スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/256-758e3364
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > 学校のネット教育は、道徳的な物より危機管理術を先に教えるべき

学校のネット教育は、道徳的な物より危機管理術を先に教えるべき

多くの教育機関関係のウェブサイトでリンクに許可を求め、児童にも「自分のホームページに他所へのリンクをする時は相手の許可を貰ってからにしましょう」という教えをしているようだ。

教育機関が「リンクは許可制」を児童に刷り込む事で、将来的にはそれが大部分のネットユーザーの‘一般常識’になるかもしれない。個人的にはあんまり考えたくない未来だけど、他人の嫌がることはしていけないというNHK教育テレビ的な発想(本当はリンクを禁止される事を嫌がる人の存在を無視しているから、正しいとは言えないことだけど)だから、教育機関が何とかコレを推し進めたい、というのは分からぬでもない。


でもコレはやはり危険な教えだと、僕は思う。

もし仮に「無断で他者のサイトにリンクするのは、非常識極まりない行為」という風潮になったとしても、‘非常識極まりない人’の存在がなくなるとは思えない。少数派になったとしても、このような人は生き続ける。

勝手にリンクされないからといっても、誰からも見られていないわけでもないのに、妙な安心感をもって「第三者には知られたくない情報」を書き綴るのは、あまりに人が好すぎる。

もし無断リンクする事が常識に外れる行為だとしても、無断リンク禁止宣言を高らかにするのはマヌケな行為なのだ。無断リンク禁止を明言する事で「人には見られたくない何か」を書き綴っている事がバレバレになる。悪意をもっている人に常識を求めるのは無意味なんだから、誰が見ているかわからない場所に秘密の情報を書いて「勝手に見るな」と言うよりも、見られる場所には見られてもいい事しか書いちゃいけない、ということを先に教育すべきだと思う。


無断リンク禁止宣言さえ出しておけば、勝手にリンクする奴はいないから安心だ、というのでは危険防止対策ができているのではなく、単に「私はバカでぇす!」と宣言しているに過ぎない。

そしてネット上の危機管理能力の劣った子供を増殖させる、教育機関のIT教育は最悪だ。

blog comments powered by Disqus

Comments: 0

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/256-758e3364
Listed below are links to weblogs that reference
学校のネット教育は、道徳的な物より危機管理術を先に教えるべき from ekken

Home > Web > 学校のネット教育は、道徳的な物より危機管理術を先に教えるべき

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。