スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/573-da7c023d
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > NGワード:ソースを示せ

NGワード:ソースを示せ

僕自身が過去に犯した失敗の事も含めての話だけど。

個人ウェブサイトで揉め事になると、よく見るのが「ソースを示せ」

もちろん発言の論拠となる情報源の提示は大事だと思うのだけど、いろいろな事情があってそれを出し難いケースもあるわけです。そしてその「事情」は、その人自身にとって「証拠を出す事」が不都合だからとは限らないのですね。

自分が見たことのないもの・知らないものについて、相手がその存在を明らかにしないという理由だけで、それを全否定するのは控えたほうが良いな、と。

たとえ証拠を出さなくとも、そのやり取りを見ている自分以外のほとんどがその存在について知っている場合、みっともない発言を繰り返しているのは証拠を示さない相手ではなく、世間知らずの自分の方、ということになりかねないからね。

これを逆手にとって、相手の知識の無さをアピールする為に「敢えてソースを示さない」というのも高度なテクだったりするのです。


「ソースを示せ」に気をつけろッ!

blog comments powered by Disqus

Comments: 0

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/573-da7c023d
Listed below are links to weblogs that reference
NGワード:ソースを示せ from ekken

Home > Web > NGワード:ソースを示せ

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。