スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/578-fe1e60da
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > こんにゃくゼリー事件

こんにゃくゼリー事件

こんにゃくゼリーでのどを詰まらせて死亡事故に至るケースは、かなり以前から話題になっていたのに、またこんな事故がおきて槍玉にあがっているんだねぇ。

livedoor ニュース - こんにゃくゼリーで11人死亡 外国で禁止なのになぜ放置

メーカー側はこれまで、のどに詰まらせる可能性があることを伝える注意表記を目立つようにしたり、ゼリーの大きさや、通常のゼリーより硬いとされる硬さを変えるなどの対応をしてきた。しかし、従来より柔らかくしたタイプでも後に死亡者が出た。同センターは「いくら改善努力をしてきたとしても、死亡者が新たに出たという結果責任は大きい」とメーカー側の対応にいらだちを見せている。

亡くなった子供が気の毒なのは確かだけど、これってメーカー側の責任なのか?

昔から、毎年正月になると、老人が餅をのどに詰まらせて死亡したりするけど、アレで餅屋の責任が問われたというケースはあまり聞かないわけで、その辺ちょっとフシギ。

blog comments powered by Disqus

Comments: 1

#3091 さて URL 2007-06-17 Sun 23:40

はじめまして、で、同感です。餅はもちろんアレルギーの可能性のある蕎麦製品・乳製品・たまご製品・はちみつ、食中毒の出やすい牡蠣や生もの、その他発がん性が危惧される食品添加物が加えられた食品などはすべて店頭に並べるべきではないと思いました。で、何が残るんだろう?

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/578-fe1e60da
Listed below are links to weblogs that reference
こんにゃくゼリー事件 from ekken

Home > 未分類 > こんにゃくゼリー事件

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。