スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/767-9366e521
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > トラックバックによる通知は誰のため?

トラックバックによる通知は誰のため?

トラックバックは「相手へのリンク通知」じゃないんだよね。

リンクを貼る。

トラバは送らない。

向こうにコメントもしない。

ただ、複数回そのリンクを自分で踏んでおく。


「アクセス解析のリンク元に引っかかってりゃ読む気があれば読むだろ。

 向こうにそこまでの読む気が無ければ読んでもらわなくてもいい。

 ていうか読んでもらわない方が良い。」

言及相手に読んでもらうことが目的なのだとしたら、ymScottさんのリンククリックという方法で十分だ。アクセス解析がついていない(あるいはつけられない)ブログに対しては効果がないけれど、そういう運営者は「どういう言及がなされているか」に興味がないものだと思っている(もっともアクセス解析がないサービスを利用していても、被リンク検索をする方法はある)。伝えたい相手がリンク元をチェックしているか不安だったら、相手にメールしても良い。読者と何らかのコンタクトを取りたいと考えているブロガーなら、どこかに連絡先のアドレスを載せているはずだ。

そんなわけで「リンクや言及の通知を行いたい対象が、そのリンクの相手本人」であるのなら、トラックバックは不要かもしれない。

基本的には「トラックバックは言及通知」という考えなんだけど、じゃあその「言及通知」は誰に対するものなのか?

それは「言及が行われた記事を読むすべての読者」のため。

当事者のみに伝われば良いというのなら、多くの人の目に触れさせる必要はなく、リファラやメールで十分。

関連
blog comments powered by Disqus

Comments: 0

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/767-9366e521
Listed below are links to weblogs that reference
トラックバックによる通知は誰のため? from ekken

Home > Web > トラックバックによる通知は誰のため?

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。