スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/599-a49477db
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > 脊髄反射記事について

脊髄反射記事について

(主に怒りの)勢いに任せて罵倒や誹謗中傷を書き殴った記事を書いてアップしてしまったものの……

読者に予想外の嫌悪感を表明されるなど、たちまち「都合の悪い記事」になってしまい、あわてて削除。

自分にとって都合の悪い記事をいつまでも残しておく必要はないとは思うものの、こうした事を常日頃から繰り返していると、読者に「この記事は削除されるな」と簡単に予測されてしまい、「これは!」というような記事は全てウェブ魚拓をとられたりローカル保存されてしまう結果となる。

あと、怨念にまみれた記事を書き、投稿、そのあとすぐ削除という人もたまに見かけるのだけど、RSSリーダーにはほぼ確実に拾われていることをお忘れなく。

いや、先日「殺す殺す」を繰り返している記事をリーダーで拾ってしまって、怖かったんだよぅ!!


僕はかなり短気な人間で、他人の書いたブログの記事にムカッと来ることが多いのだけど、脊髄反射記事は投稿しないようにしている。とは言え、そこでただぐっと我慢するのは精神衛生上よろしくないと思うので、ムカついたことはその場で書き殴り。

書きあがったものはかなり魂が入っていて、なかなか面白い物になることが多いのだけど、脊髄反射で書かれたものである事は一目瞭然。

というわけで、そういうものを書いた時は、そのままテキスト保存して数日経ってから発表を考え直します。怒りのパワーが何日も持続することは少ないので、少し醒めた目で見て読み直すと、たいていはお蔵入りです。

blog comments powered by Disqus

Comments: 5

#3066 jinta URL 2007-06-13 Wed 00:26

今そういうことをしたばっかりです。
みすかされたようでコハヒ...

反省します

#3067 GP URL 2007-06-13 Wed 08:05

それがねえ、そういうの読むのが好きな人間からすると、書いてUPしてくれるのは嬉しいんだけど(叩きたいではなく純粋に読みたいというだけ)、削除はかなわんなあと思うわけよ。
削除したとしても、誰かがそれに対して何か書くわけでしょ。
増田なんか見てると、どんなことが書かれてあったんだろうってストレス感じまくりだよ。
個人が特定されてる場所ならまだ同情もできるけれど、特定されない増田に書いたものまでも削除すんなよって思う。
読ませろーって思う。
私も人のことは言えないけど、ブログ削除以来、なるべく削除はしない方向でいってる。
削除した記事もあれ以来ないわけじゃないけどね。でも、私に不都合というより、相手にとって不都合なものくらいかな削除したのも。あと、まったく反応のない記事とか。そういうのだったら削除したとしても誰も気がつかないしね。
私としては、君の書く脊髄反射記事って読んでみたいんだけどなあ。もったいない。読ませろー。(W

#3068 出人 URL 2007-06-13 Wed 15:09

ムーディ勝山でも口ずさめ~右から左へ~うけながぁすぅ~

#3069 えっけん URL 2007-06-13 Wed 22:57

どっちかというとブログの記事でやるよりもコメントを書き込む時にやっちゃう人が多いと思うのですけどね。
だから僕はブログに用意されているテキストエリアへの直接入力はしないようにしています。

#3071 ゆかり URL 2007-06-15 Fri 01:15

今、まさにmixiでしてしまっています。
修行が足りませんね。

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/599-a49477db
Listed below are links to weblogs that reference
脊髄反射記事について from ekken

Home > Web > 脊髄反射記事について

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。