スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/428-6b2c6cb7
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > ネットでの殺人予告とか

ネットでの殺人予告とか

ごく稀にネットで殺人予告があったりして、「ネットイクナイ! 青少年をネットの害悪から守るべきッ!」みたいな主張が出てきたりしますが。

何か重大な事件が起こった後に、その予告がネットであったことが発覚すると、それがセンセーショナルに報道されてネットに対するネガティブキャンペーンが巻き起こるのだけど、そうしたこととは反対に、ネットのコミュニケーションの存在によって救われている人が殺人予告を行う犯罪者よりも多いような気がする。

ネットで一緒に自殺する人を募り、それを実行に移すとテレビや新聞でかなり話題になるのだけど、ネット上で見知らぬ人に悩みを打ち明けることで救われている命のことは、あまり明らかにされない。

blog comments powered by Disqus

Comments: 1

#3751 すしバー URL 2008-07-01 Tue 17:22

私は、何度か自殺を思いとどまらせてもらったことがあります。
人は、顔が見えないから悪意も素直に表に出しますが、同時に顔が見えないから善意も照れずに出してくれるんですね。

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/428-6b2c6cb7
Listed below are links to weblogs that reference
ネットでの殺人予告とか from ekken

Home > 未分類 > ネットでの殺人予告とか

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。