スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/754-ea6f0ad6
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > 続・はてなブックマークはネガティブに満ち溢れているか

続・はてなブックマークはネガティブに満ち溢れているか

はてなブックマークはネガティブに満ち溢れているか に寄せられたはてなブックマークコメントから、yumizouさんのものが興味深かったので。

yumizou ネガ3割だとしたら,日常的なコミュニケーションと比較して圧倒的にネガティブ率が高いとは思う。観測範囲によるかな。人気記事は絶賛orブーイング両極端ってところはありそう。好みのブックマーカを探せばいい。

ネガ3割だとしたら,日常的なコミュニケーションと比較して圧倒的にネガティブ率が高いというyumizouさん。確かに日常会話において、30%の割合でネガコメが返ってきたら、かなり険悪なムードになりそう。

だけどはてなブックマークでのコメントと、日常的なコミュニケーションを同列に扱って比較するのは、ちょっと無理があると思う。はてなブックマークでネガコメされる対象は、ウェブという公の場で発表されたものだ。これをネットコミュニケーション以外のものに当てはめて比較対照物を選択するのなら、街頭演説とかテレビやラジオ放送を通しての発言に対する感想が相応しいのでは。

日常的なコミュニケーションはネット上のそれと比較して、相手の数が少なすぎる。ほとんどの場合は一人か二人、多くても四~五人くらいで、その程度の人数では誰かの意見についてネガコメが出される事は非常に少ないはず。もし、ある人物の主張に不満があっても、仲間内で諍いが起こる事を懸念して反対意見を出す事に消極的になるのではないかしら。仮に反対意見が出されたとしても、そしてその意見が正当性の高いものだったとしても、その仲間内では「空気読めよ」と思われる事が多くなると思う(だから遠慮してネガコメが出されない)。

だけど‘ある意見’を聞く側の人数が多くなれば、互いに相手の気を遣う必要が少なくなったり、自己主張の強い人が増えてくるはず。はてなブックマークのネガコメは、このような状態に近いのだと思う。

テレビなどで発表される意見に対するネガコメは、その発表者のもとにダイレクトに届く事は少ないけれど、はてなブックマーク(に限らないと思うけど)でのネガコメは、意見の発表者に聞こえやすいのが大きな違いだろうか。

はてなブックマークを嫌う人は、自分との関係が薄い場所でネガティブな言及をなされる事を望んでいないのかもしれないけれど、僕がはてなブックマークを面白いと思っているのは、ネガポジ問わず「あるブログの記事に対しての言及の可視化」が進んだ事なのだ。





余談だけど、前回書いた‘はてなブックマークコメントにおける「ネガティブコメント:そうでないコメント」の割合’について補足。

ここで言う「ネガティブコメント」というのは「被言及サイドにとって不快感を覚えるコメント」のことで、その内容は受け取った人のネガティブ耐性によって異なる。僕自身は「明らかに罵倒や嘲笑のニュアンスを感じるコメント」をネガティブコメントとしているけれど、3:7の割合の中にはブクマ先の意見に対する正当性のある批判的コメントも含めている(前回書いた通り、特に統計を取っているわけではないので、3:7はあくまで僕の印象として)。僕が考えるネガティブコメントに限った話だと、多めに見積もっても2:8以下の割合になると思っている。

ついでに書くと、何のコメントも無いブクマに対しても過剰な圧力を感じ、「はてブで晒された、おがーぢゃーん!!」等と言い出す人もいると思う。そういう人にとってははてなブックマークでブクマされる事そのものが「ネガティブブクマ」なんだけど、そのリンクの理由が書かれていないものについては、勝手に「賞賛の意味でブクマされた」と考えたほうが健康的。

相手のリンクに「存在するかどうかもわからない悪意」をわざわざ見出す必要はないと思う。

関連
blog comments powered by Disqus

Comments: 4

#3555 ピーちゃ♪ URL 2008-01-29 Tue 09:54

>街頭演説とかテレビやラジオ放送を通しての発言に対する感想が相応しいのでは。
そうは思わない。距離感がまるで違う。

>ほとんどの場合は一人か二人、多くても四~五人くらいで、
その2~5人で、共通の知り合いの悪口を垂れているイメージが、はてブでネガコメ言ってる人たちに近い。

#3557 #3556 URL 2008-01-31 Thu 10:44

ネガコメと反論・批判を分けることは必要だと思いますが、字数の制約された環境下ではどうしても罵倒や人格攻撃、印象操作が多くなると感じてます。

ブコメはやめて星の色で賛否を表わしたりする簡略化をしたほうが悪意が出なくて良いのでは?

#3558 ekken URL 2008-02-01 Fri 23:59

距離感がどう違うのかが分かりません。
はてなブックマークでのコメントが「近い」のか「遠い」のか。
また、はてブでのコメントにおいて、「共通の知り合い」の悪口を垂れているという状況を僕は見たことがないので、「そのイメージが近い」と言われても、理解できません。

#3559 ekken URL 2008-02-02 Sat 00:03

文字の制約が原因で、罵倒でないものが罵倒に見えたりすることはあるのかもしれませんが、だからといってコメントをやめて簡略化をすることには賛成できないなぁ。
星の色や数を使うとレーティングがはっきりしやすいので、コメントが載っていなくても結局ネガティブなイメージを受け取る人は存在するだろうし。
まー、他人の評価を気にしすぎな人が多いのだと思います。

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/754-ea6f0ad6
Listed below are links to weblogs that reference
続・はてなブックマークはネガティブに満ち溢れているか from ekken

Home > Web > 続・はてなブックマークはネガティブに満ち溢れているか

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。