スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/724-f66c787f
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > スパムと思しきトラックバックが飛来してきた際の、正しくない対応について

スパムと思しきトラックバックが飛来してきた際の、正しくない対応について

ちょっと長いので、先にこの記事の概要から書いておきます。

オマケ編として、OYAJIさんの奇妙なスパマー判定理由も書いておきました。

トラックバックは言及通知のために存在すべし! という言及リンク文化圏住民の僕としては、検索トラックバック(検索サービスや自動トラックバック発信ツールなどを利用して、「特定のキーワードが共通する」という理由で送られるトラックバック)はスパムである、と考えているわけですが。

こうしたトラックバックをいちいち削除するのは面倒なので、ブログの環境設定で「リンクのないトラックバックは受け付けない」にチェックを入れているのだけど、最近のスパムツールの中には、わざわざ見えないリンク(CSSで消していたりする)を文中に入れたり、あるいはトラックバックを送信後に、人力でリンクを消したりするコマッタチャン(またの名を自己中アクセス乞食)もいるわけです。だからといってトラックバック送信先のリンクが残っていれば良いというワケでもなく、記事同士の関連性が感じられないトラックバックは、やっぱりスパムに等しい、と思うのですが。

まぁ日頃から「言及のないトラックバックはうぜぇ!」「スパマーは豆腐五丁でヘディングぢゃ!」としつこいくらいに言っているのが幸いしているのか、スパム認定するようなトラックバックはほとんど受信していないのだけど、副作用として「ekkenにトラックバックしたら、何かとうるさそうだ」と思われているのか、まともなトラックバックもほとんどやってきません! こっちはトラックフィードでちゃんとわかっているんだから! (tinycafe風味)

ここからが本題。

スパムと認識するトラックバックがやってきたときに、その対応をどうするのが良いか、という問題。

利用しているブログサービスの機能にもよるのだろうけど、ブログユーザー各々のトラックバックスタンスが異なるので、黙って削除・しつこいヤツは拒否設定が、僕の考えるベストな対策。もちろんリンクのないトラックバック拒否設定が前提で。

リンクのないトラックバックは受け付けたいけど、全く無関係な話題のトラックバックはスパムなのでけしからん! このやろFC2ブログナントカしろ! という要望にブログサービスが対応策をとるのは、非常に困難だろうと思うのです。自分自身が「相手にリンクしていなくても、話題の関連性があるのならトラックバックしたい!」と言う人は、自分が受信するトラックバックにも寛容になるのがスジでしょう。ユーザーが許容する「関連性」の度合いを、ブログサービスサイドの方で判定するのは困難です。

リンクはあるけど関連性の見出せないトラックバックについては、(それが機械的なものでないのなら)トラックバックスタンスを知ってもらうために、言及記事を書くのは悪くないのだけど、ブログの機能に備わっているのなら拒否リストにぶち込むのが良いかも。但しホストの拒否設定では、多くの場合そのブログサービス全体を拒否っちゃう事になるので、ブログ名とかURIの指定するなどの対策が必要です。

相手と多少揉め事になる事を覚悟するのなら、スパムと認定するトラックバックへの不快感を申し出ても良いと思うのだけど、安易にこれをやってはいけないパターンもあります。

それが「リンクのない、しかも関連性が無い・あるいは極めて少ない記事からのトラックバック」です。

リンクが無くて関連性を感じられないトラックバックは、ほぼ確実にスパムトラックバックじゃないの? 相手のブログに文句を言いに言ったり、糾弾記事を書いてとっちめてやっても良いだろ! と安易に考えるのは良くないのですね。

もちろんそれを受信した側にとっては、それはスパムトラックバックに間違いないのだけど、相手の記事にトラックバックをたくさん送信した事を示す記述が無いのなら、そのトラックバックが相手本人が送信したものとは限らないからです。

トラックバックは送信元のブロガーが行うものだ、という固定観念があるかもしれないけれど、実のところ送信先にトラックバックPing URIさえ存在していれば、全く赤の他人でも送信可能なのです。

つまり何らかの意図……誰かをスパマーに仕立てるためになされた嫌がらせなどによって、第三者が不特定多数の他者に向けてスパム行為を働くことも可能ってワケ。

ということで、具体例を示すために、昨年その極めて個性的な論理展開で一躍人気者になった、Yahoo!ブログのOYAJIさんに再登場していただきます。OYAJIさんって誰? という方はこのブログの「OYAJI」の検索結果をどうぞ。

上記リンクのOYAJIさんの記事は、検索トラックバックに対する怒りを書いたものなんだけど、僕はこの記事にものすごく疑問を持ったわけですよ。

スパムトラックバックに不快感を持つのは理解できるのだけど、スパムと決め付ける根拠が良くわからないのです。自分にとって不快(リンクがない・言及がないなど)をスパムとするのは良いとして、果たして送られてきたこのトラックバック、本当に先方のブログ運営者本人が送ってきたものなのでしょうか?

OYAJIさんの記事中ではうちに来たトラックバックはこのブログの管理人からのものですか? と質問コメントを書いていたのですが、そのコメントを、さっき見たら削除してしまっていましたとあり、それをスパムトラックバックも自らが行なったという証左となりますねとしているけれど、トラックバックの送信した事実を確認するコメントを削除されたことが、「スパムトラックバック送信の証拠」となるとは、僕には考えられない。もちろんOYAJIさんの思惑通り「削除したのはスパムトラックバックを送信した事実を隠すため」かもしれないけれど、見に覚えないトラックバック送信の事実確認、しかも「おたくの会社は、こういうスパムトラックバックを常時行っているのでしょうか?」という、侮辱ともなりかねない発言は、それが事実であろうとなかろうと削除される可能性はあるだろう、と思うのですね。事実でないのなら「そんなことはしていません」と答えるほうがベターかもしれないけれど、身に覚えもないのに半ばスパマー扱いされたコメントが気持ち悪いと考える人もいるでしょう。

……という展開は、実はコジツケ。

OYAJIさんが糾弾している相手のブログの記事をいくつか読みましたが、記事のつくりがワードサラダ的で人間くささを感じさせないものが多い。しかしアフィリエイト目的にしては、アフィリエイトリンクが少なく、このブログの運営目的がいまひとつ理解できないのですね。実際のところ僕も、OYAJIさんが考えている通り、検索トラックバックを放ったものだとは思うのだけど、決め手となる証拠が出てこないのです。なので、必ずしも相手本人が送ったとは限らない場合、むやみに「お前はスパムトラックバック送っただろ! このやろこのやろ!」というのは控えたほうが良いのではないか、というわけ。

というのが、今回の記事のメインテーマだったのだけど、以下は記事の主旨とはあまり関係のないオマケ。



仮にOYAJIさんが受信したトラックバックが、本当に相手が送信したスパムトラックバックだったとしても、全く無関係な理由で、相手を悪徳業者扱いするのはいかがなものか。

HP があり、
相手の会社の住所も、電話番号も、
社長の名前 までもが判るし、
しかも「WEB関連部門」のページでは、ご丁寧に
http://www.non-co.com/seo.html
というページまであって、自らスパムについて言及までしているし、
もうひとつ、付け加えると
W3Cに準拠していない ばかりか、
CSSファイルすら存在しない し・・・(笑)

まったく新手の悪徳業者なのだろうか??

住所や電話番号まで載せている会社、しかもスパムについて言及している所が、スパム(?)トラックバックを送ってくるな、という主旨は理解の範囲なんだけど、この文面からでは「W3Cに準拠していない・CSSファイルが存在していないウェブサイトの企業が悪徳業者」と読み取れてしまうではないか。

仮に「W3Cに準拠していないウェブサイト」が、悪徳業者たる正当な根拠だったとしてですよ、じゃあOYAJIさんがそれを訴えている記事は、はたして正しいHTMLによって書かれているのだろうか? という疑問がわいてくるわけです。

ところがYahoo!ブログは、適切なマークアップがなされているウェブサイトとは思えない。

W3Cに準拠していないことで悪徳業者ではないのか、ということを訴えているのに、自分のウェブサイトのマークアップも怪しい。そもそも「悪徳業者ではないのか」という理由として「W3Cに準拠したウェブサイトではない」を挙げるのが理解不能。これを正当化できるのなら、「キモチ悪いアバターを利用する人が書いたブログはスパムブログ」という論理も正当化できてしまうではないか!

ついでに言わせてもらうと、OYAJIさんのトラックバックのスパム判定も、よくわからない。

OYAJIさんが糾弾しているトラックバックは、タレントの藤原紀香さんという人名の共通ワードがあります。僕はこの共通ワードによるトラックバックはスパム判定をするし、OYAJIさんもそうしているのだけど。

これは使っている語句が一致するという理由では、記事の関連性がないからスパムである、ということだと思うのだけど、ちょっとこれを見てもらいたい。

OYAJIさんがにほんブログ村に作成したトラックバックセンターなんだけど。

Yahoo!ブログ に関することなら、
どんなことでもOKですので
お気軽にトラックバックやコメントしてください。

このトラックバックセンターの主旨を頭に入れて、寄せられているトラックバックを読んでいくと、非常に面白いのですね。

このトラックバックセンターを管理するOYAJIさん自身が、トラックバックセンターのテーマに全く関係のないトラックバックを送信しまくっているではないですか!

トラックバックセンターの主旨はYahoo!ブログ に関すること のはずなんだけど、OYAJIさんが送っているトラックバックの送信元の記事は、Yahoo!ブログという場所で書かれているだけであって、その内容はYahoo!ブログとは全く関係ないのですね。

[これはひどい]

スパマーを糾弾するOYAJIさん自身が、管理権限を持っていることを武器にして公共スペースであるトラックバックセンターを私物化している、というハナシ。

ここで「OYAJIさんが作成したトラックバックセンターだもの、彼が好きなように使ってよいではないか」という人もいると思うけど、にほんブログ村においては「重複する内容のトラックバックセンターは好ましくない」としているのですね。

にほんブログ村全体や同一カテゴリー内における重複トラコミュの作成を好ましくないと考えておりますが、いけないこととは思っておりません。まったく同じトラコミュを作るという場合はできるだけ先にできているコミュに合流していただければと思っております。

以上、オマケ部分においてのオチは特にありません。

blog comments powered by Disqus

Comments: 2

#3491 出人 URL 2007-12-20 Thu 10:44

それで思い出しましたけれど、OYAJIさんが、某転載記事を非公開書庫に移したのだけれど、うちのブログからその記事へのリンクがあって、それを削除してくれと秘コメをよこしたことがありました(もう1年前の話ですね)。
 → http://smartass.blog10.fc2.com/blog-entry-1282.html

もっとしつこく言ってきたら反撃に使おうと秘めていたところ(笑)、幸か不幸かその後OYAJIさんから返信がなかったのでそのまま終わりましたが、当時すでにOYAJIさんが管理していた「にほんブログ村のYahoo!ブログのトラックバックコーナー(「トラコミュ」と呼ばれます)」では、うちに削除依頼が来た時点はもちろん、その後も新着に押し出されて消失するまでずっと、自分でトラバした(と思われる)該当某転載記事へのリンクが生きていました。

うちのブログのコメントには「リンクは自由」と言っていただけに、さすがというか、あんまりというか、ちょっとあれ。

#3494 えっけん URL 2007-12-21 Fri 21:41

それは惜しいことをした!

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/724-f66c787f
Listed below are links to weblogs that reference
スパムと思しきトラックバックが飛来してきた際の、正しくない対応について from ekken

Home > Web > スパムと思しきトラックバックが飛来してきた際の、正しくない対応について

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。