スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/268-4fbfcf49
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > NGワード・よろしかったらTB返しお願いします

NGワード・よろしかったらTB返しお願いします

なんだか最近見かける事が多くなったなぁ。

こういうフレーズがどのように生まれてくるかといえば、この発言をした人が、言及のないトラックバックを送っているからです。

同一話題の情報共有のために送られるトラックバックは、僕が嫌いなだけで「非」とされるものでもないと思いますが、大事なのは「相手に対して、相手が求めている情報を与えられるか」だと思います。明らかに相手の記事よりも情報量が少なく、その質が低い物からのトラックバックは、相手本人だけではなく、そこからトラックバックを辿って多くの情報を得ようとする人たちからも、低い評価をつけられてしまうのです。

相手の記事とは違ったものの見方をしていて、新たな視点を与えてくれるようなトラックバックは、たとえ言及がなくとも嫌がられるものではないと思います。そういう意味では、「言及のないトラックバック」を全てスパム扱いするのももったいない話だとは思いますし、送信者が「スパムと思われない為の工夫」として送信先に挨拶代わりのコメントを残していく事は、僕は否定しません(ただし、「言及・リンク」の通知がトラックバックの本来の使い方だとは思いますが)。

でも、この挨拶時に、ついうっかりやってしまいがちなのが「よろしかったらTB返しお願いします」ですね。

これが何故いけないのかというと、何の事はない、控えめな発言とは言え、相手にトラックバックを送らせる手間を強いているからです。

要するに、「相互リンクを完成させる為に、あなたからもトラックバックを送って下さい」という意味でしょう。

相互リンクを完成させる為なら、相手に手間をかけさせなくとも、トラックバックを送信した自分の記事に、「関連記事一覧」とでも記して、トラックバック送信先の一覧を羅列すれば済む話なのです。

もし「そんなの面倒です」と言うのなら、自分が相手に記事の編集画面を開かさせ、「トラックバック返し」を要求するのは、かなり我侭な行為といえるでしょう。


トラックバックを送る自分が、相手のブログに対してリンクを貼れば、「トラックバック返しして」なんていう要求は、出てこないはずなのです。リンクをしているにもかかわらず、トラックバックを送りあうのは、あまりに非効率的だし、お互いのブログのサイドバーについている「最新のトラックバック一覧」の回転を早めているに過ぎません。

で、かなり穿った見方になってしまうのですが、この「トラックバック返しして」と要求するブロガーが、トラックバックの数をランキングにするサービス(例えばSeesaaブログなど)を利用していれば、ただのトラックバック乞食か、と思われても仕方がないことだと思われます。

blog comments powered by Disqus

Comments: 0

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/268-4fbfcf49
Listed below are links to weblogs that reference
NGワード・よろしかったらTB返しお願いします from ekken

Home > Web > NGワード・よろしかったらTB返しお願いします

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。