スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/743-6a61b0ff
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken
Trackback from clofla 2008-01-16 Wed 00:29

はてブの人ははてブにアピールしていたわけか…。 

そう考えると結構納得がいったりしますね。 tumblerの話題もそんな感じなのか? (tumbler自体をよく知らないのでかなり適当です。) (more…)

Trackback from ekken 2008-01-22 Tue 23:23

トラックバックをしない言及が「こそこそ」だなんて誰が言ったんだ? 

記事に題名には激しく同意なんだけど、中身を読むとどうにも納得できないのは、東スポメソッドだからなんだろうか。 あ、はてなブックマーク... (more…)

Home > スポンサー広告 > はてなブックマークでのコメントを「こそこそ」と表現すること

はてなブックマークでのコメントを「こそこそ」と表現すること

ていうか、はてブで”こそこそ”と「これはひどい」 つけてるekkenさんがそこまでいうのはどうかとおもう。

ここに至る経緯については、これから書く事とはあんまり関係ないので説明しませんが。

はてなブックマークの使い方として、ウェブ拍手代用(僕の場合★タグ)とブーイング装置(同じくこれはひどいタグ)というのがあって、僕はこれを「こそこそ」とつけているという認識は全くないわけです。ブーイングを「こそこそ」とやるのであれば、閲覧者を限定した日記システム(はてなダイアリーのプライベートモードとか、mixiなどのSNS)で行わないと意味が無い、と考えているので(ついでに言うと、そうした「こそこそブーイング」を他人と共有したいとは思わない)。ログが流れやすくて、リファラを追っても「どこに書いてあったのかわかりにくい」ツール、例えば2ちゃんねるとかチャットサービスからの言及だと「こそこそ感」があるような気がするけれど、パーマリンクをもって、かつ容易に特定のURIと結びつける事が可能なシステム(ここでははてなブックマーク)での言及を「こそこそ」とやっている感覚を持っている人は、かなり危機管理意識が低い人だと思っている(という事を以前書いている→はてなブックマークのネガコメは陰口になりえない)。

なお、この考えに対しての反論として「全てのブログユーザーがはてなブックマークというツールの存在を知っているわけではないし、必ずしもリファラを把握しているわけでもない」という意見が考えられるのだけど、これについても言及済み。

noahさんの上記引用元記事に対してのブックマークとして「でた! こそこそ論」とコメントし、その反応としてnoahさんが書いたのが次の記事。部分転載なので、詳細は転載元を確認して下さい。

はてなで書いてない身からすれば、はてなから勝手にリンク張られていろいろかかれて、結構こわいんよね。 何が怖いかって、 自分からみれば、トラックバック送ってくるわけでもないからリファラで探すとか、 地道に cfes.jp の新着ブックマーク http://b.hatena.ne.jp/bookmarklist?url=http%3A%2F%2Fcfes.jp%2F をみてるとかでしか、それを発見できないわけ…

noahさんの言いたいことは理解できるけど、全く共感できない。結局は無断リンク禁止やトラックバック半強制のハナシに行き着いてしまう感じです。

noahさんは勝手にリンク張られていろいろかかれてトラックバック送ってくるわけでもない言及を嫌がっているようだけど、そうした主張を行うnoahさんの記事は、そこで名前を出している僕に対して何の通知も行っていないですよね。「はてなブックマークにはトラックバック受信機能が無いから、通知したくても出来ない」という反論も考えられるけど、「こそこそ」を避けるために通知をするのがスジと考えるのであれば、相手に知らせる方法は他にいくらでもあるわけで(言及通知を行ってこない相手に対しては、反論の際に通知しないというスタンスもアリだと思うけどね)。

言及するならトラックバックを送って欲しい、と望む事は良いのだけど、トラックバックを送っていないから「こそこそ」「陰口」という評価はちと違うのではないかと。悪意の有無に係らず、言及=トラックバック送信とは限らないわけだから、自分が外部でどのような言及・評価をなされているのが知りたければ、アクティブにエゴサーチをすれば済む話。

はてなブックマークに関して言えば、ある程度(通常3~5人)のユーザーがブックマークを行えば、注目エントリーとしてクローズアップされ、ブクマされたほう記事内容はもちろんの事、そのブクマにあたって書かれたコメントも多くの人に読まれるわけです。固定読者の少ないブログのコメント欄で行われるやりとりよりも、より多くの人に読まれる機会があるはてなブックマークでのコメントのほうが、公平性があると思います。

もう、メタブックマークとかわかるわけないし。

この意見については同意です。ブックマーカー同志のコミュニケーション手段としてのメタブックマーク(ブックマークページへのブックマークを行う事)が否定するわけではないのだけど、最初のブクマ先の内容に関してのコミュニケーションが続く場合、「当事者の知りにくい場所」となってしまう(メタブクマからは、最初のブクマ先へのリファラがないので)ことから、それを嫌悪する気持ちは十分理解の範囲です。

ということで、noahさんのブログエントリに対して僕がつけたブクマコメントでた! 「はてブでこそこそ」論。oyajiクォリティ!! は、名前を出された当事者・OYAJIさんがわかりにくい場所での発言なので、あまりよろしくなかったなと反省。

関連
blog comments powered by Disqus

Comments: 0

Trackback+Pingback: 2

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/743-6a61b0ff
Listed below are links to weblogs that reference
はてなブックマークでのコメントを「こそこそ」と表現すること from ekken
Trackback from clofla 2008-01-16 Wed 00:29

はてブの人ははてブにアピールしていたわけか…。 

そう考えると結構納得がいったりしますね。 tumblerの話題もそんな感じなのか? (tumbler自体をよく知らないのでかなり適当です。) (more…)

Trackback from ekken 2008-01-22 Tue 23:23

トラックバックをしない言及が「こそこそ」だなんて誰が言ったんだ? 

記事に題名には激しく同意なんだけど、中身を読むとどうにも納得できないのは、東スポメソッドだからなんだろうか。 あ、はてなブックマーク... (more…)

Home > Web > はてなブックマークでのコメントを「こそこそ」と表現すること

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。