スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/58-349c890e
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken
Trackback from アキヤマニア 2006-03-09 Thu 17:16

[blog] 僕の考えるブログ文章術 第5回:誤読は止められない 

米光一成さんの連載「ブログ文章術」:http://blog.excite.co.jp/blog-jutsu/979930/ を読んでふと思うところを書いていた気もします。 バックナンバー: 第1回:[http://d.hatena.ne.jp/mhk/20060304/p1:title=あなたのいるべきばしょはブログじゃない] 第2回:[http:// (more…)

Home > スポンサー広告 > 誤解から始まるコミュニケーション

誤解から始まるコミュニケーション

一生懸命文章を書いた、それでも読者に的確に伝わらない、ということは決して珍しい事ではありません。

いくら「ブログの文章は、こう書けばいい、ああ書けばいい」と試行錯誤を繰り返し、理想的な文章を書いたところで、読み手との感性の違いが大きかったり、読解力が低ければ、自分の意図通りには伝わらないものです。

要するに、いくら多くの人にとっての「分かりやすい文章」を書けたとしても、受け取り方の違いは免れないのだから、あまり神経質になることも無いんじゃないかなぁ、というのが、ここのところの「文章術」に関する、僕としての結論。

後はせいぜい「自分の理想の文章に近づける方法は、こういうやり方です」と言う物を、各自出し合って、参考にし、他人のやり方の良いと思う部分を取り入れるくらいだと思います。



誤読から始まるコミュニケーションもあります

自分の書いた物に対して寄せられたコメント・トラックバックに、時として「イヤ、俺そんな事言ってないし」と思うような反論がありませんか?

僕はしょっちゅうあります。

コメント・トラックバックに対し、返事は絶対に書かなきゃいけない、と思っているブロガーさんが多いようですけど、それ以上話の発展のしようの無いもの、あまりに的外れなものに対してまで回答をする必要はないと思いますし、「激しく同意!」だけを伝える為に、わざわざエントリを立てる事もありません。(ネット上で「お友達を増やそう、仲良くわいわい雑談しよう」というスタイルをとる方は、コメントのレスはこまめに入れた方が良いと思いますが)

その誤読のされ方が、自分にとって不都合が生じる場合のみ、誤解を解消させるためのエントリを立てれば良いのではないでしょうか。

また、あえて誤読されたまま、相手のコメント・トラックバックに乗っかる、という手もあります。話の流れ的に、その解釈が面白くて話題の発展性を感じられたのなら、誤読から始まるコミュニケーションは、有益なものになるかもしれません。



誤読されない工夫をしよう

とはいえ、わざわざ誤読されるようなエントリにはしたくないものです。

ブログは、コンテンツ(エントリ)単位で読まれやすいものです。筆者の方では、過去ログを読んでいる前提で話を進めていても、読者にその事が明確に伝わるとは限りません。

僕は、出来れば単一のエントリで話が完結するのが望ましいと思うのですが、どうしても他の記事を読む必要がある場合は、簡潔にその記事の内容紹介をし、リンクをするのが良いと思います。ときどき、以前書いたエントリの内容を、全てコピペする人を見かけますが、その分量によっては闇雲にスクロール量を増大させるだけなので、やめておいたほうが無難です。

また、不特定多数に向けて書いている物であれば、ジャーゴンの使用は控えましょう。仲間内には面白いギャグで悪意のない物でも、その言葉の意味がわからない「その他大勢」の読者には意味が通じない、あるいは全く反対の意味として受け取ってしまうかもしれません。



誤読の責任を相手に求めない

感性の違いから生じた誤読を、相手の読解力のせいにするよりも、自分の文章力の至らなさと思うようにすると、次回からのエントリでは、より読みやすい文章を書けるようになるかもしれません。

自分の言いたいことが、その人にはどうして伝わらなかったのか?

相手が馬鹿だからと決め付けてしまえば、簡単なハナシだけど、それではいつまで経っても「より良い文章」など書くことは出来ないものと思います。

blog comments powered by Disqus

Comments: 1

#3011 Qちゃん URL 2007-05-22 Tue 20:01

はじめまして、両親と兄の間にたびたび起こる喧嘩にいつも悩まされています。どうして喧嘩になるのかは、やはりコミュニケーション不足のせいだといつも思っていました。どうしたらコミュニケーションをもっとうまくとれるようになるのかネットサーフをしているうちにekkenさんのブログを見つけました。現在メールのやりとりから生じた誤解によって喧嘩中の両親と兄にekkenさんの言葉をかりながらなだめた所、なんとかお互いが非を認めておさまってくれそうです。とくに人間いかに誤読をしやすいか、誤読の責任を相手に求めないなどの言葉、とても心に響いたようです。これから喧嘩が減るとよいのですが。とにかくありがとうございました。

Trackback+Pingback: 1

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/58-349c890e
Listed below are links to weblogs that reference
誤解から始まるコミュニケーション from ekken
Trackback from アキヤマニア 2006-03-09 Thu 17:16

[blog] 僕の考えるブログ文章術 第5回:誤読は止められない 

米光一成さんの連載「ブログ文章術」:http://blog.excite.co.jp/blog-jutsu/979930/ を読んでふと思うところを書いていた気もします。 バックナンバー: 第1回:[http://d.hatena.ne.jp/mhk/20060304/p1:title=あなたのいるべきばしょはブログじゃない] 第2回:[http:// (more…)

Home > Web > 誤解から始まるコミュニケーション

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。