スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/638-8eab64c6
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken
Trackback from la_causette 2007-07-19 Thu 15:57

ネットで実名を隠しても成りすましを防ぐことはできない。 

 ekkenさんは、次のように述べています。 しかし、もし僕が実名でブログ運営を (more…)

Trackback from 福田::漂泊言論 2007-07-25 Wed 17:08

小倉さんへの異論が批判力を持たない理由 

小倉さんの、匿名問題を扱った幾つかのエントリをめぐって、一部の方々が異論を唱えていらっしゃいます。しかし興味深いことに、異論を唱える方々の中のどなたも匿名問題をアクチュアルな問題として扱っていないようです。小 (more…)

Trackback from 福田::漂泊言論 2007-07-26 Thu 15:44

「お気楽」に見える小倉さんへの異論 

前回のエントリ「小倉さんへの異論が批判力を持たない理由」に反響がありました。はてなブクマや幾つかのブログで言及して頂いたようですが、だいたい皆さん、同じようなことをおっしゃっています。大まかにまとめてしま (more…)

Trackback from ekken 2007-08-18 Sat 22:17

続・ネット上にたくさん存在する「えっけん」「ekken」について 

以前実名と匿名が混在する現状では、顕名という道を選ばざるを得ないという記事の中で、ネット上には僕とは無関係の、いくつもの「ekken」を名乗る者が存在する、ということを書きま... (more…)

Home > スポンサー広告 > 実名と匿名が混在する現状では、顕名という道を選ばざるを得ない

実名と匿名が混在する現状では、顕名という道を選ばざるを得ない

共通ID制度の罠

ネット上で発言を行う全ての人が「オフラインでの個人を特定できる実名でなければならない」という小倉さんの考えは、全てのネットユーザーがその制度に乗っかるという前提がなければ、物凄く不公平なシステムになるような気がします。世界的にその制度への転換がなされる事にコンセンサスが得られたとして(かなり難しいと思うけど)、また莫大にかかるであろうコストを一切無視出来たとしたら(相当難しいと思うけど)、「ネット上での発言には、オフラインでの個人を特定できる実名情報が必要」という仕組が実現できるのですが。

ところが、ネットの世界って抜け道が簡単に見つかる場合が多いものでして……

システム自体の穴だってあろうだろうし、ソーシャルハッキングのような手口もありえるだろうし。

つまりいくら共通ID制度が実施されようとも、登録された情報が虚偽のものである可能性は捨てきれないし、その発言が登録された本人のものという信じ込むのは危険ではないか、ということ。その制度のもとでは、多くの一般ユーザーは恐らく「表示されているIDは確かなものである」という認識でしょうから、かえって混乱する不安すらあるわけです。

そんなものは違法行為として厳罰に処罰すれば良い、という反論も予測されるけれども、例えばパブリックな場にあるネット端末で、ログアウトし忘れたままの情報が利用されれば、実際の発言者の特定は困難ですよね。

共通ID制度においては、実名と偽名(他人に成りすますという点において、匿名よりも危険だと思う)の問題が発生するわけです。

下手をすると、全く身に覚えのない中傷行為の濡れ衣を着せられる可能性もあるわけで、もし共通ID制度が「発言主の個人情報が誰にでも閲覧する事が可能なシステム」だったりすると、これはもうたいへん。ネットが公開私刑の場になりかねません。濡れ衣を着せられているほうは、オフラインでも特定される実名情報が流出しているわけですから、ネットから逃げ出せば問題解決というワケにも行かないのです。

あぁ、コワイコワイ!

ネット上にたくさん存在する「えっけん」「ekken」について

僕のハンドルは「えっけん」「ekken」「越後屋健太」です。「越後屋健太」は「えっけん」というハンドルを本名風に表記したくて、後から考えたものです。「えっけん」というハンドルは、学生時代のニックネームなんですけど、ネットを始めたばかりの頃に「えっけん」でエゴサーチをかけたら、僕以外の「えっけん」さんが他に二人ほどいたのを覚えています。ありきたりのハンドルではないけども、唯一僕だけが使う名前でもない、ということですね。

ところが最近、ネット上に僕(と、最初から知っていた「えっけん」さん)以外の複数の「えっけん」「ekken」を見かけるようになりました。そしてこれが偶然の一致か、というとそういうわけではないようで、彼ら(一人かもしれないが、かなり多くの場所で「えっけん」「ekken」を見かけるので、ここでは複数扱いとします)の多くは、僕に関する情報をその場に置いているようです。

例えば僕が運営している(or していた)ブログのURIが書き込まれていたり、メールアドレスが僕のものだったり、あるいは僕が作ったプロフィールページにリンクしていたり、というケースですね。つまりそのページを見た人は、そこに記された「えっけん」「ekken」という人物がが、ここでブログを書いている僕であると思い込む可能性があるということです。

以前どこかで「2ちゃんねらのえっけん」という記述があったのを見て、何を根拠にそんな事を言うのか、と思っていたのですが、最近「ekken」の2ちゃんねるドメイン検索で、僕のメールアドレスを併記した「ekken」名義コメントがたくさんあるのを発見しました(ほとんどスレ違いのコピペだったけど)。

複数のブログサービスにおいて「えっけん」「ekken」名義の、僕とは全く無関係の(しかし僕に関する情報が残されている)ブログがいくつも存在する事も確認しています。

それらのサイトの多くは、僕、あるいは全く無関係の人・組織を誹謗中傷しているものなので、面倒な事には巻き込まれたくないな、と思いつつ、殆ど放置しています。一度ブログサービスに苦情を言ってページの削除を要請しましたが、そのサービスの回答は「特に問題のあるものではない」というようなものだったので、アホくさくなりました。ホント、gooブログ、ナントカしろよ、コノヤロー!

その手の成りすましブログに気付いてから、もう一年以上経過していますが、そのページへのクレームが僕に寄せられたという事もなく、今の所実害を感じてはいません。

しかし、もし僕が実名でブログ運営をしていたとしたら、この成りすましブログ(あるいはコメント)により実生活への影響も考えられるわけでして、全ての人が実名とは限らないネット上での発言において、「顕名」という立場を選んでいて良かった良かったと思う次第です。

blog comments powered by Disqus

Comments: 0

Trackback+Pingback: 4

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/638-8eab64c6
Listed below are links to weblogs that reference
実名と匿名が混在する現状では、顕名という道を選ばざるを得ない from ekken
Trackback from la_causette 2007-07-19 Thu 15:57

ネットで実名を隠しても成りすましを防ぐことはできない。 

 ekkenさんは、次のように述べています。 しかし、もし僕が実名でブログ運営を (more…)

Trackback from 福田::漂泊言論 2007-07-25 Wed 17:08

小倉さんへの異論が批判力を持たない理由 

小倉さんの、匿名問題を扱った幾つかのエントリをめぐって、一部の方々が異論を唱えていらっしゃいます。しかし興味深いことに、異論を唱える方々の中のどなたも匿名問題をアクチュアルな問題として扱っていないようです。小 (more…)

Trackback from 福田::漂泊言論 2007-07-26 Thu 15:44

「お気楽」に見える小倉さんへの異論 

前回のエントリ「小倉さんへの異論が批判力を持たない理由」に反響がありました。はてなブクマや幾つかのブログで言及して頂いたようですが、だいたい皆さん、同じようなことをおっしゃっています。大まかにまとめてしま (more…)

Trackback from ekken 2007-08-18 Sat 22:17

続・ネット上にたくさん存在する「えっけん」「ekken」について 

以前実名と匿名が混在する現状では、顕名という道を選ばざるを得ないという記事の中で、ネット上には僕とは無関係の、いくつもの「ekken」を名乗る者が存在する、ということを書きま... (more…)

Home > Web > 実名と匿名が混在する現状では、顕名という道を選ばざるを得ない

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。