スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/769-e2fc78ae
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > 引用してもいいんよー! 山田君、座布団全部もって行きなさい!

引用してもいいんよー! 山田君、座布団全部もって行きなさい!

引用のされ方が気に入らないから不快感を表明する、というのは(共感はしないけど)わからないわけではない。

だけどYonda?さんの「引用」に対する考え方が面白すぎる。

書物からの引用はやってみればわかると思うが、けっこうな骨折りなのである。
時間がかかるわけだ。ネット上の引用のようにはいかない。
はい、コピーしてペースト、というわけにはいかないのである。

引用を満たす要件には「引用のための記述が簡単か否か」なんてことは全く関係ないわけで、書物から簡単に引用したければスキャナを使ったりデジカメで撮影したものをアップすれば良いのでは? 文字データにしたければOCRにかけるという手もあります。

さらに書籍の場合、対価を払っているということがある。 古本で買った本は著作者に金銭がいっていないと指摘されそうだが、 古書店に代金を払っているのもまた事実である。

この記述では「何らかの対価を払っていれば良い」という風にも読めてしまいます。引用を満たす要件に、引用の為の対価は無関係です。

引用の要件を満たせば、無断で行おうが、コストをかけずに行おうが良いはずなんだけど、引用元とのいらぬトラブルを抱えたくないのなら、引用文削除の依頼を受けた時点でさっさと削除したら良いんじゃないの? というハナシかと。

blog comments powered by Disqus

Comments: 0

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/769-e2fc78ae
Listed below are links to weblogs that reference
引用してもいいんよー! 山田君、座布団全部もって行きなさい! from ekken

Home > Web > 引用してもいいんよー! 山田君、座布団全部もって行きなさい!

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。