スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/380-bd40cfc5
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken
Trackback from suVeneのあれ 2006-10-10 Tue 11:39

「B!」ボタンとランキング投票についての見解 

くれくれ君と同じだと訴えた発端の記事がこれ。 はてブ等登録ボタンを置いているサイトをよく見かけますが、あれはランキングボタンと何ら変わりないです。 ぜひ登録してくださいというアピールであり、登録してくれなきゃヤダヤダという媚びです。 はてブ等登録ボタンとラ (more…)

Home > スポンサー広告 > はてブ登録ボタンとランキング誘導ボタンは違うと思うよ

はてブ登録ボタンとランキング誘導ボタンは違うと思うよ

はてブ登録ボタン(主にこの画像で表示されているはてなブックマーク登録ボタン)とクリック投票制のブログランキングボタンの性質は、同じじゃないと思うなぁ。

はてブ等登録ボタンとランキングボタン :: てくてく糸巻き

はてブ等登録ボタンを置いているサイトをよく見かけますが、あれはランキングボタンと何ら変わりないです。

ぜひ登録してくださいというアピールであり、登録してくれなきゃヤダヤダという媚びです。

クリック投票によるランキングボタンは、多くの場合、閲覧者の誰もが「クリックした時点で投票完了」ですよね。

投票する側は、実はランキングサイトへの投票の意思がなくとも、とにかくクリックしちゃえば1票です。閲覧者がそのブログを面白いと思ったかどうかなんて、全く関係ありません。要するにその投票クリックへの誘導がうまい人が、ランキング上位に入るシステムなのです。あるいは仲間内でクリックをし合っても良いし、cookieを削除して何度でもセルフクリックしてランキングを上げることが出来るところもあります。

それに対して、はてブへ登録するボタンの場合、クリック誘導をしてもあまり意味はありません。間違えて登録ボタンをクリックしたところで、ブックマークしたことにはならないからです。

そのクリックがボタン登録者にとって有効になるには、最低限、2つの条件があります。

  1. クリックした人がはてブユーザーである
  2. 登録画面に移行してから、さらに「追加する」「追加して確認」のどちら加のボタンを押す

つまり、騙しリンクなどを使っても閲覧者の意思を無視して登録されることはありません。

ボタンを表示することで、エントリ内に複数存在するURI(続きを読む、コメント欄、トラックバック欄へのアンカー)への分散を防ぐ効果もあります。

とは言え、個人的にはブログエントリに「ブクマへ登録」するボタンは不要派です。

関連
blog comments powered by Disqus

Comments: 0

Trackback+Pingback: 1

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/380-bd40cfc5
Listed below are links to weblogs that reference
はてブ登録ボタンとランキング誘導ボタンは違うと思うよ from ekken
Trackback from suVeneのあれ 2006-10-10 Tue 11:39

「B!」ボタンとランキング投票についての見解 

くれくれ君と同じだと訴えた発端の記事がこれ。 はてブ等登録ボタンを置いているサイトをよく見かけますが、あれはランキングボタンと何ら変わりないです。 ぜひ登録してくださいというアピールであり、登録してくれなきゃヤダヤダという媚びです。 はてブ等登録ボタンとラ (more…)

Home > Web > はてブ登録ボタンとランキング誘導ボタンは違うと思うよ

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。