スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/46-17a1ba68
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken
Trackback from froschの日記 2006-02-27 Mon 18:14

[Other]数年後死にたくなる…はず。普通の人なら。 

ARTIFACT@ハテナ系 - 自分しか読まない日記を書いて井の中の蛙になる http://d.hatena.ne.jp/kanose/20060225/inonakano ekken♂:多くの人が読むことも、頭に入れておこう http://ekken.blog1.fc2.com/blog-entry-46.html 昔描いた原稿を発見してのたうちまわる。 私自 (more…)

Trackback from ニュースコミュニティ - FPN 2006-03-02 Thu 09:25

mixi日記に慣れたら、ブログにも挑戦してみて欲しいと思う 

 先日から、自分なりの「ブログのススメ」をまとめ始めていますが、「ブログを多くの人に読んでもらえる方が良いとは限らない」という記事に対して、鋭い指摘を頂いたので、ちょっと寄り道をしようと思います。 (more…)

Home > スポンサー広告 > 多くの人が読むことも、頭に入れておこう

多くの人が読むことも、頭に入れておこう

ブログを多くの人に読んでもらえる方が良いとは限らないけれど、多くの人に読まれる可能性を全く考えないのは、危機管理が甘すぎると思います。

徳力さんの仰る「多くの人」が、どの程度の数を想定しているのか、リンク先の記事からでは判別できないのですが、ある程度のユニークユーザービューを得ているブログの、読者の大部分は沈黙のオーディエンスだと思ったほうが良いでしょう。

ブログは誰かのためでなく、自分のために書けばいいと思う。から僕が読み取った徳力さんの主張は、「ブログを続けるコツは‘自分自身が楽しい’と思うこと」なのですが、その意見には共感しますし、その次の記事・ブログを多くの人に読んでもらえる方が良いとは限らないについても、以前『ニュースサイトで紹介される事が、必ずしも幸福ではない、という事』という記事を書いたことがあるように、大筋では同意します。

しかし、「自分が楽しい」ことを優先させ、「多くの人に見られることを意識しない」のは、予期せぬ多くの来訪者があった時のことを考えると、僕はあまりに危険な行為だと思います。

 自分が感じた疑問や、出来事に対する考えなんかを人に聞いて欲しいとき、皆さんはどうするだろうか?
 隣の席の人に話しかけるかもしれないし、飲み会であった人に話すかもしれないし、友達にメールを送るかもしれない。

 ブログに書くということは、結構そういう感覚に近い行為だと個人的には思っている。

飲み会の席で、隣席の人に悩み事を相談するのは悪いことではありませんが、ブログ上でそれをやるのは、「あまり大きな声では言えないのだけど、実は・・・・・・」と居酒屋全体に響き渡る大声を出すのに等しい行為でしょう。

 私の昨日の記事は、ブログを悩んでいる初心者の人をターゲットにコミュニケーションを取ろうとした記事だ。
 なのに、それをFPNのようなそれ以外の読者もいるサイトに投稿すれば、当然ターゲット以外の人の目にも入る形になるわけで、ターゲットじゃない人にとっては時間の無駄になってしまうということだと思う。

ターゲットを決めてブログのエントリにするのが悪いことではありませんが、ターゲットじゃない人が「時間の無駄」と思ってくれるのなら、まだ良い方で、いわゆる「ネットウォッチ」の対象にされてしまうリスクだってあります。

「ウチのブログなんて、面白いことが書いているわけじゃないし、何を書いても良いや」と思っている人に限って、アクセス解析に残された、思わぬ多数の来訪者に困惑や恐怖を感じるでしょう。

多くのブロガーは、何気ない日常の記録を書いているものです。それが読者にとって必ずしも「つまらない」訳ではなく、そういうものを面白がる人も存在しますし、なにより書いている人自身が楽しいのならば、それを責める物でもありません。

しかし、アクセス制限をかけない限りは、どこの誰が読むか全く分からない世界です。

読んだ人が「つまらない」と感じて、ただ素通りしてくれれば、むしろありがたいわけですが、単に価値観の違いなのにも関わらず「イタいブログ」として匿名で晒したり、あるいは仲間を引き連れて、荒しにやってくるかもしれません。

無論「荒らすほうが悪い」に決まっているのですが、そういう危険性を全く考えずに、自分の意図したターゲット以外の人に読まれることに無関心なのは、実際に被害にあった時のダメージを大きくするだけじゃないかと思います。

blog comments powered by Disqus

Comments: 4

#529 Tristar URL 2006-02-25 Sat 12:19

とにかくやってみるべきで、やってからリスク(とリターン)を知るか。
(少なくとも)リスク(だけ)は知っておいたうえでやってみるべきか。

なんか、「文化圏の違い」どころではない相容れなさを感じます。

というエントリを作ろうかと思いましたが、こちらで。

#530 秋山 URL 2006-02-25 Sat 12:44

徳力さんは、あまりアクセス数を稼ぐことに重点をおかないで、自分のために書いたほうがいいと言っていて、えっけんさんはそれには同意で、ただし、大勢の人に読まれたときに困らないようにリスク管理はしておいたほうがいいと言っているのですよね?

徳力さんの主張の補足をしているだけなのではないでしょうか?別に相容れないわけではないと思います。アクセスを増やすことに重点をおかないで、でもアクセスが増えた場合のリスク管理を考えた文章を書けばよいのだと思います。十分両立できるかと。

えっけんさんも徳力さんの主張の大筋は認めていらっしゃるのではないでしょうか?ただそれだけだと危険だと忠告されているだけだと思います。

#531 わたりとり URL 2006-02-25 Sat 19:50

はじめまして。この記事の主旨に共感します。
ブログは自分自身がまず楽しむべきだと思うし、常連の読者に対象を絞って書いたほうが、記事をおもしろくできる(読む人を選ぶことにはなるが)。だがリスク管理は必須、と私も考えます。

もし予想を大きく超えたアクセスがあった場合には、ブロガーは記事を一時的に非公開にするなどの措置をとってもよいと思います。
そういった保身策を「卑怯」「小心」と感じる必要はない、と思うのですが・・・。
リスク管理は必要だが、「誰に読まれてもいい文章を書くべきだ」という結論はちょっと寂しい。無難でつまらないブログばかり増えてしまいそうな気がしますもので。
(この記事の結論がそうだ、という意味ではありません)。

#534 えっけん URL 2006-02-25 Sat 21:04

まぁ「アクセスは増やしやすい」分、自分の事を快く思わない人の閲覧もあるわけでして、だからこそ「無断リンク禁止」とか「無断トラバ厳禁」などという不可思議なローカルルールを打ち立てるのでしょう。
ブログツールは、全ての「ウェブサイトを持ちたい人」にとって、「もっとも幸福な選択肢」ではないと思います。

Trackback+Pingback: 2

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/46-17a1ba68
Listed below are links to weblogs that reference
多くの人が読むことも、頭に入れておこう from ekken
Trackback from froschの日記 2006-02-27 Mon 18:14

[Other]数年後死にたくなる…はず。普通の人なら。 

ARTIFACT@ハテナ系 - 自分しか読まない日記を書いて井の中の蛙になる http://d.hatena.ne.jp/kanose/20060225/inonakano ekken♂:多くの人が読むことも、頭に入れておこう http://ekken.blog1.fc2.com/blog-entry-46.html 昔描いた原稿を発見してのたうちまわる。 私自 (more…)

Trackback from ニュースコミュニティ - FPN 2006-03-02 Thu 09:25

mixi日記に慣れたら、ブログにも挑戦してみて欲しいと思う 

 先日から、自分なりの「ブログのススメ」をまとめ始めていますが、「ブログを多くの人に読んでもらえる方が良いとは限らない」という記事に対して、鋭い指摘を頂いたので、ちょっと寄り道をしようと思います。 (more…)

Home > Web > 多くの人が読むことも、頭に入れておこう

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。