スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/748-87f4753a
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > トラックバックをしない言及が「こそこそ」だなんて誰が言ったんだ?

トラックバックをしない言及が「こそこそ」だなんて誰が言ったんだ?

記事の題名には激しく同意なんだけど、中身を読むとどうにも納得できないのは、東スポメソッドだからなんだろうか。

あ、はてなブックマークでのコメントを「こそこそ」と表現することの続きというか、関連する話題です。

そして、そのようなこと(引用者・注:言及してもトラックバックをしないこと)は、言及なり紹介する側が決めればよいことで、「こそこそ」とか卑怯とかいう話になるのは問題だ。

記事の書き始めの部分、トラックバックの機能についての主張言及・紹介する以上はその先のリンクを貼る必要があるが、紹介程度なら相手先にこちらのリンクがある必要はあるまい は、僕と全く同じ考え。リンク列記型で、一行コメント程度の個人ニュースサイトからトラックバックは鬱陶しいとすら思う。ブログ主としても、読者の立場としても。

「言及されたことを知りたければ、アクティブにエゴサーチ!」と思っている僕は、ネガティブ言及にトラックバックが伴っていなくとも、それが陰湿だとか卑怯だとは考えない。リファラだけ飛ばしてくれると嬉しいよ! と思うくらい。

ところがこの記事、後半になると全く理解できない話になってしまう。

尤も、はてブは別問題だ。

はてなユーザー間では比較的容易に捉えられても、はてなユーザーでなければなかなか捉えにくい。

ブログから通知の必要なし、がそのままはてブからも通知の必要なし、に当てはまる訳ではない。

前段では「‘リンク→トラックバックによる通知’が必ずしも必要なわけではない」としながらも、どういうわけかはてなブックマークではそれが当てはまらない、という結論に至っている。

その理由として(はてなブックマークのコメントは)はてなユーザー間では比較的容易に捉えられても、はてなユーザーでなければなかなか捉えにくい 事を挙げているのだけど、ハテ?

「トラックバックをするかしないかは、言及やリンクをした側が決めれば良い」という主張だったのに、なぜはてなブックマークの話だと例外になってしまうのか。

多くのはてなブックマークユーザーに‘捉えられる’ことって、そんなに問題視することかな?

そのブックマーク数が少ないうちは、寄せられる意見に偏りがある場合が多いと思うけど、より多くのはてなブックマークユーザーの目に留まることによって、元記事に対する意見には公平性が生まれることが多いと思う。ブクマコメントで筋の通っていない、単にネチネチしただけのコメントを書き続けている人が存在するとしたら、その人に対する他のブックマークユーザーの評価は著しく低くなるはず。

ピーちゃ♪さんの意見を改変して考えます。

「個人のブログで書いたことは、リンクされた本人には比較的容易に捉えられても、本人でなければなかなか捉えにくい」

ブックマークコメントにおいて他人の反感を買いやすいコメントを書けば、そのことが多くのユーザーに認知されるけれど、個人のブログにそれを書いてもリンクされた本人以外に捉えられることは少なく、その人がはてなブックマークなどで反論をしない限りは、利害関係のない第三者のジャッジが働きにくいのですね。

はてなブックマークにおいてそのリンク先記事が広まるのは「はてなブックマークユーザー限定」ではあるけれど、より多くの人の目に触れるのは確かなことで、閲覧数の少ない個人ブログでの愚痴よりも公平な場だと思うのだけど、いかがなものでしょう?

関連

ところで引用したピーちゃ♪の記事にはなんか通知しない→トラバしないのが「こそこそ」だ何だと言われてるけど。。 という記述があるのだけど、‘トラックバック’に関する言葉をいろいろブログ検索にかけてその結果をRSSリーダーで読んでいる僕には「トラバしていないから‘こそこそ’だ」という意見を見たことがありません。

このことをピーちゃ♪さんに投げかけたところ、トラックバックを送っていないから「こそこそ」は手前で言ってたことなんだが。。という回答(句点の重複は原文のママ)をいただいた。どうやら「トラックバックをしないのはこそこそ発言だ」というのは、ピーちゃ♪さんの中では僕の言った事となっているらしい。四年近く前にブログを日常的に更新するようになったばかりのころにそういう考えが強かったことは否定しないし、そのころに書いた記事の中には「言及したらトラックバックすべき」というものがあったかもしれないが、こういう考えは(具体的にいつのことからかは忘れたが)、かなり前に捨てている。少なくともFC2ブログに移ってから(2006年2月)は、「言及しても必ずしもトラックバックを送るとは限らない」という考えを何度か書いているのだけど(はてなブックマークでもトラックバックできるよ!ネガティブ言及の際にトラックバックを送っていないから陰口だとか卑怯だとか、その辺のハナシ他)、もし四年近く前の僕の考えを引っ張り出して「トラバしないのはこそこそしている、とekken自身が言っていた」と言っているのなら、これまた随分と熱心な読者なんだなぁ、と思った次第。ありがたい話なんだけど、どうせなら僕のアサマシリンクから買い物をすることで熱心さをアピールしてもらえると、さらにありがたいのでヨロシクッ!

blog comments powered by Disqus

Comments: 9

#3539 ピーちゃ♪ URL 2008-01-23 Wed 11:00

>こういう考えは(具体的にいつのことからかは忘れたが)、かなり前に捨てている。
でしたら、ダブスタ発言は取り下げます。

amazon検索ボックスがあれば、こっちで自由にモノが買えるんやけどね。
品物のリンクならエッ○なコミックや車の本希望。
っても、こちらはあまり見てないから買わねーだろーなぁ、、
越権がうちで買ってくれる訳でもないし、、

#3540 yoko* URL 2008-01-23 Wed 20:48

私もそう思います。ヒソヒソ陰で言うぐらいなら直接言いに来いよって思います。

#3541 ekken URL 2008-01-23 Wed 21:40

よくわからないのですが、そのコメントではこの記事の主旨を理解されていないような気がします。

#3546 ピーちゃ♪ URL 2008-01-25 Fri 09:58

ここでは「お前が(過去に)言った」だけを挙げてるけど、私は人様の記事も例に挙げている。
通知のないことを問題視して意見している人、問題に思ってる人は少なくないから、きちんと探せばいくらでも当たるはず。

#3547 ekken URL 2008-01-25 Fri 11:37

すみません、この記事を書いた時点ではピーちゃ♪さんが挙げているらしい「人様の記事」を見ていないのですが、差し支えなければその事を書いた記事(またはコメント)を示していただけると幸いです。
もちろん新たに挙げていただいても構いません。
実は前回のコメント時は、僕が数年前に書いた事を元に「トラバしないのは卑怯だ、と書いている人がいる」以外に読み取れなかったし、ピーちゃ♪さんのブログの記事にも具体例が示されていた覚えがないので。
もし儀礼的無関心の立場をとるために具体的な所在は示せない、ということであれば、
「こういう話題に関連して持ち出されていた」とかでも構いません。
この記事本文中でも触れている通り、僕はかなり長い間、トラックバックに関するブログ検索(表記揺れ等も含む)をRSSリーダーに登録して読んでいるのだけど、「言及先にトラバしないのは卑怯」というような事を書いている人は見つけられなかったなぁ。

#3548 ピーちゃ♪ URL 2008-01-25 Fri 15:46

>差し支えなければその事を書いた記事(またはコメント)を示していただけると幸いです。
http://d.hatena.ne.jp/Pcha00/20080120/p2#c1200888050
の2段落目

#3549 ekken URL 2008-01-25 Fri 19:33

URIご提示、有難うございます。
noahさんのその記事は「トラバしないのは良くない」と言う主張なのではなく、「通知しないのが良くない」という物と認識しています。

#3551 ピーちゃ♪ URL 2008-01-26 Sat 09:39

その記事をはじめ、この手の意見の多くの場合、通知=トラバと見るのが現実的だと思いますが。。
はてな内だけならまだしも、はてな外向けにどんな通知を想定しているのだろうか?


その辺も踏まえて「通知しない→トラバしない」と表現しているのですが。。

#3552 ekken URL 2008-01-27 Sun 17:44

「通知」はトラックバックのみによるものではありません、ということは何度も書いてあるので、改めて説明するのはやめておきます。
その認識ははてな内外には全く無関係です。

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/748-87f4753a
Listed below are links to weblogs that reference
トラックバックをしない言及が「こそこそ」だなんて誰が言ったんだ? from ekken

Home > Web > トラックバックをしない言及が「こそこそ」だなんて誰が言ったんだ?

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。