スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/70-4167c05d
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > 元記事へのリンクさえ入れてあれば、転載に問題はないのか?

元記事へのリンクさえ入れてあれば、転載に問題はないのか?

ちょっと気になる記述がありました。

ほぼまるごと他所の転載で記事を成立させ、転載元へのリンクがないあるエントリに対して、非難が集まり、それを擁護するコメントが「元記事へのリンクさえあったら、たいした問題ではないでしょう」

ブログ上に何か文章を書いたら、場合によっては他人に利用される可能性がある……これは「発表する側」が留意しておく事かもしれないけれど、「利用する側」が持ち出す理屈ではないと思います。自分が「僕の書いた物は自由に利用していいですよ」という考えがあっても、他人が同じ考えとは限らないのです。引用の範囲内であれば、それを咎めるものでもないけれど、あたかも自分で書いた物のように偽って転載・改ざんするのは、多くの人が許容しがたい行為ではないかしら。

ではオリジナルのURIを明記・リンクして転載するのはどうか? ……誰が書いたのか、どこで書かれたのかが示されていれば、それほど目くじらを立てて怒る物でもない、という人もいるかもしれません。

しかし、それは自分がそうされた時に許容すれば良いだけの話であって、オリジナルを書いた他人が許容する物でも無いでしょう。

ブログを書き続ける理由は人それぞれでしょうが、多分に自己顕示欲の誇示があると思います。アクセスを気にし過ぎるのもどうかと思いますが、モチベーションを左右する大きな要因でもあります。いくらオリジナルへのリンクがあったところで、転載エントリを読むことで転載元を読む必要がない場合、オリジナルサイトへのアクセスはその記事内容の面白さほどには増えないでしょう。これではせっかく「面白い物」を書いた人のモチベーションを下げてしまうことになりかねません。

また、オリジナルサイト運営者がアフィリエイトの収入を見込んでいる場合、同じ内容でアフィリエイトリンクを入れた転載者は、全く頭を働かせないでアフィリエイト収益を得ているかもしれません。ドロボーとまでは言いませんが、それに近い物を感じます。

リンクすれば済む事なのに、「自分のブログを読む人に便利だから」という理由で他人の著作物を安易に転載するのは、たとえリンク元を明記していたとしても、転載元がそれを許容していない限りはやめていただきたいのです。

blog comments powered by Disqus

Comments: 4

#693 らぶ URL 2006-03-12 Sun 23:58

以前やっていたヤフーブログの転載機能でも、転載された記事の下のほうに元記事のリンクはあるけれど、
オリジナルの記事よりも、転載された記事のほうのブログにたくさんのコメントやTBがついて
元記事を書いた人がやる気をなくしたというコメントを頂いたことがあります。
せっかく苦労して撮った写真や文章を、コピペやクリックひとつで簡単に転載する行為は、
当事者にとっては許せる行為ではないとわたしは思います。

こういう時、パクッたとかいう人のほうが器が小さいと言う人がいましたが、
オリジナルを書いた人が宣伝してくれてありがとうと思えるような書き方をしたいですね。

#695 真琴 URL 2006-03-13 Mon 00:25

「今回のケースに限って言えば」ですが、私が指摘を行った記事内で「出自を明確にしてもらえれば」と書いているために、「リンクさえしておけば……」というコメントがなされたのかもしれません。多くの人は引用の範囲を超えてしまう「転載」を好ましく思わないだろうというのも重々承知していますが、私に限って言えばリンク ( というか出自の明示 ) があればあまり気にしません。
前の記事のコメントでも書きましたが、単なるコピペはなくオリジナルを超えるようなものを書いてもらえば、それは転載ではなく新たなオリジナルになりうるのでは、と思います。
( なんだか、この話ってトラックバック論にも結びつきそうだなあ )

#697 cody URL 2006-03-15 Wed 02:05

パクリ転載問題ですか・・・今うちでも直面している問題ですね。
元記事へのリンクさえ入れてあればギリギリ許してやれる範囲ですが、パクって行ったジジイは記事の証拠隠滅や抗議コメントの弾圧をするとんでもないジジイです。

#700 えっけん URL 2006-03-17 Fri 00:13

今回のケースに限って言えば、当事者の真琴さんが「出自を明確に」すれば良い、と言っているのだから、相手は閉鎖する必要は無かったと思うし、突撃厨はいらんことすんな、と思います。

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/70-4167c05d
Listed below are links to weblogs that reference
元記事へのリンクさえ入れてあれば、転載に問題はないのか? from ekken

Home > Web > 元記事へのリンクさえ入れてあれば、転載に問題はないのか?

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。