スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/631-27084ea8
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > 嫌がらせ的なネガティブコメントは、モヒカン族思考でぶっとばせ

嫌がらせ的なネガティブコメントは、モヒカン族思考でぶっとばせ

小倉弁護士のとやり取りで、少しさかのぼって読んでいたら気になることがあったので、言及しておきます。

僕は以前、「管理人が不快感を覚える可能性のあるコメント」のことをネガティブコメントとし、それを大きく4つに分類しました。(参考:ネガティブコメントのガイドライン)

  1. 事実確認(便宜上「第一種ネガティブコメント」とする)
  2. 異論・反論・批判 (便宜上「第二種ネガティブコメント」とする)
  3. 誹謗・中傷・侮辱(便宜上「第三種ネガティブコメント」とする)
  4. コピペ(荒らし)(便宜上「第四種ネガティブコメント」とする)

何か意見を述べるブログにおいては、上の二つは「避けてはいけないコメント」だと思うのですね。

1.や2.が「匿名でなくともできる」通常の態様でなされるのであればそうでしょう。しかし、1.や2.だって、言葉遣いに問題があったり、生活の片手間にブログの維持管理を行っているに過ぎないブログ主がおいそれとは応えられないであろう分量の投稿を行ったり、ブログ主が誠実に対処しても同じことを何度も何度も繰り返したりすれば、それは立派にハラスメントになります。ハラスメントになるようなコメントはなるべく避けなければいけないのです。

たとえ事実確認や異論の提示でも、言葉遣いがおかしかったり同じことを何度も繰り返せば、それはハラスメントだ、というのが小倉さんの主張です。ごもっともです。僕もそう思います。

ちょっと話がそれるのですが、2年くらい前でしょうか、はてなダイアリーを中心とするコミュニティ(意図的に形成されていたわけではないだろうけど)内に「モヒカン族」という新語が流行りました。僕はこのモヒカン族の考え方に共感を覚え、他者との論議の際にはなるべくこれを取り入れるようにしよう、と考えました。

ところが、モヒカン族的思考というやつは、かなり多くの人に誤解されているようです。

モヒカン族の説明ページのムラ社会文化のナァナァの馴れ合いじゃなくて殺伐とした議論を求むばかりが注目されたためなのか、モヒカン族のルールであるモヒカン宣言が軽視されてしまったようなのです。この結果、モヒカン族は他者のブログについて攻撃的に批判するような人であるという誤解が広まった感じがします。モヒカン族を正しく理解できなかった粘着タイプのコメンテーターの中には「オレはモヒカン族だ」というまるっきり勘違いしたオバカさんも相当数見かけました。

あ、ハナシがまるっきり脱線してしまいました。文末に‘ごもっともです。僕もそう思います。’と書いてある段落まで戻ってください。

小倉さんの言う事実確認や異論の提示でも、言葉遣いや同じことを何度も繰り返すような人に対して有効だと思われるのが、モヒカン族思考を持つことだと僕は思っています。「なんだ、結局は耐えろ、我慢しろ、気にするな、スルーしろ」という話じゃないか、と小倉さんは思われるかもしれませんが、まぁ、もうちょっとだけ付き合ってください。

おそらく小倉さんは、こうした過剰に暴力的な事実確認や異論の提示に対して、相当なストレスを感じているのだと思います。もしかしたら、精神的に追い詰められているのかもしれません。小倉さん自身がそうではないにしても、そういう人もいるだろうから、コメントハラスメントはイクナイ! ということなのでしょうけど、さて、小倉さんはその手のコメントハラスメントを見て、それを行っている側と受けている側、どちらに正義を感じるでしょうか?

これまでの流れから、当然ハラスメントを受けている被害者側ですよね。実名ブロガーではないけれど、黒木ルール上の匿名にあたらない「顕名」と呼ばれることもあるブロガーの多くも、被害者側のブログの記事に余程の大きなミスがない限りは、小倉さんと同じ判定をするはずです。

事実確認において、過剰に攻撃的な罵倒を伴って行う者に対するギャラリーの反応は、冷ややかなものであると思っています。誤字の指摘の際、相手の単なるタイプミスかもしれないのに「そんな漢字も知らないのか、小額2年生のえっけん君は! ぅへへへへへ」などとやっていたら、頭のおかしさを疑われるのは、むしろ誤字の指摘サイドでしょう。事実確認に限らず、何か相手に反論する際にだって、意見の内容よりも相手への罵倒や嘲笑の方が多いようなものは、中立な立場で見ているギャラリーの判定に不利になるはずです。

コメントの制限をかけていない限り、自分の望まないネガティブな意見が書き込まれることを排除できません。中には意見ですらない嫌がらせ目的がはっきりしているものもあるでしょう。しかしいくらマナーや自分の理想を訴えたところで、相手がそれを守るはずもないのだから、僕はモヒカン族の思考を持つことで回避すればよいと考えるのです。

  • 自分が発言する際は、罵倒などの余計な装飾はつけない
  • コメンテーターの発言からは、その装飾を外して読み取る努力をする

ただし、相手とのプロレスごっこを楽しむ際はこの限りではありません。

blog comments powered by Disqus

Comments: 0

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/631-27084ea8
Listed below are links to weblogs that reference
嫌がらせ的なネガティブコメントは、モヒカン族思考でぶっとばせ from ekken

Home > Web > 嫌がらせ的なネガティブコメントは、モヒカン族思考でぶっとばせ

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。