スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/294-0d0bc620
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > ネガティブコメントの傾向と対策

ネガティブコメントの傾向と対策

自分の書いた物に対しての異論・反論が、自分のブログのコメント欄ではなく、別の場所でなされた時に、よく見かけるのが、「文句があるなら、ここに書けよ」と言う類の物です。

はてなブックマークの流行もあってか、相手のブログの記事に対する苦情・異論・反論・批判・悪口・罵声etc.etc.(以下、便宜上、これらをまとめて「ネガティブコメント」とします。区別する必要がある場合は、それぞれ書き分けます)が、対象になっている人のサイトスペースではなく、他の場所で行われる事が多くなりました。

相手が知りえない場所でのネガティブコメントは、陰口に近いものと悪意を感じるので、それが正当な批判であっても、好ましい物ではないです。

だからネガティブコメントは、相手に分かる場所に書きましょう、というようなことを、僕は何度か書いてきたわけですが、じゃあ「相手に分かる場所」ってどこ?


ネガティブコメントが発せられるいくつかのパターンを考えてみました。

  • 相手のブログのコメント欄
  • 自分のブログに書いてトラックバックを発信
  • 自分のブログで書いてトラックバックはナシ
  • はてブなどのコメント機能付SBM
  • 2ちゃんねるなどの匿名掲示板
  • 会員制ネットワークシステム(mixiとか)

以下、このパターンについて、考察します。

相手のブログのコメント欄

個人的には、自分のブログのコメント欄での「苦情・異論・反論・批判」は構わないと思いますし、このことは度々書いていることです。但し発言者の中には「苦情・異論・反論・批判」と「悪口・罵声」を区別できていない人もたまにいるようです。

どちらも「自分が気に入らなければ」削除して構わないのですが、ROMも含めた他の閲覧者の多くが、削除する事について納得できる(単なる嫌がらせと判断できる)物でなければ、「ここのブログ主は、都合の悪い発言だけを削除する人」と思われる事に注意が必要です。

また、コメントをする側としては、削除される可能性があることを考えると、異論・反論の場として相応しい物ではない、判断する場合もあるでしょう。真摯に書いた異論・反論が、相手の都合で消されるのは忍びない物です。

そのブログの記事の是非を広く問う場合で、尚且つそのブログの閲覧者数が少ない場合、相手のブログのコメント欄に書くよりも、他の場所で書いた方が効果があるので、相手のブログ内でのコメントを避けることも考えられますね。


自分のブログに書いてトラックバックを発信

ブログツールの使用においては、この方法が一番好ましい「批判・異論・反論」の方法と考えます。

相手のブログエントリでのコメントとは異なり、「反論がなされた」事を抹消する事が出来ません

送られたトラックバックを削除する事は出来ても、相手のブログに残された言及記事そのものを削除する事は出来ません(相手がこちらのブログサービス等に、誹謗中傷として削除依頼をする事もあるかもしれませんが、それが正当な批判であれば、相手の理不尽な要求に安易に応えるようなサービスには、とっとと見切りをつけたほうが良いと思います)。

その「批判・異論・反論」が、第三者の目から見ても不当な物と言えない物の場合、最も有効な手段ではないかと思います。

もちろん多くの第三者が、そのエントリを「単なる罵倒・悪口」と判断するような内容の場合、わざわざ恥をかくためトラックバックとなってしまうのは言うまでもありません。


自分のブログで書いてトラックバックはナシ

これは、さらにいくつかのパターンに分けて考えた方が、よいのかもしれません。

  • リンクする
  • リンクしないが、URLの記述・または誰もが簡単に相手を特定できる書き方
  • リンクせず、URL記述ナシ、相手を特定できる要素もナシ

相手にアクセス解析があることが分かっている場合、トラックバックはしなくても、リファラによって知らせていることにはなるでしょう。但し、相手のアクセス解析の性能が低い場合(gooブログの場合、上位20件しか取得できません)や、相手がアクセス解析を確認していない事もあるので、「知らせているつもり」でも相手に届いていない事もありえます。それでも「解析があることを知って行う」場合は、敢えて喧嘩にするつもりさえなければ、そう間違った行為だとも思いません。

ネガティブコメントを嫌う人が多い事から、相手の読者への影響を考えて、敢えてトラックバックはしない、という考えもあるのかもしれませんが、中には「トラックバックもしないで反論する、チキン野郎」と思われるケースもあるようなので、個人的には、対象が明確なネガティブコメントの場合は、トラックバックすることを推奨します。


リンクせずにURIの記述、または誰にでも簡単に相手を特定できるような書き方の場合は、仮にそれが「単なる罵倒・悪口」のつもりはなくとも、第三者にはそう思われても仕方のないものになると思うし、そういうやり方を行う人は、「批判」のレベルには達していない物が多いような気がします。

そのくせ、相手本人にバレた場合に、理不尽な逆切れをし、再反論された場合に「キモイ・ウザイ」を連発し、議論放棄しているのを見かけます。性質が悪いのは、その人にとっては「キモイ・ウザイ」などの罵声を浴びせる事も、議論の一つであると思っているケース。こうした人と話し合いを続けても、何一つメリットはないので、たとえ相手に「逃げた」などの勝利宣言をされても、無視する事をおすすめします。


URI記述ナシ、相手を特定できる要素もナシの場合は、ネガティブコメントとしての問題点は、ほとんど無いものと思います。

特定の誰かに向けて書いた物ではない、あるいは「誰が言ったか」よりも「何が行われたか」を重視した意見の場合は、個人攻撃と思われる誤解を避けるために、有効な手段と思います。

但し、そのネガティブコメントの内容によっては、「何が行われたか」に属する人の怒りや顰蹙を買い、手痛いしっぺ返しがある可能性もあるでしょう。

また、どんな内容であれ、過敏な反応を起こす人はいるようで、最近面白かったのは、「えっけんが書いていることは、全て僕に対する批判なのです」というコメントが某所であったこと。自意識過剰にも程があります。


はてブなどのコメント機能付SBM

基本的には「自分のブログ内でリンクして言及、だけどトラックバックはしない」というものと、あまりかわりは無い物と思います。

が、パーソナリティのハッキリしない人のネガティブコメントは、黒木ルールにおける匿名者の発言に近いものを感じます。

はてなブックマークは、デザインの編集画面で自分のサイトへのリンクを設定する事ができる(ブックマークタイトルの横の家のアイコンになる)のですが、僕としては、このアイコンの無いブクマのコメントは、あまり重要視しません。


2ちゃんねるなどの匿名掲示板

中には真理をついた有用なネガティブコメントもありますが、たとえコテハンを使っていても、黒木ルールにおける匿名者の発言であり、あまり気にする必要は無い物と考えます。少数で多数を演じる事もできるし、擁護コメントが出された場合でも、「本人乙」などの言葉とともに抹消されるケースが多い。全てのスレッドがそうだ、という事ではないのですし、実の所、批判的な物よりも、賛同を表すコメントとともにリンクされる事の方が多いようです。

それでも僕は2ちゃんねる内での言及は、あまり好きではありません。

その理由として、リダイレクトを通して行われることや、専用ブラウザからの閲覧者が多い事から、どこでその発言がなされているか、被言及者に把握しにくい事があります。googleのドメイン指定検索や2ちゃんねる検索など、方法が無いわけではありませんが、自分の立場を誤魔化して行われるのは、生理的に好かんなぁ。


会員制ネットワークシステム(mixiとか)

上記の匿名掲示板と同様、発信先を突き止めにくい事と、被言及者が会員になっていないと、どんな言及がなされたか分からないことで、好ましくないコメント方法だと思います。

その上リファラは飛ばしてくるから始末が悪い。

相手との話し合いを放棄した上での批判は、とかく単なる悪口になりやすいもので、どんなヒドイ事を書いても、内部告発でもない限りはバレる事も無い点で、ネット上に公開できる陰口の場としては最適なのかもしれません。

被言及者としては、会員制ネットサービスからのリファラがあった場合、ポジティブに「良い事で取り上げられている」と信じて、内容については気にしないのが良いのかもしれません。


この記事の始めのほうに書いた「相手に分かる場所」というのは、相手のサイトの環境(アクセス解析の有無やその性能)にもよるのでしょうが、ネガティブコメントは、相手本人以外の人物が見た時に「ただの悪口を言っている」と思われないためにも、相手にとって気付きやすい場所に書いておく方が望ましいものだと思います。

このエントリは2005年12月5日にEKKEN♂(当時のブログ名は「むだづかいにっき♂」)で発表したものの再掲です。一部改稿しています。

blog comments powered by Disqus

Comments: 0

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/294-0d0bc620
Listed below are links to weblogs that reference
ネガティブコメントの傾向と対策 from ekken

Home > Web > ネガティブコメントの傾向と対策

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。