スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/287-0061f890
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken
Trackback from 明日は明日の風が吹く 2006-08-09 Wed 22:40

[ネット]誤字指摘の留意点(from ekken♂) 

 誤字・脱字の女王をネトゲで知ってるから(女王なのに数人いる(笑))、あまり本気で指摘しようとは思わないな。ネタにはなるけれど……間違ってるよ~とコメント欄なりメールなりで指摘をしたりはするけど、別にそれは些細な事であって、本質ではないと思っているし。   (more…)

Home > スポンサー広告 > 誤字指摘の留意点

誤字指摘の留意点

ウェブサイト上の誤字の指摘について、考える事をちょっとメモ。


自分が指摘される事について

ブログなどに付随するコメント欄で指摘するのは失礼だ、と考える人もいるけれど、個人的にはいちいちメールで指摘されるのも鬱陶しいので、指摘してくれるのならコメント欄でその事実だけを指摘してくれるのが好ましいと考えます。

メールアドレスは、今見ている画面の下の方に画像で表示しているけれど(ekken.san★gmail.com)、あんまり確認しないし、心当たりの無い件名が表示されているメールの場合、読まずに捨てちゃう事もあるので、コメント欄の方が確実です(一度に多数のコメントが寄せられた場合、見逃す事もあります)。

誤字の大部分がタイプミスか変換ミスなので、特にバカにされたと考える事はないものの、ごく稀に素で間違っている事もないわけじゃないので、指摘自体は有り難いと思う事も少なくないです。


自分が指摘する事について

だいたいにおいて数箇所の誤字では、前後の文脈からなにを言わんとしているかは分かるので、めったな事では指摘しません。もし指摘するとすれば、その誤字によって文意が複数の解釈になる場合です。

「指摘はメールでお願いします」と書かれている場合は、面倒なので指摘しません。但し、該当箇所を引用する場合は、「原文のママ」などの注意書きを行う場合もあります。


他人が指摘しているのを見て

意見を異にする者が誤字をしているのを見て、鬼の首を取ったかのように喜んで相手を馬鹿にする人を見かけますが、意見の本質とは無関係な部分で勝利宣言をしても、端から見たらその攻撃的な指摘をしたほうが馬鹿に見えるだけです。

そもそも誤字の指摘をしたい場合、悪戯に長文を用いないほうが良いと思います。誤字の指摘をする場合、簡潔にその事実だけに留め、他に意見がある場合は機会を改めたほうが無難です。

なぜなら、ある程度まとまった量の文章では、誤字を指摘するその文章内にも、どこかに誤字や脱字が存在する事が多いから。

その文章内の誤字指摘部分が、事務的な確認事項として存在するのならまだしも、相手の誤字脱字について過剰に嘲笑を用いて指摘する文章内に、指摘者側の誤字があるのは非常にみっともないものです。


同じような理由で、他人の文章力の低さを指摘するのも危険行為。

文章がヘタクソだね、と見下す当人のブログって、だいたいにおいてたいした事が書いていない事が多いものです。

blog comments powered by Disqus

Comments: 3

#1699 ののか URL 2006-08-09 Wed 18:56

私は自分の文章力にとても自信がないので、明らかな誤字は指摘された方が、ありがたいかなあと思います。
余談ですが、「こわいおじさんはないんだよ」のコメント。あのときから、えっけんさんのイメージが「こわいおじさん」から「こわいおじさんだけれど、ちょっと面白いおじさん」に変わったような気がします。

#1701 えっけん URL 2006-08-09 Wed 23:58

す、素敵なお兄さんとお呼びっ!

#1704 LSTY URL 2006-08-10 Thu 11:29

 誤字と誤用があって、誤字というのは多くの場合、変換ミスだったりするのであんまり指摘しようとは思いませんが、誤用の場合は指摘するかなあ。僕がよく言ってる「的を得る」とか。
(あ、ATOKだと「的を得る」はメッセージ出るけど「当を射る」は出ないな)

 昔、あるブログで言い回しに関する指摘をしたんですよ。これはおかしくないですか?わかりにくいと。そうしたら第三者が「そんな本質的でないことは書くな」みたいに横やりを入れてきてアホかと思った覚えがあります。「言い回しがおかしいから、あなたの言ってる事は間違ってる」なんて言ってないのに。

 しかし、こういう事、指摘されるのを毛嫌いする人が多いので、最近は僕も出来る限り「見て見ぬふり」をするようにしています。馬鹿は馬鹿のまま死ねばいいや、と思って。
 僕自身は指摘されるのはありがたいです。

Trackback+Pingback: 1

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/287-0061f890
Listed below are links to weblogs that reference
誤字指摘の留意点 from ekken
Trackback from 明日は明日の風が吹く 2006-08-09 Wed 22:40

[ネット]誤字指摘の留意点(from ekken♂) 

 誤字・脱字の女王をネトゲで知ってるから(女王なのに数人いる(笑))、あまり本気で指摘しようとは思わないな。ネタにはなるけれど……間違ってるよ~とコメント欄なりメールなりで指摘をしたりはするけど、別にそれは些細な事であって、本質ではないと思っているし。   (more…)

Home > About > 誤字指摘の留意点

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。