スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/695-62f212aa
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > カンニング竹山さんの「ネットは実名で」に関するメモ

カンニング竹山さんの「ネットは実名で」に関するメモ

  • 竹山さんの主張が実現するのであれば、芸能人のネットでの発言も実名で行われるべきだ(「芸名はネット上の固定ハンドルと変わらないので、芸能人は特例」というのは認められない)
  • しかし本名のみでは、個人を特定することは出来ないので、付随する個人情報(住所や電話番号など)も一緒に公開されなければ意味がない。「竹山隆範」だけではお笑いタレントの‘カンニング竹山’という証明にはならない。「カンニング竹山」という署名が「実名に等しい」と考えるのであれば、ネット上で長期間にわたり固定ハンドルを用いている者も「実名に等しい」とすべき。
  • 本名のみの公開では、同姓同名者の区別が困難。成りすましの温床となる。(よって住所等の公開が必要となる)
  • 本名のみの公開では、ありふれた名前の者は特定困難、珍名奇名の者だけが特定されやすくなる。(よって住所等の公開が必要となる)
  • 住所が公開されてしまうと、ネット上のストーカーが本物のストーカーとなってしまう。ハンドルを変えたりネットから離れるという逃げ道がなくなる。‘特定されない自分’への誹謗中傷は「気にしなければたいした問題ではない」が、誰にでも個人が特定されてしまうと、命に関わる問題が起こる可能性も。
  • 住所や電話番号の公開によって、私生活への被害が大きいのは、実は芸能人のほうではないのか。ネットの発言において実名を名乗る必要がない」事に大きな恩恵を受けるのは、有名人の方かもしれない。
blog comments powered by Disqus

Comments: 0

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/695-62f212aa
Listed below are links to weblogs that reference
カンニング竹山さんの「ネットは実名で」に関するメモ from ekken

Home > Web > カンニング竹山さんの「ネットは実名で」に関するメモ

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。