スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/304-61f53893
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > 言及コメント全てに反応する必要は無い

言及コメント全てに反応する必要は無い

はてなブックマーク - ふんだりけったりの舞台裏 / 2006年08月16日

[はてブ][1]なんか論点がお互いにずれてる。 / ←って書くとどうずれてるのか気になると思うのだがなぁ

全く気にならないかと言えば、そんなことはないのだけど、気にしても仕方がないというのが正直なところ。

「論点がどうずれているか」を書いてくれないと反論のしようもないのだし、その一言にムッとして噛み付いても意味がないと思うのです。「論点がずれているよ」程度のコメントを残す者が、そのエントリについて更なる説明を求めるのであれば、もっと相手の意見を引き出しやすくする必要があるわけで、そのくらいのブクマコメントから議論を発展させようなんて考えは図々しいにもほどがある。

だからと言ってブクマコメントではなく、該当エントリのコメント欄で「なんか論点がお互いにずれてる」と書かれた場合はどうか? というと、やはりこんなコメントにいちいち対応なんかしてられないわけでして、自分のブログのコメント欄に寄せられた物にたいして回答を義務化するのはブログ運営を窮屈なものにすると思います。


はてなブックマークの普及は、外部で言及される機会を増大させたのですが、その言及は必ずしも質の高いものではなく、そのブログ運営者にとってはどうでも良いコメントが顕在化しただけなのかもしれません。

blog comments powered by Disqus

Comments: 1

#1738 zxcvdayo URL 2006-08-17 Thu 01:03

言及されたid:zxcvdayoです。
はてブのコメントの方にも書きましたが、
「じゃああまりにも筋違いのこと書かれてそれが自分の利益をそこねる場合はどうすればいいんだ」、というようなことを前のエントリでも思ったわけです。
このエントリでも同じようなことを思いましたが、「はてなブックマークに反論が出来ないなんて誰が言ったんだ?」という記事にしっかり書かれていました。

なぜ先のエントリのブクマコメントで「論点がずれてる」と書いたのかというと、挙げられていた言及先2つの主張はどちらも「コメントに反応したいのだが、できないからはてブ使うな」だと思われるからです。
反応したいと言う人に対して、反応を求めていないと言うのは、どちらも主張するだけして一方通行になっているように見えました。

「はてなブックマークに反論が出来ないなんて誰が言ったんだ?」というエントリには、自分も同感です。そしてこれは言及先の主張に対する反論として適切なものだと思います。
じゃあなぜそれを先に挙げなかったのかというのが、今回の件に対する自分の考えです


#元を正せばid:todesking氏の主張がわかりづらかったというのがあるんですけどね。
#というようなことをブクマコメに書きたかったんですけど、100字制限の厳しさをはじめて知りました

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/304-61f53893
Listed below are links to weblogs that reference
言及コメント全てに反応する必要は無い from ekken

Home > Web > 言及コメント全てに反応する必要は無い

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。