スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/367-7929b263
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > 議論を呼びかけるトラックバック

議論を呼びかけるトラックバック

「この件に関するあなたの意見が聞きたい!」という理由で発せられたトラックバックはスパムなのか?

う~ん、僕は基本的には「それはスパムと見なされる」と思うなぁ。

議論の呼びかけはトラックバックスパムか?:RBB NAVi (ブロードバンドコンテンツ 検索サービス)

なわけで今回トラバを打つにあたり、ちょっと考え込んでしまった。「この人は知的で洞察力がある。ぜひご意見を伺いたい」と思っても、その人が匿名・実名問題を取り上げていなければトラバが打てないからだ。これでは世の中に広く議論を呼び起こすことができない。

そこで私は非難を承知で「やっちゃう」ことにした。ただしできる限り礼をつくす必要がある。

まず先方の最新エントリーを拝読したうえで、それについての感想をコメント欄に書き込んだ。そして後段で、「このエントリーとは直接関係がなく大変恐縮ですが、みなさんのご意見を伺いたいと考えトラックバックを送らせていただきました。もしご迷惑でしたら、お手数で申し訳ありませんが削除をお願いします」と書き添えた。

引用元の筆者は、僕の最近のお気に入りブログ、すちゃらかな日常 松岡美樹の松岡さん。

記事全文を読むと、スパムとされないための工夫はいろいろとされており、こういうやり方であれば僕は不快感は感じないものの、僕は記事の話題と無関係なトラックバック・コメントは歓迎しないのです。「知的で洞察力があるからご意見を聞きたい」と言われたとしたら、まぁ悪い気はしないだろうけれど、その話題に関しては不得手な分野という事もあるだろうし、そうしたコメントがあることで、それまでのコメントの流れを断ち切ってしまうような気がします(もっとも松岡さんのように最新記事の感想をも書く、というのならば、最大限の配慮が感じられ、悪い気はしませんが、そこまで考えて「呼びかけ」を行う人は、一体どれくらいいるだろう?)。

ブログを議論のツールとして使うことは、僕は大歓迎です。トラックバックという機能はまさにそのためにあるようなものだと思っているし、一つのテーマについて、「誰々はこんな事を言っていた、だけど俺はこう思う」という事を書くのなら、こんなに便利なものはありません。

しかし相手が関心があるかどうかもわからないテーマについて、「君はどう思う?」というのは、なんだか発言を強要されているような気がして、僕は受け入れがたいです。

議論を呼びかけるトラックバックって、要するにイベント告知トラックバックと同じなんですよね。トラックバックの使い方として面白いものだとは思うのですが、送る相手といくらかの面識(ウェブ上の面識と言う意味です、念のため)がない限りは、歓迎されないでしょう。

というか、僕個人的には、面識があっても記事と無関係なイベント告知のトラックバックは削除しますけど。

昨年の中越地震の時も、相手のブログに地震に関する記事の有無を問わず「みんなで支援しよう」みたいな記事が無差別に送られていましたが、一見美談に見えるこうした行為も、送信先の記事を読めば実にくだらない事しか書いていないことも多く、イベント告知型のトラックバックの多くは単なるアクセス稼ぎである事も否めない事実です。新手のブログランキングの告知トラックバックと同列に見なされるのは心外でしょうが、受信者側がそう思ってしまえば、発信者の評価が著しく下がってしまうので、気をつけたいところ(くどいですが松岡さんのやり方であれば、僕は悪い印象は無いです)。

結局は「議論を呼びかけるトラックバック」が受け入れられるかどうかは、受信者側のポリシーによるのだから、相手のポリシーも分からないような、普段まったく交流のない相手に送るのは僕は避けるべきだと思います。で、松岡さんも、こう仰っています。

議論の呼びかけはトラックバックスパムか?:RBB NAVi (ブロードバンドコンテンツ 検索サービス)

もちろんトラバに対する考えは人それぞれだ。また公共性があるからといって、みんながやたらに対象エントリーとは無関係なトラバを打つようになったらカオスである。あくまでトラバを送る先は「他人の家」だってことを忘れてはいけない。最終的にはトラバを送られた側が、それを許容するかどうかの問題なのだろう。

結局は自分の宣伝行為を優先させるのではなく、相手に対してどのくらい配慮されているのかが大事なのかもしれません。

blog comments powered by Disqus

Comments: 0

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/367-7929b263
Listed below are links to weblogs that reference
議論を呼びかけるトラックバック from ekken

Home > Web > 議論を呼びかけるトラックバック

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。