スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/536-45ab4f35
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > そういうブログ排除の対策かと思うのですけど。

そういうブログ排除の対策かと思うのですけど。

先日アップされた、FC2ブログユーザー向けのお知らせブログに、面白いコメントがッ!

お知らせブログの内容は、(恐らくはスパム的ブログやサーバーへの高負荷防止のため)1日あたりの記事投稿数を30に制限する、というもの。

運営するブログの形態にもよるだろうけど、まぁ十分な数であり、この制限により大きなデメリットを被るユーザーは、そう多くは居まい……などと思っていると。

ブログ管理者用お知らせ 1日の記事投稿数の変更についてのコメント欄

この度1日の投稿数を30件に設定されたとのコメントですが、私のページは、医療・福祉・介護の最新情報を投稿しており、全国紙5紙、以外に地方紙、業界紙の情報を日々リアルタイムでの投稿に努めており、1日100件の投稿を認めて頂きたい。過去3年継続して投稿しており、是非再考をお願いしたい。

「乾 善治」と名乗るこのコメンテーターの主張が、どうもよく分からなかったので、早速URLと書かれた部分から乾善治さんのブログにジャンプしてみる。

おお、なんてことだ!

そこには、新聞社のウェブサイトに発表されたニュースをコピペしただけの、たいそうご立派な記事が並んだブログがあるではないか。

医療・福祉関係のニュースに絞って掲載されており、資料的価値はそれなりにあると思うものの、コピペ元となった各新聞社が転載の許可を出したとも思えず。

無断転載投稿がやりにくくなるので、記事制限30個は反対という彼の主張が通るとはどうしても思えません。

医療・福祉情報に限定したリンク列記タイプのブログに変更する事で、制限記事数の問題は解決する事と思います。

blog comments powered by Disqus

Comments: 0

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/536-45ab4f35
Listed below are links to weblogs that reference
そういうブログ排除の対策かと思うのですけど。 from ekken

Home > Web > そういうブログ排除の対策かと思うのですけど。

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。