スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/772-3bdc5c34
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > 「書いていないことを読み取る」問題

「書いていないことを読み取る」問題

「書いてないことを書いてあるかのように振舞うな」というのが分け入つても分け入つても本の山のYonda?さんの主張なのだと思ったのだけど。

超訳すると「著作権法には‘引用の権利’については触れられていない。‘引用の権利’など存在しない!」ということらしい。

(著作権法に)書かれていない権利を勝手に主張するな、というYonda?さんが、自分にとって都合の良い解釈で、著作権法に書いてもいないことを読み取っているのが面白いと思った。

著作権法は、著作者の権利を守るための法律で、
引用者の権利については触れられていない。
たしかに引用について書かれているが、
それはこのような引用ならば著作者の権利を侵さないで済むという規定に過ぎない。
引用してはならないと言っているのではない。
引用する権利などは存在しないと述べているのである。

Yonda?さんが読んだらしい著作権法-第三十二条には「引用の権利の有無」については何も触れられていないのに、引用する権利などは存在しないと述べているということになっている。

「書いてないことを書いてあるかのように振舞うな」と他人を批判する人が、自分はその例外にしているのが興味深い。

参考
blog comments powered by Disqus

Comments: 1

#3592 Pcha URL 2008-03-10 Mon 10:43

>自分はその例外にしているのが興味深い。
「権利はないけど俺は引用する」だったら、一応例外にはならない。
ご本人の弁はどうだか知らんけど。。

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/772-3bdc5c34
Listed below are links to weblogs that reference
「書いていないことを読み取る」問題 from ekken

Home > Web > 「書いていないことを読み取る」問題

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。