スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/407-0229a6b0
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken
Trackback from bolog 2006-11-10 Fri 14:36

自分が無い人達 

2つの記事を見てたら同じ事が気になったので。 あの人キライ(S:今日の一言) まあ、人間、誰もかれも好きなわけでもなく、嫌いな人だっているのが自然なわけで。そこで他の人間の腕を引っ張るかどうかってこと、関係するようにも思う。腕を引っ張って同意が得られて、集団 (more…)

Home > スポンサー広告 > 劣等感を与えることも教育の一つだと思う

劣等感を与えることも教育の一つだと思う

今の中学校がどうなっているのか知らないけど、僕の時代は定期試験などの結果を張り出すということがなかった。もしかしたら他の学校(あるいは他の町村)ではやっていたのかもしれないけれど。

これは成績を張り出すことで、勉強の出来ない子供に劣等感を与えないための配慮だという話を聞いた事がある。

しかしこの配慮には当時も今も納得できない物がある。

勉強の出来ないものが劣等感を味わう機会がないと、その子は成績を上げようとする努力の機会を失うのではないか。教科別に成績が発表されれば、苦手科目をがんばろうとか、得意分野を更にのばそうという意欲が生まれないのではないか。


成績順を発表しない理由が「劣等感を与えないため」というのが事実なのだとしたら、勉強は出来るけど運動能力に劣る子供は劣等感を覚える事は多いのに、優越感を得る機会を失われているのがどうにも納得できない。

短距離走・長距離走の時間計測ならまだいい。能力をのばすためにトレーニングをした結果が、次の計測で結果として反映されるから。

しかし努力して能力を上げても、それが生かされないケースもあった。

僕は札幌市の市立中学校出身なんだけど、この街には体育の授業で「スキー学習」というものがある。

このスキー学習というヤツが、スキーの苦手な子にとっては最悪の授業であった。

シーズン初めにスキーの上手い下手によってA・B・Cのランク分けがなされて、ランク別に授業が進められてしまうのである。無論授業の進め方の問題だけではなく、生徒の安全面も考慮しての事だとは思う物の、このランク分けはシーズン中の移動がなく、たとえ途中で能力が上がったとしても、ワンシーズンを最初に決められたランクで過ごさなければならない。

練習して上手くなれば、次の年度にはランクが上がるかもしれないけれど、スキーはウインタースポーツなので、その努力の結果が報われるまで時間がかかりすぎる。

Cランクに入れられた生徒はランク分けされた時点で劣等感を覚えるばかりでなく、ランクを上げたいという努力とその結果が、他の生徒の目に見える形で反映されにくいのだ。

スキーが上手な子にとっては、下手な子供のレベルに合わせる必要が無いから、この授業の進め方は望ましい事だろう。下手な子供は滑る降りるのにも時間がかかるので、下手なこと一緒にされたら自分が滑る時間が減ってしまう。

ランクわけ授業は効率的で、能力のあるものがより能力を伸ばせるものなので、決して悪い物だとは思わない。しかし優越感や劣等感を覚える機会は、もっと公平に与えられて欲しいと思う。


スキー学習の例を、主要五教科にも当てはめて考えてみる。

勉強のできる生徒は、常に勉強の出来ない生徒に合わせられて進められる授業に満足できているのか。

いくら予習・復習をして理解度を高めても、そうした努力をしない子供に合わせて進められる授業では伸びるものも伸びない。

真剣に学びたいという欲求を持った子供が、そうした欲求を持たない子供と一緒に学習しなければならないのはナンセンスだ。


「子供が劣等感を感じてはいけないから」という大人の配慮は、子供の個性をのばすチャンスを奪っているだけだと思う。

社会に出るまで、劣等感を味わったことのない人間がのうのうと過ごしていける環境なんてほとんどないはず。

優越感を得る喜びも大事だし、劣等感から這い上がる根性を身につけておくことも大切な教育ではないのか。

関連
blog comments powered by Disqus

Comments: 9

#1995 straymind URL 2006-11-09 Thu 00:44

>「子供が劣等感を感じてはいけないから」という大人の配慮は、子供の個性をのばすチャンスを奪っているだけだと思う。

 同感です。今の教育システムは子供のモチベーションを奪っているとしか思えない。全員が100点取れなければ意味が無いようなカリキュラム自体がおかしい(多少は変わってきているにせよ)。ま、日本脱出を企ててもアメリカやカナダは日本からの移民制限をあからさまにしてきていますから、馬鹿が馬鹿として安穏としているなら自滅するよりほかないですね。

#1996 A-WING URL 2006-11-09 Thu 13:03

こんにちは。
テストの成績表を張り出さないことの理由が,子供の劣等感対策なのだとしたら,学校側(PTA?教育委員会?文科省?)は,テストの成績で人間の優劣を決める子供たちのモノサシの存在を,暗に許していることになりますね。
たぶん,自分たちの選択がそういう意味を持つことに,まったく気が付いていないのでしょうが。

#2025 せんり URL 2006-11-14 Tue 02:21

はじめまして。こんにちは。記事を読ませていただきました。コメントを書かせていただきます。
私の中学校では、個人の定期試験結果を『席次』と称し、細長い紙切れで全員もらいました。学年中何位かが分ります。平均点も分ります。
『全校生徒』『その家族』『教職員』『その他周囲の人々』に張り出しで大っぴらに知らせなくても、この方法なら十分に劣等感を煽れると思います。
実際、自分が後ろから数えた方が早い成績だと知ったときは、とても嫌な気持ちになりました。

#2039 A-WING URL 2006-11-15 Wed 20:22

>せんりさん
確かにその方法でも劣等感は持てるでしょうが,他の人にはせんりさんが何番だったかはわかりません。つまり,非公開である以上は,せんりさんの社会的地位は傷つかないわけです。
しかし貼り出されると,言い訳できません。
自身の評判を覆すには,努力するしかない。
この違いは大きいのではないでしょうか。
人間は弱いものです。皆が自身を厳しく律して生きていけるわけではありません。
努力の理由を外部に求めることでモチベーションを維持できると考えれば,成績を張り出すことにも意義があるのではないでしょうか。

#2699 名無しさん URL 2007-02-25 Sun 16:32

成績良くてもむしろバカにされるだけ。そして運動能力があれば格好いいとされる。これは確か。

#2979 norun URL 2007-05-13 Sun 17:37

劣等感は何も生まず渇望だけしか残らない
だけど現代教育に向上心を促す効果がある訳でもなく
際限無く愚行は繰り返される。

#3322 cd URL 2007-09-20 Thu 22:56

努力しても人より上になれないと気付いた時の劣等感は人格を歪めることになる。
むしろそのことによる向上心の低下のほうが問題だ。
ハッパをかけるのは全体に対してだけでも十分効果はあるし、他人と比較することによってしかできないものではない。そうでなければ教育現場に教師がいる意味がない

#3492 No Name URL 2007-12-20 Thu 15:03

これはいい格差を推奨する記事でつね

#4265 No Name URL 2010-04-17 Sat 12:20

学習性無力感にしか繋がらないよ

Trackback+Pingback: 1

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/407-0229a6b0
Listed below are links to weblogs that reference
劣等感を与えることも教育の一つだと思う from ekken
Trackback from bolog 2006-11-10 Fri 14:36

自分が無い人達 

2つの記事を見てたら同じ事が気になったので。 あの人キライ(S:今日の一言) まあ、人間、誰もかれも好きなわけでもなく、嫌いな人だっているのが自然なわけで。そこで他の人間の腕を引っ張るかどうかってこと、関係するようにも思う。腕を引っ張って同意が得られて、集団 (more…)

Home > About > 劣等感を与えることも教育の一つだと思う

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。