スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/710-232629f1
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > 鼻づまりを解消する手術をして1年経過

鼻づまりを解消する手術をして1年経過

鼻たけ・鼻づまり 解消・鼻づまり 手術・鼻詰まり 解消……

これらの検索でこのブログに迷い込んで来る人が多いようで、鼻たけ除去手術のレポは1年たった今でも多くのアクセスがあるのですが。

アレを書いた当初から「半年後と1年後にも経過報告を書いておこう」と決めていました。

関連

鼻づまりが解消されたことで、病院にいく回数が極端に減りました。

以前も書いた通り、手術前は非常に風邪をひきやすい体質で、一年に3~4回は医者にかかったりコンタックを飲んでいたりしていました。シラカバ花粉が舞う季節や、秋から冬にかけて空気が極端に乾燥すると喉がやられることが多かったのです。鼻がつまると鼻呼吸ではなく口呼吸になるのが原因だったと思います。

鼻詰まりのひどい時期+風邪による通院で病院代も馬鹿になりません。鼻づまりを薬で抑えようとすると、一月あたり6000~8000円くらいかかってしまうことがあるのです。

昨年の手術後は風邪をひくこともほとんど無く、夏ごろに頭痛がひどくなって内科にかかったのと、2ヶ月くらい前に鼻づまりが1週間くらい復活したので手術をした病院に行って薬をもらったくらい(1か月分の薬をもらったが、1週間飲み続けて治った)。後頭部に脂漏性湿疹(一生付き合っていくタイプのカユイカユイ病。ストレスや食生活の影響により猛烈に痒くなる。気がつかないだけで結構多くの人が患っているらしい)が酷くなって皮膚科に行ったをカウントしても3回病院に行っただけ。

手術にかかった費用と、この3回の通院での費用を合わせても、手術前の1年間にかかっていた費用よりも圧倒的に少ないし、なにより鼻づまりによるなんともいえない不快感が(ほぼ)解消されたのは、非常にありがたい。

「完全に解消」されたのではなく「ほぼ解消」されたというのは、僕が行った簡単な鼻たけの除去方法では、鼻たけを完全に取り除くのが難しいらしく、切除器具の届かない奥の方にある鼻たけや、小さい鼻たけが残っていて、こいつらが時々鼻腔を塞ぐことがあるから。起床時や酒を飲みすぎた翌日は、鼻づまりの不快感を覚えることが多いようです。

1年も経過してしまうと、鼻たけが復活し始めているのか、あるいは普通に鼻呼吸できることに慣れてしまったからなのか、鼻がつまっていないことによる爽快感を感じることは少なくなったのだけど、これは贅沢な悩みといえるでしょう。

さて、来シーズンのシラカバ花粉明けまで、この状態を保ち続けることができるのかどうか。

blog comments powered by Disqus

Comments: 0

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/710-232629f1
Listed below are links to weblogs that reference
鼻づまりを解消する手術をして1年経過 from ekken

Home > About > 鼻づまりを解消する手術をして1年経過

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。