定しているだけで、スパムの削除の手間から解放されますよ。

あと、「言及リンクはあるんだけど、寄せられるトラックバック記事の内容がつまらないものばかりでコマッタコマッタ」という人は寄せられたトラックバックをレーティングする方法を採ると良いと思います。

トラックバックされた記事のはてなブックマーク数を表示することで、関心度が示されます。このブログに寄せられているトラックバックに、はてなブックマーク数が表示されていない場合、はてブユーザーの関心度が低い記事と言うことになるのですが、もし「俺が送ったトラックバックにはえっけんのはてブすらついてねぇ!!」と思った人は、ポジティブシンキングで「あ、えっけんはオレのトラックバックには気付いていないのね」と思うようにしてください。お願いします。


関連
blog comments powered by Disqus

Comments: 2

#3760 itochan URL 2008-07-22 Tue 02:57

本筋から離れるのですが、
> 「FC2内のアダルトブログからのトラックバックを 受け付けない」設定
は、FC2Blogに装備された設定項目でしょうか。
もしも(FC2内部からでなく)外部から「アダルトFC2Blog」と「非アダルトFC2Blog」を見分ける手段をご存知でしたら、お教え願えるとありがたいのですが。

#3761 ekken URL 2008-07-22 Tue 23:13

FC2ブログは、他サービスユーザー(自前ユーザー含む)から見たら、スパムの多いブログサービスだと思うでしょうが、FC2内で利用している分には、わりとスパム対策がしっかりしているところなのです。
ブログの登録カテゴリをアダルトに設定せずに、エロブログを続けていると削除措置を食らうし、一度アダルトカテゴリに登録すると、カテゴリの変更が効かなくなります。
で、アダルト登録ユーザーのあしあとを表示しないとか、アダルトカテゴリブログからのトラックバックを拒否するシステムがあるのですが、あいにくこの機能は他サービスユーザーには働きません。

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/863-357cd3a7
Listed below are links to weblogs that reference
寄せられたトラックバックがゴミと思う感覚って、もうとっくに終わったものだと思っていた from ekken

Home > Web > 寄せられたトラックバックがゴミと思う感覚って、もうとっくに終わったものだと思っていた

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。