スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/688-79f2db12
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > 2007 10月に読んだ本

2007 10月に読んだ本

レンタル・チルドレン (山田 悠介)

大変読みやすい文章なんだけど、中身がひどい。

同人作家の自費出版かと思った。

ホラーSFだと思うのだけど、この手の荒唐無稽なハナシでもある程度のリアリティというものが必要なはず。しかし読み始めてまもなく、このハナシにはリアリティのかけらもないことに気付いてしまった。「子供貸し出し業」という商売ネタは面白いと思うのだけど、そのネタを生かしきれていない。中学生レベルの物語。[これはひどい]

よって★はナシ。

月の扉 (石持 浅海)

帯に書かれた「かつてこんなに美しいミステリーがあっただろうか」というコピーに惹かれて購入。

……騙された。

どこが「こんなに美しいミステリー」なのか、さっぱり分からん。

乳幼児を人質にハイジャックした3人と、居合わせた探偵役の乗客が密室殺人の謎を解く、というアイディアは面白いのだけど、このミステリに表題の「月の扉」を組み合わせるのはちょっと無理があったような。

ハイジャックの動機もあまりに非現実的。

『名探偵コナン』が好きなら。

★★

探偵ガリレオ (東野 圭吾)

先日仕事で道南の町に行ったのだけど、暇つぶしの道具を上の「月の扉」しか持って行かなかったものだから、現地で文庫本を調達することにした。

田舎町で書店を見つけるというのは、案外難しいことを知った。人口6000人にも満たないこの町には、駅前に行っても書店が見つからず、ようやく見つけた店の品揃えは、コンビニエンスストアの雑誌コーナーに毛の生えた程度のもの。

コミックスや雑誌はそこそこ充実しているけれど、文庫本とか新書なんかはまるでダメ。どういうわけかエロ小説だけは品揃えがいいのだけど、これは常連客の好みなのか、あるいは店の主人の趣味なのか。

エロ雑誌もやたらと充実していて、コンビニでは見たこともないようなものがたくさん並んでいた。

ハヤカワ文庫とか、創元推理文庫といったものは望めるはずもなく、気軽に読めるミステリはないものか、とウロウロしていたところ、東野圭吾のコーナーに「探偵ガリレオ」が数冊並べられているのを発見。テレビはほとんど見ないので知らなかったのだけど、最近ドラマ化されているそうな。理系ミステリは森博嗣でウンザリしていたのだけど(西之園萌絵が嫌いなんだよう!)、パラパラ読んだところ登場人物に魅力を感じたので購入。

上の2冊があんまりな作品だったので、最後に面白いものが読めて良かった良かった。

★★★★

blog comments powered by Disqus

Comments: 2

#3746  URL 2008-06-25 Wed 15:21

確かに結末は良くなかったかもしれないけど、中身がひどいってのは、
山田悠介ファンには失礼だと思います。
だったらあなたには、このレベルの物語が書けるんですか?
経験が無いようなあなたにどうこう言う資格はないと思いますけど。

#3747 ekken URL 2008-06-26 Thu 08:07

"山田悠介ファンには失礼だと思います。 "
山田悠介さんに対して失礼、ってのならともかくも、なんで山田悠介ファンに失礼なのか、さっぱり分かりません。
解説をお願いします。
あと「その本が面白いかどうか」という感想を書くことと、感想を書いた人が"そのレベルの物語"をかけるかどうかというのは全く関係ないですね。

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/688-79f2db12
Listed below are links to weblogs that reference
2007 10月に読んだ本 from ekken

Home > Hobby > 2007 10月に読んだ本

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。