スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/660-5d7d4d40
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > 無断リンク禁止派のための棲み分け方法

無断リンク禁止派のための棲み分け方法

無断リンクをされたくない、かといってパスワード制を導入するのは忌々しいし、アクセス制限をかける技術的知識は持ち合わせていない……という人はウェブサイトスペースの見直しを図ったらよいのではないかと思う。

僕のウェブサイト巡回のメインはブログ検索結果のRSSフィードで、利用しているブログ検索サービスはgooブログ検索、Yahoo!ブログ検索、Googleブログ検索(併用しているのは、得られる結果が微妙に違うから)。

実際に試してみたら分かると思うのだけど、これらのブログ検索サービスを利用しても、結果に反映されていなさそうなブログサービスが、結構たくさんある。

検索語句にもよるのだけど、gooブログ、Yahoo!ブログ、FC2ブログ、livedoorブログ、はてなダイアリーはかなり頻繁にヒットする。

続いて楽天ひろば、ウェブリログ、Seesaa、じゅげむを見かけることが多い。

ヤプログとか、クルルとなると、ごくまれに見かける程度。

RSSを配信しているにもかかわらず、一度も見かけたことがないブログサービスもかなり多い。

ぷららブローチ、AOLダイアリー、Auto Page、My Pressあたりは僕のブログ検索結果ではお目にかかったことがない。もっとマイナーなブログサービスもたくさんあるはずなんだけど、ブログ検索結果に反映されていないのかなぁ?

ブログ検索に反映されることが少なくて、自らが他所への言及を行わなければ、望まないリンクをされる事も少ないはずなので、ブログサービスの選択は結構重要だと思う。

RSS配信を捨てても良いのなら、ブログツール以前からあるようなレンタル日記サービスもオススメ。

無断リンクを絶対的に排除できるわけではないけど、そもそも他人のそのサイトの存在を知られることが少ないわけだから、お気に入りの友人だけに宣伝すれば良い。

もちろん、この方法を使っても無断リンクを完全に防げるわけではないし、アクセスアップは望めるはずもない。

blog comments powered by Disqus

Comments: 0

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/660-5d7d4d40
Listed below are links to weblogs that reference
無断リンク禁止派のための棲み分け方法 from ekken

Home > Web > 無断リンク禁止派のための棲み分け方法

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。