スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/601-b0a392f6
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > そもそも「多少のコスト」を覚悟できない人に「優秀な書き手」はいないと思うのですけどね

そもそも「多少のコスト」を覚悟できない人に「優秀な書き手」はいないと思うのですけどね

夕べの記事について、小倉さんからお返事が寄せられました。

la_causette: 「多少のコストを覚悟」させたら優秀な書き手は逃げてしまう

「匿名の陰に隠れることができるブログのコメント欄では、こんな僕でも、あんな人やこんな人に、こんなにすごいことが言えるのだ」という高揚感を覚えてしまうと、その既得権益を手放したくないという気持ちになるのは不思議なことではないのですが、でも、彼らって、ブログの情報材としての価値を高めていないように思われます。

全く同意ですが。しかしそのようなワケのわからぬ既得権益を利用して、他人のブログに粘着している人など、恐れる必要がどこにありましょうか。また、前回も申したとおり、そのようなコメントを削除するコストが惜しいのなら、コメント欄の閉鎖で解決しますよ。

小倉さんが「粘着的な嫌がらせコメント」に対して嫌悪感を示すのは十分理解できますが、コメント欄を閉じるという最も簡単で効果的な手段を否定するのか、フシギです。

荒らしが行われるのは何故か?

それは身元を明かさなくとも、誰でも簡単にコメントを書き込めるスペースがあるから。

確かにそれは許しがたい卑怯な行為なのですが、しかし、誰に対しても気軽に意見を書いて欲しいと思っているのだから、望まないコメントが紛れ込むのは仕方がないのです。 ブログシステムのほうでファジーな検索方法を取り入れ、荒らし的なコメントを排除できる機能があれば便利なんだけど、相当な負荷がかかるだろうし、これを無料サービスに求めるのは酷というもの。ブログ運営者のコストを下げたい、という小倉さんの気持ちはわかるけれど、小倉さんの願いを叶えるためには、ブログサービスには相当のコストがかかってしまい、現状のように誰にでも簡単に、しかも無料で情報発信をさせてくれる企業は激減するだろうなぁ。

僕もお金を払ってまでブログを書くつもりもなく、自分が満足できる機能を持ったブログサービスがすべて有料化されたら引退すると思います。


コメントを排除して言及リンクのあるもののみトラックバックを受け付ければ、小倉さんの望むブログコミュニケーションは成立すると思います。現に僕は他者ブログにコメントをすることはほとんどないけれど、多くの人と意見交換をしてしますし。

blog comments powered by Disqus

Comments: 12

#3072 トニオ URL 2007-06-15 Fri 04:44

> 僕もお金を払ってまでブログを書くつもりもなく、自分が満足できる機能を持ったブログサービスがすべて有料化されたら引退すると思います。

別にekkenさんに書いてほしいだなんて誰も頼んでいないわけだし、小倉先生もekkenさんぐらいの書き手じゃ満足してないからこう書いてるんでしょうし、ekkenさんがどうだろうが大して関係ないんじゃないですか?

ほんとに良い書き手なら誰かが金を払ってでもいいから書かせたい、と思うはずじゃないでしょうか。無料で書けなくなって、くずみたいなブログが盛大に淘汰されて、銭の取れる優秀な書き手のブログだけになっていくんでも別に不都合はないじゃないですか。

#3073 はにゃ URL 2007-06-15 Fri 07:38

コメント欄に価値あるコメントを書けない、
ブログエントリーに質の高い記事を書けない、
それらはむしろ今の情報端末の側に問題があるのかもしれませんよ。

というか、現状では思っている事を文章表現するのに
QWERTY配列のキーボードか、携帯電話のボタンくらいに制約されますよね。
荒らしがつまんねぇ迷惑コメントを書くときにも、
(がちゃがちゃ打つのめんどくせぇ)
という心理はどこかしら働くわけで
むしろその前に知っているスパムの語彙水準にも制約されるわけで
結局は荒らしが書いてるコメントって
その歪んだ文脈から真意を読み取る事が難しくなっちゃってると思うんですよね。

有料か無料か、ってのは最初にネット上に集まる
「言葉の量」を増やすときのハードルにはなってると思うんですが
有料のテキストにそもそも質の高い価値が含まれてるわけではないと思うんですよ。

一般論ってのは苦手なんですが
おそらくほとんどの人にとって、「質の高い記事」「価値の高いコメント」
というような言葉は、自分の知らない新しさの発見や
感情を揺さぶるような熱情や、心に届く言葉に近いものであって
単純に触れる事の出来る言葉の量を増やすことが
有機的なコミュニケーションに繋がっているとは思えないんですよ。

例え図書館をぐるぐる歩いて無料のテキストと
主流に権威づけられた本に出会えたとしても、
それが特別価値あるものとは、自分の中に根拠付けられない。

古典文学も、匿名の荒らし発言も、象形文字や絵文字も、
「自分にとっての言語の劣化」を感じる以上、
それは受け付けにくいものだと思うんですよ。

だからそれはいかに翻訳するか、
いかにインターフェイスを改良するか、
という通訳部分に重要な問題が潜んでいるように思うんですけど。

脳内を巡る思考が、すらすらと標準語になる奇妙な電波帽子が発明されたら、
問題は無くなるのかなぁ。
僕はよりいっそう、コミュニケーションが成り立たなくなるような気がします。
じつにおかしな意見ですけれども。

#3074 えっけん URL 2007-06-15 Fri 07:52

●トニオさん
>ほんとに良い書き手なら誰かが金を払ってでもいいから書かせたい

ところがですね、各ブログサービスとか、ニュースポータル系サービスが、恐らくはお金を払って書いてもらっているであろう有名人ブログって、僕はあんまり面白いと思っていないのですね。
あとなんだったっけ?
市民みんなが汽車だ! オーマイしゅっぽっぽ! とか何とか言うサービス、あれなんかもシロートに記事への報酬を払っているけれど、ろくな記事がないじゃないですか。たまに話題になるのはデンパ系ばっかりだし。
多くの(僕が)面白いと思えるブログは、報酬とは無関係に書かれているなぁ。

●はにゃさん

珍しく共感しました。

#3075 トニオ URL 2007-06-15 Fri 22:09

> ところがですね、各ブログサービスとか、ニュースポータル系サービスが、恐らくはお金を払って書いてもらっているであろう有名人ブログって、僕はあんまり面白いと思っていないのですね。

具体的に?
エッケンさんが何を指しているかわからないですが、分からないなりに考えると、そういうのは純粋に書き手として評価されているわけではなく、パーティに芸能人を呼ぶようなもので、一般人ジャリブロガーのにぎやかしだけでしかないので、引き合いに出すのは間違っています。

> 市民みんなが汽車だ! オーマイしゅっぽっぽ! とか何とか言うサービス、あれなんかもシロートに記事への報酬を払っているけれど、ろくな記事がないじゃないですか

1000円とか300円ですよ。その程度でいいならば、多少アクセス数のあるブログなら稼げるでしょう。そうすると、報酬の絡まないブログなど存在しないことになると思うんですが。

> 多くの(僕が)面白いと思えるブログは、報酬とは無関係に書かれているなぁ。

エッケンさんが面白いかどうかなど、いったとおりですが大して関係ないのです。
問題は、何も知らない人がそれを呼んで、週刊ポストより面白いかどうかなのです。
そう考えるならば、ぼくが思うにゴシップ雑誌より面白いものはこの世に存在するのかという話ですよ。

#3076 えっけん URL 2007-06-15 Fri 22:23

トニオさんのコメントはどんどんこの記事の主題とかけ離れていくのですが、意図的なものでしょうか。
僕はブログというものは、それまで情報発信をしにくかったシロートが、好き勝手にいろいろない意見を書けるようになったから面白いものだと思ってます。
トニオさんが「何も知らない人がそれを呼んで、週刊ポストより面白いかどうかなのです」なんてことは、正直僕には全く興味がない。
僕はゴシップ雑誌には全く興味がないので、それよりも面白いものは山ほど存在していますよ。

#3078 x URL 2007-06-16 Sat 02:53

荒らしって大抵一人ですよね。エロい人にはそれが分からんのですよ。

#3079 えっけん URL 2007-06-16 Sat 07:46

>荒らしって大抵一人ですよね。

僕の経験では、表面上炎上しているように見えても、実際に書き込んでいる人はごく少数だったりしますね。
せめて串でも使ってごまかせよ、と思ったり。

#3080 x URL 2007-06-16 Sat 10:23

うんうん、そうだよね~。
たしかはむはむ氏のときもそんな感じじゃなかったかと。
で、ここからは自論を展開・・・
と思ったら、俺とパソコン共有しているまなえって人がここに書いていた。
http://d.hatena.ne.jp/ululun/20070218/1171761490#c

#3081 えっけん URL 2007-06-16 Sat 10:35

えーと。
すみません、はむはむ氏については、僕は「彼が多数を装ってここに書き込んでいた事実」はないと思います。
一応、はむはむ氏に対する、ありもしない行動をでっちあげるのは不本意なので、弁護しておきますが。

#3082 x URL 2007-06-16 Sat 11:31

>「彼が多数を装ってここに書き込んでいた事実」はない
いや、はむはむ氏を勝手に取り巻いていたイナゴがそんなことをしていたんじゃなかったかなと
思っていたんですが・・・違いましたっけ?

#3083 えっけん URL 2007-06-16 Sat 11:33

あー、誤読すみません。
それが事実かどうか、僕には判断しかねます。
記事の内容とはかけ離れるものとなるので、この件について、今後このコメント欄での言及は避けさせていただきます。

#3084 x URL 2007-06-16 Sat 11:42

了解です。

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/601-b0a392f6
Listed below are links to weblogs that reference
そもそも「多少のコスト」を覚悟できない人に「優秀な書き手」はいないと思うのですけどね from ekken

Home > Web > そもそも「多少のコスト」を覚悟できない人に「優秀な書き手」はいないと思うのですけどね

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。