スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/32-16ebb987
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken
Trackback from 2005-01-06 Thu 08:04

トラックバックから考えるインターネット文化の変化 

最近頂いたコメントやトラックバック先のブログを読ませて頂いたところ、複数のブログでトラックバックの使い方に関する記事が存在し、目を引きました。基本的には「リンクされていないブログからのトラックバック」や「トラックバックの削除基準やそれに類する考え方」に関 (more…)

Trackback from 2005-06-28 Tue 05:27

ミュージカルバトンとトラックバック 

日記を休もうとしていたが、私の日記に反響があったので日記を書かざるを得ない。そこで26日の日記に書くこととした。ミュージカルバトンなるものが流行していること。そして私はそれに参加しないことを6月21日の日記に書いた。ミュージカルバトンが「チェーンメール... (more…)

Trackback from 2005-08-15 Mon 20:39

【ネット関連】 トラックバックとは何か~これからブログを始める人に~ 

ブログを始める人にとってトラックバック(トラバ、TBなどと略す)とは何かという疑問があるだろう。具体的なイメージはやっていくうちにわかるものであるが、3分でわかるトラックバック [はじめてのウェブログ [weblog for beginners]]http://kotonoha (more…)

Home > スポンサー広告 > そのトラックバックはどうだろう?

そのトラックバックはどうだろう?

久しぶりに面白い「トラックバックについての記事」を読んだ。

題名がイイ。

仰る通り「正しいトラックバック」なんて存在しないと思う。

意見主張型のブログと、映画・本の感想系ブログ、日記が中心の馴れ合い系ブログでは、トラックバックの使い方が異なっていますよね。

しかしそれでもある種のルールというか、「こんなトラックバックは嫌われる」というのは存在します。

徒然キャッチー:「正しい」トラックバックとは? …絶対的な「正しさ」など無い!

さて、かいつまんで言うと、トラックバックは「相手ブログへリンクを知らせるため」に行うらしいが、僕の個人的な意見としては「そんなの無駄でバカバカしい」と思う。

二度手間なことをやってると思う。

リンクされたかどうかなんてアクセス解析で分かるんだし、いちいちリンクしたこと自体を通知する意味は無いと思う。

この引用文で述べている「かいつまんで」言われた所は、ブログとは?:トラックバックとは?という記事です。実は僕もブログとは?:トラックバックとは?の説明は、誰もが不快に思わないトラックバックの使い方ではあると思うけれども、

ブログとは?:トラックバックとは?

「自分がリンクしていないのに、先方にだけリンクさせる」というのは、マナー違反として嫌わます。こうした行為は「トラックバック・スパム」と呼ばれて、最近非難されますので、気をつけて下さいね。(^^)

この説明はちょっと違うんじゃないかと、という点まではnmpfさんに同意なんです。

ブログとは?の吉本さんは トラックバックとは、「あなたのブログを、私のページで紹介しました(リンクしました)よ」の自動通知機能と仰ってますが、トラックバックの際にリンクするのは、スパムと受け取られない為のことであって、必ずしもリンクを貼る必要はないでしょう。僕は自分が「リンクは必要」と感じればリンクするし、読者の立場に立ったときに、必要性を感じなければ貼らないこともあります(大体貼っているけど)

実際、映画などの感想を述べるブログは、どこにもリンクを貼らずとも、同じ映画のことを取り上げたブログへトラックバックを送りまくっているし、特にトラブルが頻出したという話も聞いたことがないです。

そういう意味では、

徒然キャッチー:「正しい」トラックバックとは? …絶対的な「正しさ」など無い!

たとえばあるブログ作者が、自分のブログの記事と同じテーマの記事を別のブログで見つけたら、そこにトラバを送る。(出来れば相手からもトラバを返してもらう)

そうすれば、あるブログのある記事を読んだ訪問者が、その記事の内容に関連する別のブログの記事をどんどんサーフィンしていけるようになる。

は、特に新しいトラックバックの考え方でもなく、感想系ブログではかなり前から行われていたことなんですが、このやり方が「普通のトラックバック」となることを訴えようとしているのであれば、僕は反対します。

なぜなら、言及はしていないが、関連した別の記事なんてものは、わざわざトラックバックを送ってもらうまでもなく、ブログの検索で簡単に知りえることだから。「関連した記事」というのがどの程度「関連している」事を指しているのかが、nmpfさんの記事からは不明なのですが、彼が件の記事からトラックバックを送ったあるところは、たまたまトラックバックに関する話をしていたということだけが関連し、トラックバック先の記事を読んだとは思えず(推測でものを言うのはなんですけど)、「トラックバック」という単語で検索をかけて該当した記事に対して送りつけたものでしょう。

それであれば、単なるスパムと解釈されても仕方がないでしょう。

nmpfさんの意見って、ちょっと独善的なんですよ。

リンクされたかどうかなんてアクセス解析で分かるんだし、いちいちリンクしたこと自体を通知する意味は無いと思う。

これには同意しかねます。

アクセス解析をつけておけば、確かにその通りなのですが、goo ブログ無料版のように、そもそもその機能もなければ、自分で設置すらできないものもあります。GoogleAlltheWeb.comでリンク元検索を使えば、ある程度分かるものの、リンクしてくれたブログが、検索ロボットの巡回率が低いところだとなかなか割り出してはくれないでしょう。

チラッと名前を出しただけというのなら、わざわざトラックバックをくれなくても良い、という人は多いので「リンクの通知の為」のトラックバックは不要だと思いますがARTIFACT ―人工事実―:| TrackBackによってあなたの評価は上がってますか?の記事を書いている加野瀬さんのトラックバックスタンスが有名だと思います)、その記事について言及するためにリンクした場合は、「どうせアクセス解析で拾ってくれるから」と何もしないよりかは、相手に通知する方が親切ではないでしょうか。特に相手の意見に対して批判めいたことを行う際、リンクはするがトラバはしないという行為は、陰湿な感じさえします。

「リンクしたということは、トラックバックまでしなくとも、アクセス解析で分かること」と言うnmpfさんは、その記事のコメント欄にて、Leftyさんが残したコメント

>リンクされたかどうかなんてアクセス解析で分かるんだし、 > いちいちリンクしたこと自体を通知する意味は無いと思う。

それを言うなら、「同じテーマの記事」は、検索をかければ分かるんだし、いちいちTB飛ばす意味はないんじゃないかと思います。

に対して、

いちいち検索かけるのは面倒でしょう。

また、PCに詳しくない人は、上手い検索の仕方を知りません。

と仰っていますが、これ、すごくおかしな話だと思いませんか?

検索の仕方を知らないようなPC初心者は、ブログにアクセス解析を設置する方法を知らないかもしれない、ということをなぜ考えなかったのでしょうか。

既存のルールに縛られない、新たなトラックバックの使い方(実は全然新しい使い方ではないのですけど)を訴えようとする気持ちは買いますが、nmpfさんのその方法、やはりスパムと解釈されてしまって、広まることはまずありえないでしょう。

ちなみに昨年の12月の時点で絵文録ことのはの松永さんが、次のように書いています。

トラックバックの有効な使い方を考える [絵文録ことのは]

リンクしないでトラックバックする行為が、【A】【B】といった「知名度アップ用のトラックバック」と誤解されかねない、という問題が出てきます。つまり、自分からはリンクしていないのに、相手のブログ記事には自分の記事へのリンクを張っている場合、「ページランク泥棒」とか「目立ちたがり」と思われる可能性がなきにしもあらず、ということ。

関連する記事へのトラックバックは、決して否定されるべきものではないでしょうが、宣伝と誤解されるケースは非常に多い、無用なトラブルを避けるためにも、リンクは貼っておいた方が良いという考え方は、別に狭量でもなんでもなく、極めて常識的な考え方だと思いますけど。

そもそも、せっかく「関連しているからトラックバックする」と思っても、相手の方がそう解釈してくれなければ、何の意味も無いわけで、そんなトラックバックを貰って喜んでいるのは、ふだん滅多にトラックバックを貰ったことの無い、辺鄙なブログなんじゃないの、と思うわけです。

まぁ、中にはあからさまなスパムトラックバックを貰っても、わざわざ相手のブログに「TBありがとうございます」とコメントを残しに行く人もいるからなぁ・・・・・・

参考になる記事として、文中でも触れたARTIFACT ―人工事実―:TrackBackによってあなたの評価は上がってますか?絵文録ことのは:トラックバックの有効な使い方を考えるの他、小林Scrap Book:【ブログ初心者講座】トラックバックの使い方をオススメします。


追記:2005/01/04

巡回先の今日の幸せにおいて、トラックバックに関する話題がありました。

noharmのおうち:ブログをはじめて良かったなあと感じたことは?のコメント欄において、トラックバックに関する、ちょっとした考え方の違いから、何度かやり取りがあった模様です。

noharmさんはトラックバックを有効に使いたいからと、かなりのトラックバックを送っていて、コメント欄において好評を得ているようですが、記事を読む限り、相手へのリンクがありません。

リンクがないトラックバックをしちゃいけないわけではないですが、今のところたいした問題になっていないようなものの、送っている(と推測される)量を考えると、アクセス稼ぎの宣伝トラバと受け取られても仕方がないことでしょう。

ちなみに「今のところ」問題となっていないのは、noharmさんがトラックバックを送った先には、他人からトラックバックを貰った経験が少ないところばかり、ということが多大に考えられ、もしそれが意図的なものであれば、やはり宣伝目的のトラックバックと(第三者が)考えても無理はないでしょう。

理由は追記前の本文で書いてある通りなので、省略。

blog comments powered by Disqus

Comments: 32

#300 えっけん URL 2004-12-30 Thu 13:05

nmpfさんの考え方も、頭から否定されることはないと思うけど、要はコンセンサスが取れるかどうか、という問題になってくると、残念ながらかなり難しいのではないか、と思うのね。

#301 オバサン URL 2004-12-30 Thu 13:33

「実際、映画などの感想を述べるブログは、どこにもリンクを貼らずとも、同じ映画のことを取り上げたブログへトラックバックを送りまくっているし、特にトラブルが頻出したという話も聞いたことがないです。」
オバサン、これを『スーパーサイズ・ミー』でやりましたけど、お友達の輪が広がって(一瞬かもしれないけど)楽しかったですよ。
 記事中でリンクを張るのでないなら、何らかの別の形でTB先を記録しておかないと不便だと思いました。

#302 fuda URL 2004-12-30 Thu 14:07

当方の記事もすでにご覧だったようですね。
トラックバックというものは、相手があってこそ成り立つものなので、相手と合意が取れるようなやり方でってことです。
読み手云々よりまずはそこでしょう。
さらに「読者のためのトラバ利用」ってことを云うなら、自分の記事にもトラバ先のリンクを貼ってないと読み手に便利じゃないですね。

#303 Lefty URL 2004-12-30 Thu 14:21

期せずして同時参戦してしまったLeftyです。
この記事の感想なんで、ここにコメントします。
コメントの途中経過を見て、「議論を放棄したのかな?」と思ったので、
対私を含め、それなりの到達点(?)に達したのはちょっと安心。
>リンクされたかどうかなんてアクセス解析で分かるんだし、
今気付いたんだけど、設置するしない以前に、「読者」がそれを知ることができるブログってかなり少数派なんですよね…。
まあ、いまさらこんな些細なことにつっこむのもどうかと思うんですが…。
何回か記事にしてるんでえっけんさんはご存知かと思いますが、
私のトラックバック論も、彼と同じで、「読者の視点」というのが基本なんですよね。
で、その結果として、私は「ブログとは?:トラックバックとは?」の意見に基本的に全面賛成なんですよ。
上のコメントで、fudaさんが言っている
>「読者のためのトラバ利用」ってことを云うなら、自分の記事にもトラバ先のリンクを貼ってないと読み手に便利じゃないですね。
というのは、私が何度か言ったことがあるし…。
同じキーワードを出発点にして、その結論としての
トラックバックスタンスがある意味正反対になっているというのは、
結構面白かったですね。
読むときに、彼は「多様性」を重視し、私は「S/N比」を重視するということかも…。
まあ、今回いろいろ思うことがあったんで、年明けにでも記事にするかも…。

#304 deputyminister URL 2004-12-31 Fri 05:26

来年もブログへの参入は増える一方でしょうし(うちの近所の小中学生はほとんどやってるとか)
TBに関しては打ち方すらよく理解できていない人もかなりいそうで(私もしばらくわからなかった) TBのマナーを巡ってはちょっとした騒ぎ?になるかもしれませんね。
年明けには、自分の意見(えっけんさんの意見に真っ向から反するかも)を出したいと思います。
今年は何度となく取り上げていただき、いい励みになりました。ありがとうございました。
後半は息切れ気味で内容・文章とも今ひとつでしたが、来年はまがりなりにもスタイルを確立できればと考えています。
今後もえっけんさんのブログ界への問題提起を楽しみにしています。
来年もどうかよろしくお願いします。

#305 えっけん URL 2005-01-01 Sat 13:23

>記事中でリンクを張るのでないなら、何らかの別の形でTB先を記録しておかないと不便だと思いました。
まぁ記事中で貼るのが一番無難でしょうね。
記事でだづのが相応しくない場合でも、一番最初のコメントで、ドコドコにトラックバックしています、というお知らせをするとか。

#306 えっけん URL 2005-01-01 Sat 13:26

>読み手云々よりまずはそこでしょう。
Leftyさんも仰っているように、「読み手のことを考えたら」、それこそ相手へのリンク貼ることは重要でしょう。
そもそもトラックバックされている記事を読むことは少ないけど、リンクされている記事は、木村剛氏のように全文転載されているわけでなければ、読む人は多いと思います。

#307 えっけん URL 2005-01-01 Sat 13:27

>コメントの途中経過を見て、「議論を放棄したのかな?」と思ったので、
>対私を含め、それなりの到達点(?)に達したのはちょっと安心。
コメント欄のやり取りだと、どうしても言葉が悪くなってしまうものでして。
あとこの話はもっといろいろな人の意見を聞いてみたいと思いました。
記事を書いたことは良かったと思います。

#308 えっけん URL 2005-01-01 Sat 13:31

>年明けには、自分の意見(えっけんさんの意見に真っ向から反するかも)を出したいと思います。
大事なのは自分がどういう考えでトラックバックするか、というスタンスだと思います。
それで相手が気に入らなければ削除すればよいのだし。
ただ、片っ端からトラバする、というのはいかがなものか、とは思うので、僕の場合は
「こんなトラバが来たらやだなぁ」というようなものはトラバしません。
deputyministerさんのブログは、gooブログのなかでも更新が楽しみなものの一つです。
あのてのブログは、反対意見の人からの荒らしめいたコメントが多いかと思いますが、僕はああいうコラム、同意するかしないかは別にしても、読むのが大好きです。

#309 こに URL 2005-01-02 Sun 08:49

こんにちは。とても興味深く読みました。
リンク先を読んで、どちらにしろ、トラックバックなんてそれぞれに自分のやり方があってどれが間違っているとか正しいとか言い切れないというのにはそのとおりだと思います。
でも、何となくそこに至る論旨に偏りを感じるのは、書き方の問題なのかなあ・・・と感じました。
そして、「古く狭い定義」(本当にそうなのかは疑問ですが。実は新しく出てきた「狭い定義」な気もします。ことのはさんの記事を読むとそう思うのですが。)の話が蒸し返されるのが何故かといえば、意外と不快に思うやり方でトラックバックを受けるブログオーナーさんが多いので、お互い気持ちよくトラックバックをするには、それなりの礼儀もわきまえた方が良いよということでもあるんじゃないかと。
ついでにいうと、私自身は自分の気に入らないトラックバックを削除する大義名分を手に入れるために、わざわざトラックバックポリシーなんてものまで書いた小心者です(笑)
そういうのをきちんと書かないと不快に思ったトラックバックを削除するのも相手に悪いかなと思ってしまうのでした。

#310 dd URL 2005-01-04 Tue 17:01

記事中にリンクを張ってないトラックバックは失礼、ではたしかにあるかもしれない。だけどしてはいけない、とまではいかないんじゃないかな。
そこまでトラックバックを規制するなら、最初からトラックバック受付をしなきゃいい。普通に日記としてもしくはwebサイトとしてやっていけばいい。
トラックバック、コメントを受け付けてないブログもありますが、はっきりってそんなブログはカスだと思います。存在の無意味。だったらブログをするなと。
リンクを張ってないトラックバックは読者側にも失礼だといいますが、それは間違いでむしろ読者は同じ話題を書いてる記事にどんどん飛びたい。相手先にリンクがはってるかなんて全然関係ない。失礼だ、オレんとこには一切利益がないと怒ってるのはトラバされたほうだけ。ここは読者のためを思ってすこし我慢したらどうですか。
まあもちろんブログの主人である管理人の思うがままですが。決まりはないんだから。

#311 えっけん URL 2005-01-05 Wed 03:35

>私自身は自分の気に入らないトラックバックを削除する大義名分を手に入れるために、わざわざトラックバックポリシーなんてものまで書いた小心者です(笑)
いや、これ結構大事だと思います。
訳のわからないトラックバックを入れてきて、削除したら怒っちゃう人、実際に見たことあるし。
送るのも自由ですけど、削除するのも自由ですよね。

#312 えっけん URL 2005-01-05 Wed 03:36

このコメントに対しては、新たに記事を立ててレスに変えさせていただきました。
そのトラックバック・読者にとって、本当に便利か?
http://blog.goo.ne.jp/simauma_dx/e/7c72c21e5714c71a0c2ab087cc8b58ca

#313 noharm URL 2005-01-05 Wed 07:07

gooだけでも9万以上あるブログの中、TBの打ち方がむちゃくちゃの方っていっぱいいらっしゃいますのにわざわざうちを取り上げていただいてありがとうございます。とにかく注目されたってことはうちもまぁまぁいけてるってことですかね?(笑)
自信持っちゃいましたw(\'\' )\(;)BAKI
・・・・と冗談はさておき、本題に。
おっしゃるとおり、解析つけられないんですよね。スクリプト禁止ですからね。しかも、アドバンスの有料の解析も大したことないんですよね。(涙)なので、TBしますし、同一記事にTB返してもらった方が嬉しいです。コメントに行き来することもうちに来たお客さんが他の関連記事にも行きやすいからです。質問の返事とかしやすくないですか?読んで終了ってあんまりしたくないんです。
トラックバックの逆もあるといいなぁとおもいます。そういうターゲットがblankで開くフォームがあったら嬉しいし、助かると思いませんか?(笑)
ちなみに相手の方のところにTBが多いとか少ないとかは全然考えたことないです。逆に『そういう悪意的見方もできるのか!』とびっくりしたくらいです。練習板以外で同じような内容って少ないんで、うち、たいしたことないです(爆)
トラックバックはウェブサイト間の通知方法を提供するために立案で、例えばAさんがBさんに「あなたが興味を持つかもしれないものがここにありますよ」と伝えるための方法・・・ってことだと解釈してます。
考え方は10人10色ですから、仕方ないです。。。
でも、全く記事と関係ないトラックバックとか、記事と違うとこに誘導されたり金儲けに利用されたりって場合のトラックバックスパムはとても困りますね。意味ないですもん。興味もないですしね・・・。

#314 noahrm URL 2005-01-05 Wed 08:14

今気付いたんですけど・・・
返さない方がいいですかね(^^?

#315 Lefty URL 2005-01-05 Wed 14:57

素朴な疑問なんですが…。
>トラックバックの逆もあるといいなぁとおもいます。
それ「リンク」っていいません?

#316 えっけん URL 2005-01-05 Wed 23:16

コメントでもトラバでも良いのですけど、これくらい書くのならむしろトラックバックのほうが良いと思うんですが。
あ、僕は長文歓迎ですけど。
>でも、全く記事と関係ないトラックバックとか、記事と違うとこに誘導されたり金儲けに利用されたりって場合のトラックバックスパムはとても困りますね。意味ないですもん。興味もないですしね・・・。
同じ話題に触れていても、自分の記事に言及していなかれば、関連のない記事への誘導と考える人も多いです。
単に名前を出すだけならトラックバックはいらない、と宣言する人もいて、なんだか面倒なんですが。。。

#317 えっけん URL 2005-01-05 Wed 23:19

結局「トラックバック」の仕組み(マナーではなく)を理解されていない人が多い、ということなのでしょう。

#318 noharm URL 2005-01-06 Thu 08:03

リンクですが・・
リンクじゃなくてリンクが簡単に入れられる・・って(汗)
つか、よく「間違えて」リンクしちゃうんで・・・
それのほうが失礼だったり、見た人に怒られたり(汗)

#319 noharm URL 2005-01-06 Thu 08:04

うちに来る別のお客様が「なにこれ?」ってなるものは記事にできないですよ(苦笑)
それはあくまでも「コメント」です。
文章をまとめられなくて長文になってすいませんでした・・(汗)

#320 えっけん URL 2005-01-06 Thu 09:17

>リンクじゃなくてリンクが簡単に入れられる・・って(汗)
すまぬ、意味不明。
>それはあくまでも「コメント」です。
了解。
長文になっていることについては、「こんなに書けるなら自分の所で記事として成立させられそうなのに、もったいない」という程度の意味です。
一般的に長文コメントは嫌われる傾向にあるようですが、その長さが必要と思われるものであれば、僕はむしろ喜ばしいことと考えております。

#321 noharm URL 2005-01-06 Thu 15:33

http://blog.goo.ne.jp/persempre1220/e/633615c3b42639e8add1a5baed590bb8
これをご覧になってくださいね↑
この練習板の記事の返事ではないです。
違う考え方だったので他の人にも読んでいただきたくてこっちを指定してTBをいただいたのです。
この練習板の記事自体ほうでもめたように書かれたのが心外だったのです。
リンクはありませんが、練習板をやったら分かると思います。
面白いお題で面白い記事でついはまりすぎたのです。

#322 えっけん URL 2005-01-06 Thu 23:18

別に僕のところに来たトラックバックではないので、それが迷惑とか、不快だとかいう話ではないのですけど、トアックバック練習板にトラックバックしたもの同士のトラックバックは、相手の記事の触れていない限りは、不要、と僕は考えます。
同じテーマの話題を読みたければ、トラックバック練習板に寄せられた他のトラックバックの記事を読めば済む話だからです。
後で書く記事で触れるつもりでしたけど、単に扱っている話題に共通性がある、という程度のものであれば、gooブログでも用意している「テーマサロン」などのトラックバック集積所(BlogPeopleのトラックバックピープル他、たくさんあります)を利用したほうが賢明だと思います。
話題が同じだけのトラックバックが大量に来た場合、本来その記事にとって関連の深いトラックバックが目立たなくなるからです。
もっとも、ブログ主間でその手のトラックバックについて合意がある場合は、この限りではありませんが。

#323 7743 URL 2005-01-07 Fri 06:59

トラックバックについてよく考えているえっけんさんは
http://owaraisapuli.ameblo.jp/entryf8cc92ebb7d95cc6c40031625f340948.html
についてどう思われますか。

#324 LSTY URL 2005-01-07 Fri 07:07

>■ なんか
>一瞬にして、スパムTBに侵食されましたね。>スパムTBより早くTB貼れて良かったです。
>konitanblog (20041130 22:52:42)
ネタですか、これ?(笑)

#325 Lefty URL 2005-01-07 Fri 07:59

「鉄腕DASH(だっけ?)の企画」を騙った
チェーンメールが一時期はやりましたね。

#326 えっけん URL 2005-01-07 Fri 12:34

実にくだらないトラックバックの使い方だと思います。
以前そのブログからトラックバックされたことがありますが、関連性の不明なものでしたし、単にアクセス稼ぎのものとしか思えません。
トラックバックを使ったイベントとは思うものの、こうした使い方が蔓延すれば、トラックバックから良い記事を見出すという目的は一切なくなるでしょう。
さすが賞金制度を設けているブログサービスといった感じです。

#327 えっけん URL 2005-01-07 Fri 12:36

>ネタですか、これ?(笑)
雨風呂の場合本気とも思えるところが恐ろしいのです。

#328 えっけん URL 2005-01-07 Fri 12:36

それ、ウチの家人が引っかかっていました。
とほほです。

#329 ブリ URL 2005-12-27 Tue 06:51

ブリといいます。トラックバックのことを書いた記事をいろいろ辿ってたらココについてしまいました(笑)。
いやぁ。結構な情報量で(喜)。いろんな人の記事を引き出して「自分はこう思う」というスタイルは結構斬新です。つか他のところはマナーとかばっかりなんで(汗)。目からウロコというか。
つい最近自分もTBを削除されたのですよ(とほほ)。内容も同じ記事だし普通にコメントするより「こういうのがあるよ」という説明になるのでは?と思いトラバしたのです。それがさっくり削除されてしまい・・。
軽く凹んだのですがもっと頭にきたのが自分より後にトラバしたブログがスルーなのですよ(内容はその記事の感想が一言『内容が充実している』だけ)。
「リンクされたい」とか「宣伝になるから」とかではなくて只「こういうのもあるよ」と教えてあげたかったからなのですが・・。なんかアホらしくなってそのブログ、ブックマークから外しました。
つらつら長く書いてすいません。
更新頑張ってくださいね。でわでわ。

#330 えっけん URL 2005-12-29 Thu 13:21

基本的には「誤解されないために」リンクくらいはしておいたほうが良いと思います。
書くブログサービスには、「リンクのないトラックバックは拒否」の設定をしてもらいたいところ。
自分は「相手に良かれ」と思って送ったもので、相手のTBポリシーが異なれば、スパム扱いされる、これはTBを送った方、送られた方両方にとって不幸な結果となります。
もっとも、サービスで「TBにはリンクが必須」となればなったで、リンクしつつ検索スパムTB送るやつはいるだろうけど。

#331 ブリ URL 2005-12-29 Thu 22:38

レスどうもです。
いろんな人のブログ回って読んでだいたいTBのことがわかりました。なるほど。
でも自分、削除されるよりも(プチっと凹むが合わなかったんだな~と思ったし)次にTBされた「内容が充実している」というたった一言に負けたのが悔しかったんですね。ま、別に今となってはどうでもいいことなんですが(汗)。
けっこうココは読み応えがありますね。コメントめちゃくちゃ多いし。えっけんさんって人気あるのですね(笑)。

Trackback+Pingback: 3

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/32-16ebb987
Listed below are links to weblogs that reference
そのトラックバックはどうだろう? from ekken
Trackback from 2005-01-06 Thu 08:04

トラックバックから考えるインターネット文化の変化 

最近頂いたコメントやトラックバック先のブログを読ませて頂いたところ、複数のブログでトラックバックの使い方に関する記事が存在し、目を引きました。基本的には「リンクされていないブログからのトラックバック」や「トラックバックの削除基準やそれに類する考え方」に関 (more…)

Trackback from 2005-06-28 Tue 05:27

ミュージカルバトンとトラックバック 

日記を休もうとしていたが、私の日記に反響があったので日記を書かざるを得ない。そこで26日の日記に書くこととした。ミュージカルバトンなるものが流行していること。そして私はそれに参加しないことを6月21日の日記に書いた。ミュージカルバトンが「チェーンメール... (more…)

Trackback from 2005-08-15 Mon 20:39

【ネット関連】 トラックバックとは何か~これからブログを始める人に~ 

ブログを始める人にとってトラックバック(トラバ、TBなどと略す)とは何かという疑問があるだろう。具体的なイメージはやっていくうちにわかるものであるが、3分でわかるトラックバック [はじめてのウェブログ [weblog for beginners]]http://kotonoha (more…)

Home > Web > そのトラックバックはどうだろう?

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。