スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/203-b14c6a30
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > くたばれ 検索トラックバッカー

くたばれ 検索トラックバッカー

検索トラックバッカーというのは、検索トラックバックを送る人の事ね。

自分が書いた記事を投稿する際に、ブログ検索などで共通する話題を書いているブログを見つけ出してトラックバックを送る「検索トラックバック」は、かなりの高確率で嫌がられるトラックバックなのですが、中には「同じ話題を扱っているのだから、これはスパムではない、正しいトラックバックの使い方だ」という人も存在します。

彼等が検索トラックバックを正当化する際に、よく引き合いに出されるのが、sixapartのトラックバック技術仕様書です。

トラックバックの技術仕様

・ブロガーBは、自分のサイトにある特定の投稿を参照したすべてのサイトを自動的にリストでき、ブロガーBのサイトの読者は、ブロガーAの投稿を含むウェブ中の関連した投稿を読むことができます。

・pingは、別のブロガーのエントリーとあなたのエントリーの間に、確かで明白なリンクを提供します。これは、外部のアクション(あなたのエントリーへのリンクを誰かがクリックすること)による、リンク元ログのような暗示的なリンクとは異なります。

この2番の解釈だけを取り上げると、Six Apart Movable Typeでは、言及の有無どころか、同一話題を扱っているか否かも考慮していないのですね。

リンク元ログ(アクセス解析で残るリファラの事でしょう)のような暗示的なリンクではない、としているのだから、トラックバック送信者側から受信者側へのリンクがあることは、仄めかしているようです。

これ、「こそこそリンクをするんじゃなくて、リンクをしたら知らせよう! でもいちいちメールで通知したり、コメントするよりもトラックバックを使えば簡単だよ」という解釈は出来ないでしょうか。(つまりトラックバックに事前報告・事後報告は不要、ということです)


個人的には、リンクしたという理由だけで、トラックバックを送る事には、あまり賛成しません。なぜなら、受信した記事のトラックバック一覧から送信者の記事を読みに行っても、受信者の記事以上の内容が得られないと、読む価値が低いから。

他にも「リンクしたことで宣伝トラックバックが正当化される」問題もあります。リンク通知トラックバック参照


「トラックバックには相手記事への言及が必要」と主張する根拠は、この「宣伝トラックバックの正当化を認めない」にあると思います。言及行為にはリンクが伴うものだからです。


その一方、技術仕様書の1番と2番の都合の良い部分だけを抜き出して「関連性のある記事にトラックバックを送ることは正当な行為」「必ずしも言及の必要はない」とする考えがあります。

例えばこんな感じ。

BLOG STATION:トラックバックは効果的に

1番目のほうは、「あなたの意見はアレだけど、私はコレだと思うよ」というタイプのもの。

2番目のほうは、「僕もスター・ウォーズを見たので、記事を書いたよ」というタイプのものですね。

なあんだ。最初から、二つあったのか、という話です

BLOG STATIONのKenさんは、非常に面白いトラックバックの使い方をする人です。彼がトラックバックによって広げたコミュニティは、かなり大きなものです。トラックバックの楽しさをKenさんから学んだ、という人も大勢いることと思います。

しかし、僕が彼から受けたトラックバックをスパムだと思ったことはない物の、Kenさんの上記引用文にはちょっと違和感を覚えます。

引用文の続きです。

BLOG STATION:トラックバックは効果的に

■トラックバックを送る場合は、関連性のある記事に送ろう

スター・ウォーズについて書かれた記事に対して、スター・ウォーズについての記事からトラックバックを送ることを、当ブログでは緩やかなコミュニケーションと位置づけています。スター・ウォーズとは無関係な記事を、ブームに便乗して、トラックバックを送るのは、スパム行為と捉えられてしまいますね。そういうのは、効果的な宣伝とはいえません。

また、「新宿でスター・ウォーズを見た」という記事に対して、「新宿」だけのつながりで、「新宿でバーゲンやってるよ」というトラックバックを送った場合、受け取った相手にどう思われるでしょうか。

要するに、相手の記事をちゃんと読め、ということですね。

この引用文の最後に書かれた相手の記事をちゃんと読め、ということですねの部分は同意なのですが、「スター・ウォーズについて書かれた記事に、スター・ウォーズについて書いた記事からトラックバックを送る」こと、果たしてこれは「関連性のあるトラックバック」なのでしょうか?

トラックバックを送信した人にどんな意図があろうと、こんなトラックバックの使い方では、受信した本人ばかりでなく、受信したブログの読者にとっても、宣伝の為のトラックバックだと思われても仕方がありません。少なくとも、普段からこうしたトラックバックを送ることについて相互理解が得られている者同士以外に送信するのは、危険な行為でもあります。その程度の関連性によるトラックバックは仲良しトラックバックだけにしておいた方が良いでしょう。

余談ですが、僕はこの「仲良しトラックバック」でさえも、こんなものばかりが集まるブログに寄せられたトラックバックは読みませんけどね。

同じ話題を取扱ったブログなんてのは、トラックバックに依らずとも、ブログ検索で簡単に見つけられるのです。ブログ検索の仕方を知らない初心者にとって、こうしたトラックバックは便利なものかもしれませんが、僕はこうしたトラックバックが「スタンダードな使い方」として蔓延する事を危惧します。良質なトラックバックが「ゴミの山の中の宝」となってしまえば、わざわざ面倒な思いをしてまで「宝のトラックバック」を探そうとは思いません。これではトラックバックを送られたほうだけでなく、送った方も不幸な結果となってしまいます。

スター・ウォーズについて書かれている者同士だから、というのは、僕はその「関連性」は、極めて希薄なものだと思います。送り先が書いている「スター・ウォーズに関する話」そのものについて書くことで、トラックバック送信に価する「関連性」が生じてくるのです。

関連性って、そういうものじゃないですか?

取り上げられている話題の内容に関連性がある、というのは、トラックバック送信の動機として極めて不純なものですよ。

仮に送信者が「相手の記事をよく読んだ」ものであったとしても、受信した側が「読んでもらって記事を書いてくれた」と感じてくれなければ、それは相手にとっては宣伝トラックバックに等しいのです。

過去に数度、検索トラックバッカーに「同じ単語が出てくる、という以外の理由が見出せない。送信したトラックバックの数が尋常ではなく、明らかな宣伝行為だ」と問いただしたところ、彼等はほぼ例外なく「送信先の記事を読んだから送った」と回答しました。

しかし受信者はもとより、受信者ブログの読者でさえも「送信者が送信先の記事を読んだ」と感じさせなければ、そのトラックバック送信者が「宣伝トラバの発信者」という烙印を押されても当然のことです。

読んだから送信したと言うのなら、それがただの宣伝トラックバックではないことを示す為に、「相手の記事を読んだ」という誰もが分かるような記述をすれば良いのに、それを行わずに「読んだから送信した」と反論されても、納得する人は少ないものです。

要するに、「やっぱり言及はしておいた方が良い」ということで。

関連

記事を書き終えてから送信先を決めているようなトラックバックは、十中八句、宣伝トラックバックと思われるでしょう。

自分が発するトラックバックが、そんなスパムまがいのものだと思われないためにも、相手の記事に触発されたことが十分伝わるように記事を書きたいものです。



補記

このエントリはEKKEN♂:くたばれ 検索トラックバッカーで書いた物を加筆修正したものです。寄せられたコメント・トラックバックは、そちらでご覧下さい。

blog comments powered by Disqus

Comments: 0

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/203-b14c6a30
Listed below are links to weblogs that reference
くたばれ 検索トラックバッカー from ekken

Home > Web > くたばれ 検索トラックバッカー

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。