スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/75-e96f6102
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > 「詳しくは Web で!」って、差別かなぁ?

「詳しくは Web で!」って、差別かなぁ?

  • 2006-03-20 Mon
  • Web
  • No Tag

僕はテレビ番組はあまり観ないから、実際にどういった企業のCMが「くわしくは Web で!」なんてやっているのか知らないけれど、確かにそう言われてもわざわざネットで詳しく見るなんて事はしないと思うなぁ。あくまで個人的には、ですが。

でもきっとこれ、それなりに効果があるんだと思いますよ。特にプレミアム品が当たる懸賞付きCMなんかだと、効果絶大じゃないかしら。

『斬(ざん)』:「詳しくは Web で!」という差別

実際、URL を表記したところで、それを一々録画して読み取るなどの行為はあまりしないだろう。むしろ、ラジオなどでよく聞かれる『「○○」と検索していただければ、直ぐに見つけられます。』と言うほうが効果的でいい。ただ、TV CM でそれをやるのは、いただけない雰囲気がどうもありそう。しかも、そーゆー宣伝ってのは、ほとんど専用の Web サイトを構えていたりする。しかし、新規モノなので、必ずしも検索上位に来るとは限らない。だから、「詳しくは Web で!」としか言えないんだろうなとも思った。

んーと、そういうテレビコマーシャル展開をするくらいの企業には、あまり関係ないことだと思うんですよ。ある程度PC慣れしている人には目のカタキにされがちだけど、「詳しくは Web で!」とCMで言われて、それを実行するような人のPCには、恐らく本人の意思とは無関係にJwordがインストールされているんじゃないかなぁ?

的確な検索語が見出せなくとも、アドレスバーにその企業名を入力したら一発で公式WEBサイトにジャンプできるはずだから、そのトップページに分かりやすいナビゲーションを入れておけば特に問題ナシでしょう。

反対にJwordを嫌って、インストールを徹底的に拒否しているような人は、Google等の検索サービスから該当サイトを容易に見つけられるスキルは持っていると考えられるでしょう。

もちろんネット環境をもっていない人には排他的なものではありますが、こういうインフォメーションが増えればネット環境の普及に繋がるし、テレビコマーシャルだけでは伝える事の難しい詳細な情報を得る事が出来るのは、消費者にとって魅力あることだと思いますよ。

企業が宣伝媒体としてネットを使うのは、場合によっては、消費者を自社批判ページへも導く可能性もあるわけで、それなりにリスクを負うものだと思います。ネットでの商品情報が仕入れやすくなるほど、見知らぬ人のクチコミ情報が溢れやすくなりワケですから、僕はこの「詳しくは Web で!」を歓迎したいと思います。

出来る事ならば、ネットでしか表現できない付加価値があると、もっと良いですね。


あとこれは余談ですが、ネットでの懸賞がなかなか当たらないとお嘆きの方、アルコール飲料が当たるネット懸賞は、比較的当たりやすい感じですよ。

我が家ではこの数年の間に、10回くらいは当たっています。

どういうサイトで応募しているのかは、ウチのヨメが把握しているので知りませんが、新しいリキュールとか発泡酒のモニター懸賞が効率良いみたい。

まだ市販されていない新製品のビールも飲めたりします!

【グルメ還元0314】■こく・キレ! アサヒ本生500ml缶24本入■
こういうセット品なんかが当たる事も、決して珍しい事じゃありませんよ。



blog comments powered by Disqus

Comments: 0

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/75-e96f6102
Listed below are links to weblogs that reference
「詳しくは Web で!」って、差別かなぁ? from ekken

Home > Web > 「詳しくは Web で!」って、差別かなぁ?

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。