スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/600-77b6949c
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken
Trackback from Grid 2007-06-14 Thu 21:56

[ブログ][ネット] コメント欄を閉じるのは卑怯なのか 

コメント欄を閉じれば良いのですよッ!  よく左側のブログがコメント欄を設けていないことについて、よく右側の人は論破されることを恐れていると言っているのを聞いた。私はどうもその意味を理解することが出来なかった。別に自分のサイトでもないのに、どうしてそんなこ (more…)

Home > スポンサー広告 > コメント欄を閉じれば良いのですよッ!

コメント欄を閉じれば良いのですよッ!

荒らしを許容するわけじゃないけど、誰にでも書き込みができるスペースを設けている以上、迷惑な書き込みを削除するというような多少のコストは覚悟しておいたほうが良いだろうなぁ。

粘着的な嫌がらせについては、鬱陶しいことこの上ないのは僕も体験済みだけど、ギャラリーは割と「筋の通っているほう」を見極めているものですよ。

ただ「面倒な奴とはかかわりになりたくない」と考える人が多いので、助け舟を差し出す人は少ないかもしれませんが。

どんなに正論を述べていても、それを理解してくれない人は居るものです。僕が誰に宛てたわけでもない自分の考えを、自分のブログで書いていても「お前の意見を押し付けるな」という訳のわからないクレームをつけてくる人も存在します。

だけどコメント欄を開放している以上、そういったノイズが紛れ込むのも仕方がない。どうしても読むに耐えないものであれば、多少手間はかかっても削除すれば良いし、それが面倒ならコメントを書き込むことに高いハードルを設ければよいと思います。極端な話、コメント欄を設けないという手段だって残されている。

気軽に意見を受け入れられなくもなるけれど、匿名の卑怯性を利用した嫌がらせ的な言及は激減するはずです(批判的言及が無くなる訳ではないので、念のため)。

嫌がらせ的なコメント(言及)を減らすのは、そんなに難しいことじゃないと思います。

コメント欄がないと(悪意のない)他者とのコミュニケーションが取れない、ということは全くないわけで、メールやトラックバック、ブックマークサービスやリンク元検索などで代用はいくらでも可能です。ときどき「コメントも受け付けていないブログなんて卑怯だ」などと妙なイチャモンをつけてくるオバカさんがいたりするけれど、匿名の嫌がらせコメントを受け入れるためにコメント欄をオープンにする必要は無いのですから、黒木ルールを最大限に生かしたいのであればもっとも有効な手段といえると思います(くどいようだけど、それで批判的言及がなくなるわけではありません)。

blog comments powered by Disqus

Comments: 0

Trackback+Pingback: 1

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/600-77b6949c
Listed below are links to weblogs that reference
コメント欄を閉じれば良いのですよッ! from ekken
Trackback from Grid 2007-06-14 Thu 21:56

[ブログ][ネット] コメント欄を閉じるのは卑怯なのか 

コメント欄を閉じれば良いのですよッ!  よく左側のブログがコメント欄を設けていないことについて、よく右側の人は論破されることを恐れていると言っているのを聞いた。私はどうもその意味を理解することが出来なかった。別に自分のサイトでもないのに、どうしてそんなこ (more…)

Home > Web > コメント欄を閉じれば良いのですよッ!

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。