スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/33-a3b1a616
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken
Trackback from ピー♪の ネットでのつまらない話 2006-02-26 Sun 23:47

ekkenさんって、 

ある意味やさしいですよね。 ekken♂ : 無断リンク禁止に従う人たちの一部に見られる屁理屈 http://ekken.blog1.fc2.com/blog-entry-33.html 私は「嫌ならリンクしないでおくけど、そのことによる不利益は自分でかぶってね」という主義ですので。。 拒否したリンクをされた (more…)

Home > スポンサー広告 > 無断リンク禁止に従う人たちの一部に見られる屁理屈

無断リンク禁止に従う人たちの一部に見られる屁理屈

  • 2006-02-21 Tue
  • Web
  • No Tag

予め書いておくと、この先は、数年前に盛り上がった儀礼的無関心の議論と、ほとんど変わりない内容になっております。


僕がブログを巡回していて、物凄く不思議に感じることに「無断リンク禁止」をローカルルールとして掲げるブログの存在があります。

知らない人に見られたくない、家族や友人に向けて書いている、などの理由で、「勝手にリンクしないで下さい」と主張するブログが、いくつもありますが、見られたくないのなら見られない工夫をしろ、と思うのに、彼等は何故アップデートPingを飛ばし、RSSを配信しているのでしょう?

……というような事は、何度も書いてきたので、ここでは「無断リンク禁止」を掲げるブロガーについての言及は避けます。

今回取り上げたいのは、無断リンク禁止サイトに対して、言説通りに受け取り、「無断リンク禁止サイトへは、無断リンクしない」という人達。

こういう人達は、必ずしも無断リンクはダメ、と考えているわけではなく、ローカルルールとして「無断リンク禁止」を掲げるサイトに対しては、無断リンクしない、ということのようです。

相手がそれを嫌がっているのだから、無断でリンクするのはマナー違反だ、というのが彼等の主張なのですね。

そのような考えを持つ彼等が、リンクしたいサイトが無断リンク禁止であった場合、「そのサイトはなかったことにする」のなら、特に問題があるとは思えません。しかし、「無断リンク」に関わる単語をいくつか、ブログ検索サービスにかけて読んでいると、物凄く気になることがあるのです。

それは、「無断リンク禁止だから、リンクはしません」と言いつつ、リンクタグで括らないURIを書いたり(URI記述で自動リンクになるサービスの場合、h抜きの記述をするとか)、簡単に特定できる検索語を羅列したり、あるいは、Googleのキャッシュに導いたりする人が存在すること。

そりゃあ確かに無断リンクはしていないかもしれないけれど、「相手が嫌がることはしちゃいけない」を忠実に守っているとは思えません。

何故、無断リンク禁止を主張するのか?

  • 知らない人に読まれたくない
  • どこからリンクされているのか把握したい

いろいろな理由があると思いますが、まとめるとこの二つに集約されると思います。

身内でひっそりやりたい・プライベートな情報が書き込んである・荒らされたくない・ネットウォッチの対象にされたくない、といった理由は「知らない人に読まれたくない」にまとめられます。

後者は、どこで言及されているか知りたい・アクセスの要因を知りたい、というものでしょう。

まだ他の理由もあるかもしれませんが、いずれにせよ「リンクタグで括らなければ、URIを特定されても良い」とは考えていないはずです。

むしろ、リンクタグで括られていれば、アクセス解析やリンク元検索で「どこからリンクされているか」は把握できるはずなのです。

仮に誹謗中傷が行われていたとして、その事を自分が知らない場合、はじめは傷付かないかもしれないけれど、風評被害が広がるかもしれません。知らないままだと、閲覧者の誤解を解く事もできないのです。リンクされていれば、誹謗中傷に対して対策が取りやすいし、反論の機会も得やすいのです。

無断リンク禁止を掲げるサイトに対しては「そのサイトは無かったことにする」が、「無断リンク禁止サイトに無断リンクしちゃいけない」論者の正しい選択であり、リンクタグで括らないURI記述や、相手を簡単に特定できる記述は、「相手の希望通りリンクはしてないよ」という屁理屈でしかないと思います。

無断リンクを禁ずる人は、無断リンク=マナー違反と考えているようですが、無断リンク禁止にする事によって、それ以上のデメリットを生み出している可能性のことを知っていた方がよいと思います。



blog comments powered by Disqus

Comments: 6

#354 ボンバー犬 URL 2006-02-21 Tue 18:23

「無断閲覧禁止!」とか掲げてみようかな。

#355 ブリ URL 2006-02-21 Tue 19:44

そうそう。無断リンク禁止のヤツに限って簡単にググられちゃうのですよ。
最低限でもMETAタグ貼らないとダメなのにね~。
ブログによってはping送信が初期設定で備わってるのもあるけどそういうの最初から知っておくべき。
そんな対策もせずに怒る人って墓穴掘ってるのね。ああ、恥ずかしい。

つかここ、fc2だったんやね。いつもと変わらんテンプレだからgooかと思った。

#426 えっけん URL 2006-02-22 Wed 12:38

まー「無断リンク禁止」でググルとそりゃーもう…
勝手にリンクはしてほしくないくせに、アクセスは欲しいという思考が、僕には理解できません。

#492 p2 URL 2006-02-22 Wed 23:23

浮気するなら、バレないようにして、っていうことじゃない?

#496 vv URL 2006-02-23 Thu 02:38

って言うか、無断リンク禁止のサイトにリンクしないのは「いけ好かない」からじゃないのかな
んな事掲げてるヤツとはやってられネーヨ、リンクしてギャーギャー言われるのもメンドウだから無視って感じで
それと
>それは、「無断リンク禁止だから、リンクはしません」と言いつつ~
↑のようなリンクのしかたは所謂「皮肉」というヤツなのじゃないでしょうか?
そちらがそのようにおっしゃったのでこのようにいたしましたが何かw?みたいな
リンク先の内容ではなく「無断リンク禁止」という行為を晒し挙げて笑ってるのではないのでしょうか
とどのつまりこのエントリーは皮肉を汲みきれずにマジレスしちゃったような状態のような気がしたりしなかったり

#497 えっけん URL 2006-02-23 Thu 08:01

>所謂「皮肉」というヤツなのじゃないでしょうか

そういう人ももちろん多いと思いますが、「マナー」と信じきってリンクしないで特定できる書き方をしているところが、案外多いです。その人自身が無断リンク禁止を掲げるサイト主だった場合は、恐らく本気でしょうから。

Trackback+Pingback: 1

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/33-a3b1a616
Listed below are links to weblogs that reference
無断リンク禁止に従う人たちの一部に見られる屁理屈 from ekken
Trackback from ピー♪の ネットでのつまらない話 2006-02-26 Sun 23:47

ekkenさんって、 

ある意味やさしいですよね。 ekken♂ : 無断リンク禁止に従う人たちの一部に見られる屁理屈 http://ekken.blog1.fc2.com/blog-entry-33.html 私は「嫌ならリンクしないでおくけど、そのことによる不利益は自分でかぶってね」という主義ですので。。 拒否したリンクをされた (more…)

Home > Web > 無断リンク禁止に従う人たちの一部に見られる屁理屈

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。