スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/821-b21b074b
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > 2008 1月から4月に読んだ本

2008 1月から4月に読んだ本

読んだ本の記録が昨年12月以来止まっているんだけど、実際に活字はほとんど読んでいなかった。

家族が図書館から借りてきた本をナナメ読みするとか、家の本棚にある何度も読み返しているコミック(ギャラリー・フェイクとかブラック・ジャックとか)をパラパラめくる程度。

はっぱみかん 風木 一人

はっぱみかん
佼成出版社
発売日:2007-12

娘が図書館から借りてきたもの。

葉っぱがついていることで「自分は特別なみかん」と妙な優越感を持っているみかんの物語。幼児向けの絵本だけど、これは小さい子から大人まで楽しめるいい話。

久々の絵本ヒット作。

★★★★★



ああ娘 西原理恵子+父さん母さんズ

ああ娘
毎日新聞社
発売日:2006-11-30

ヨメが図書館から借りてきた本。

娘に関するホノボノとしたエピソードと西原理恵子さんのエッセイマンガ集。

うーん。

★★



TVJ 五十嵐 貴久

TVJ
文藝春秋
発売日:2008-02-08

おもしろい!

400ページ超の長編ながら、スピーディーな展開で速読派ではない僕でもスラスラと数時間で読み終わった。

ただし、内容はブルース・ウィリス主演の傑作アクション映画ダイ・ハード そのまんま。悲しいくらいに全く同じ。主人公が女性に置き換えられているだけで、「これ、ダイ・ハードのノベライゼーション?」と思うくらい。

そのことは出版サイドでもわかっているのか、帯にはジョン・マクレーン(「ダイ・ハード」)? いえいえ。ジャック・バウアー(「24」)にも負けていません。と書かれている他、こんな文句が。

最弱OLが、たった一人で
最強テレビ局ジャック犯
に戦いを挑む!

おいおいおい!

読む前から帯でネタバラシかよッ!

購入するときは、まさか帯でネタバラシをするはずもなかろうと、相当期待していたんだが。ホントにそのまんまだったとはッ!?

「高層ビルという限られた空間に乗り込んできた迷惑服のテロリスト風の男達相手に、武器も防具も持たない主人公が知恵と勇気で困難を乗り越えていく」物語なんだけど、この大筋ばかりかハナシの展開まで映画「ダイ・ハード」と全く変わらないってどういうことだ?

真保 裕一のホワイトアウトを読んだときも「あぁ、これ‘ダイ・ハード’だなぁ」と思ったけど、ホワイトアウトがちゃんと真保 裕一の作品として成り立っていたのとは違い、「TVJ」にはオリジナリティを全く感じなかった。「TVJ」が面白いのは「ダイ・ハード」の物語のエンタテイメント性をそのまま文字にしているからであって、作者の才能によるものではない。

とはいえ読みやすくて文章が好みなので、そのうち他の作品も読んでみることにする。

★★★

blog comments powered by Disqus

Comments: 1

#3653 ekken URL 2008-04-24 Thu 23:03

ブクマコメントでたこぽんさんから誤字の指摘を嫌味っぽく受けたよッ!
×迷惑服
○迷彩服

何でこんなご入力をしたのか、自分でもわからん。
面白いのでそのままにしておきます。

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/821-b21b074b
Listed below are links to weblogs that reference
2008 1月から4月に読んだ本 from ekken

Home > Hobby > 2008 1月から4月に読んだ本

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。