スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/857-46c0696c
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken
Trackback from ポスト・ヒューマンの魔術師 2008-06-06 Fri 17:15

「ネガコメ」を批判する=「ネガコメ」というパラドクスの前に、「ネガコメ」拒絶者は何ができるのか? 

「ネガコメ」を批判することそれ自体が「ネガコメ」になっているという意味論的パラドクス。そこに付け入る隙が生まれます。 (more…)

Home > スポンサー広告 > ネガコメを語る際は、自分にとってのネガコメを表明してから

ネガコメを語る際は、自分にとってのネガコメを表明してから

無断リンク問題・実名匿名論争と共に三大メタブログ題目としての地位を確立したっぽい「ネガコメ論」なんですけどね、ヒトサマのそれを読んでもどーもいまひとつピンとこない感じがありまして。

そもそも「ネガコメ」とは何なのか? と申しますと、僕はこれを「受けた側が不快感を覚えるコメント全般」と定義し、分類しました。2005年の12月(ネガティブコメントとか - 豆腐五丁でヘディングぢゃ! - モヒカン族、これに加筆したものがネガティブコメントのガイドライン )のことです。「ネガティブコメント」という言葉自体は、その当時から他所でも見かけることが多かった気がするのだけど、実際にウェブ検索をかけたところ引っかかった上位サイトは僕のものばかりだったので「俺用語の解説」として書いたものです。(「ネガコメ」という言葉の認知度が上がったのか、現在はいろいろなブログが検索結果に表示されます)

簡単におさらいすると、僕はネガコメを大きく5つに分類しています。

  1. 事実確認
  2. 異論・反論・批判
  3. 悪口・罵声
  4. 誹謗・中傷・侮辱
  5. コピペ

でもって、ここで冒頭の「ヒトサマのネガコメ論を読んでもピンとこない感じ」に戻るのですけど、「ネガコメ鬱陶しい!」と訴えるほとんどの人が「自分にとってのネガコメが何を指すのか」を語らないまま「ネガコメいくない!」と主張しているので、その記事に言及する他者との議論がかみ合っていないように見えるのですね。片方は「悪口・罵声」以下をネガコメと認識しているのに、もう片方は「異論・反論・批判」以下をネガコメ認識というケースが多いようです。

他人のネガコメに厳しい人の多くは「異論・反論・批判」以下をネガコメと捉える傾向があるように思えるのだけど、そういう人に限って自分が行う「異論・反論・批判」はネガコメという認識がなさそうなのが、議論のこじれる大きな要因になっている気がします。

この問題の原因としては、書いている本人は「異論・反論・批判」のつもりなのに、書かれた側が「悪口・罵声」と受け取ってしまう問題もあるのですけど、これは「異論・反論・批判」を書く側が「文章はなるべく簡潔に」「余計な修飾語は使わない」、読む側は「相手の意見から主旨を読み取る」ことで対処するのが良いのかなぁ、と思いますた。(あ、今ハナクソほじくっているので、あんまりこっち見んな)



関連
blog comments powered by Disqus

Comments: 0

Trackback+Pingback: 1

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/857-46c0696c
Listed below are links to weblogs that reference
ネガコメを語る際は、自分にとってのネガコメを表明してから from ekken
Trackback from ポスト・ヒューマンの魔術師 2008-06-06 Fri 17:15

「ネガコメ」を批判する=「ネガコメ」というパラドクスの前に、「ネガコメ」拒絶者は何ができるのか? 

「ネガコメ」を批判することそれ自体が「ネガコメ」になっているという意味論的パラドクス。そこに付け入る隙が生まれます。 (more…)

Home > Web > ネガコメを語る際は、自分にとってのネガコメを表明してから

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。