スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/161-2c52450c
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken
Trackback from 日々是自己主張 2006-05-29 Mon 13:51

「声高に叫ばれている」と感じる心理 

 自分の意見を自分のブログに書いているだけなのに、なぜか「声高に叫んでいる」とか「騒ぎを大きくしている」と受け取られる理由。 (more…)

Trackback from とりあえず 2006-06-03 Sat 21:04

価値観の押し付け 

一応、他人のコメント欄で粘着するのもどうかと思うので、適当にスペース作って思った事を書いてみる。もとは、えっけんさんのブログ「ekken♂」にある、『どういう時に「価値観の押し付け」を感じるか』とのエントリ。ふっくんでコメントを書いた者です。私は、リンクを「 (more…)

Home > スポンサー広告 > どういう時に「価値観の押し付け」を感じるか

どういう時に「価値観の押し付け」を感じるか

ekken♂:相手が「読まない」と言っているトラックバックも、送りつける意味はあるに頂いたコメントが面白かったので、掘り下げてみます。

相手が「読まない」と言っているトラックバックも、送りつける意味はある(ユタカさんのコメント)

また価値観について持ち出されていますが、価値観は違って当たり前なのでケンカや粘着や批判の理由にはならないと思います。価値観がそれぞれ違うことを前提としていればの話ですが。価値観の押し付けと多くの人が語るとき、それは押し付けでないことが多いようにも思います。ただの異見だと。えっけんさんの記事もそう考えると、ただの異見が価値観の押し付けに思われていた可能性があり、同様のことからはむはむさんを呼び込んだのだとも思えます。

ユタカさんは「価値観は違って当たり前で、それがケンカや批判の理由にはならない」と仰っています。

が、僕はブログのコメント欄における揉め事の大部分は、相手の価値観を認めることができずに、自分の主張を「相手のブログのコメント欄」に書き込み続けることから始まる、と思っています。



僕は以前からよくコメント欄にて「お前の意見を押し付けるな」という苦情を頂いております。しかし、特定個人に向けてトラックバックを送った記事や、文中に名指しをしている記事であればともかくも、単に自分の考えを主張した記事について「押し付け」と受け取る人の気持ちが僕には理解できません。

ある対象について、自分の主張と異なる意見(特に対立する意見)を見たときに、多少なりとも不快を感じることは、正直僕にもあります。

場合によっては憤りを覚えることもありますが、その意見が自分自身に向けてかかれたものでない限りは、「押し付け」とまでは思いません。「バカじゃないの」と心の中で思わなくもないですが、実際にそれを相手のブログのコメント欄に書き込むと「荒らし」と認定されるでしょう。

自分の気に入らない主張をするブログに対して、単に「お前のブログは不快だ」と書いても、それは相手にとっても不快な書き込みでしかないはずです。また、自分が不快であることを伝えるために、悪戯に暴言交じりの文章を書いても、それは逆効果というものです。

価値観の違いを確認するために、その対象についての自分の考えを書いたり、ブログ主に対するいくつかの疑問を書くのは良しとしても、いつまでも自分の主張を書き続けた上に、相手に対して「だからあなたの言っていることは押し付けなんです」と言われても、こちらとしては「おいおい、押し付けているのはどっちだよ?」と思うのです。

相手が「読まない」と言っているトラックバックも、送りつける意味はある(ユタカさんのコメント)

価値観の押し付けと多くの人が語るとき、それは押し付けでないことが多いようにも思います。ただの異見だと。

「ただの異見」であれば、そんなものは一度書けば伝わるものだと思うし、相手の感情を逆なでする煽りを交えて書き込む必要は無いはずなんですよね。

「あなたの考えは記事の通りなのかもしれませんが、私はこう思います」で済ませれば良いものを、「お前の考えは間違っている、間違っている考えを押し付けるな」と言われても、こちらとしては、自分が正しいと思う考えを啓蒙したければ自分のブログで書き綴ってくれよ、と。自分で勝手に読みに来て、なぜに「押し付けられた」と感じるのかと。

間違った知識が広まるのは困る、だからそのブログのコメント欄でそのことを指摘し続ける、という考え方もあるのかもしれませんが、その「間違った知識」を書いているブログが、それを広めるだけの影響力を持っているのだとしたら、それはそこに書いてあることが、多くの人にとって説得力を持っているということだろうし、それだけの影響力がないのだとしたら、むしろ放置しておいて構わないのではないでしょうか。

自分の価値観こそが多数によって広められるべきで、それを広めるために異なる価値観のブログに押しかけて、延々と異見を書き綴るのは、それこそが「意見の押し付け」であると僕は思います。

blog comments powered by Disqus

Comments: 8

#1206 くっぱ URL 2006-05-28 Sun 22:18

「価値観の押し付けるな」という意見が出るパターンというのは、他人(不特定の場合も含む)の行為や態度に余計な口出しをしたときに起きるわけで、無言で自分自身がその行為や態度をしなければいいだけのことなのに、なぜわざわざブログに声高に書いたりするのか?というあたりが問題なのだと思います。

つまり、「価値観の押し付けるな」は、「いろいろな価値観があるのだから、おまえの意見が必ずしも正しいわけではない」とエントリに書かれている意見に対して異議が申し立てられているというよりも、「他人様のやることに口出しするな、引っ込めろ」とエントリの存在そのものに異議が申し立てられているという意味合いが強いのではないでしょうか。

#1209 ふっくん URL 2006-05-29 Mon 20:56

今更あれだけど。
昔、無断リンク禁止を掲示してるサイトに、故意に無断リンクを行っていた人の台詞とは到底・・・

#1210 ユタカ URL 2006-05-30 Tue 01:06

うわあ、驚きましたよ。えっけんさん。

コメントを読んで

えっけんさんが過去に何をしてたとしても、価値観は変わってしまうのですから(簡単に変化する価値観というのもどうかと思いますが)自己の統一性保持を求めたとしても、僕にはえっけんさんという方がそれを重んじていないと感じます。ただ前はこんなことをしていたが、今はこれこれこういうわけでこう思うということを書かないので、このような書き込みがあるのかとも思えます。

しかし、ある意味えっけんさんは自己の統一性を保持しないという部分で統一しているんですよね。それがえっけんさんの個性だと思います。いちいち怒ることではないような気もしますけれど。えっけんさんは、煽りながらブログの利用方法を模索してるというか。さまよいさすらっているんじゃないでしょうか。別に弁護とかじゃないですよ。えっけんさんはいつも一所懸命だなあと僕は思うだけです。ある意味尊敬してますよ。僕にはできないですから。

#1211 えっけん URL 2006-05-30 Tue 07:51

このエントリと「無断リンク禁止」に関わる考え方の自己統一性云々は全く関係ないと思うのだが。

改めて記事を書くことにします。

#1213 えっけん URL 2006-05-30 Tue 12:35

まとまらないので記事にするのやめた。

●くっぱさn
>「他人様のやることに口出しするな、引っ込めろ」とエントリの存在そのものに異議が申し立てられているという意味合いが強いのではないでしょうか。

それだとそのコメント自体も「他人様のやることに口出しするな」になってしまいますね。
●ふっくん(こういう敬称付きの名前に改めて敬称をつけるべきか否か迷う)
>昔、無断リンク禁止を掲示してるサイトに、故意に無断リンクを行っていた人の台詞とは到底・・・

無断リンク禁止のサイトに無断リンクすることは、価値観の押し付けと全く無関係ですね。
・無断リンク禁止サイトのコメント欄に、「無断リンク禁止などありえない、ふざけるな撤回しろ」とやれば「価値観の押し付け」
・無断リンクをしている人のサイトのコメント欄に「無断リンクはネットマナーに反するので止めてください」というのも「価値観の押し付け」 そんなネットマナーなんかないし。
・自分のサイト内で無断リンク禁止サイトに勝手にリンクをする行為は、自分の価値観に則った行動をしただけ。「押し付け」ではない。
・無断リンク禁止サイトに「その主張は間違っている」という意のトラックバックを送るのは、1回だけなら押し付けとは言えない。しかし、何度も同じ内容の主張をトラックバックしたら「押し付け」となりえる。

●ユタカさん
匿名コメンテーターに「自己主張の統一性がない」と言われる筋合いはない

「あなたの言っていることには統一性がない」と指摘する匿名コメンテーターの発言に、自己主張の統一性を求めるのは不可能なのだから、ユタカさんの指摘は無視させていただきます。

#1214 ユタカ URL 2006-05-30 Tue 16:11

すいません、僕主語を入れるのを忘れたんですよ。
勘違いされる可能性大だなぁと思いました。
僕の文章は、ここのコメントをしている人に対して書いたんです。えっけんさんの記事とコメントを付け合せして、僕はこう思いますということを書きました。上の文章の弁護というのは、えっけんさんの弁護という意味でした。

それと匿名コメンテーターの文章を使うときは使い、
都合が悪ければ無視というのも別段僕はそれでいいと思います。僕はえっけんさんの文章とかにここ数週間で、なぜか全く嫌いだと思えなくなりました。理由は分かりませんが。

それと僕が書いたのは「自己主張の統一性」ではなく「自己の統一性」です。統一性がないといわれる筋合いとかの話ではなくて印象です。僕以外にコメントしている方もそう感じて書かれていると感じました。印象の問題ですし。それに腹が立つ、匿名だから無視というなら、それはそれでかまいません。僕の書いていることは、それでもそういう印象が感じられるという点でえっけんさんはずっと統一しているじゃないかということです。統一性がないということで統一しているというのは、自己の統一性がないのとは違うよということを書きたかったんですよ。

夜中に書いた文章で分かりづらく申し訳ありません。えっけんさん、僕は匿名のコメンテーターですが、それでもちゃんと読んで考えて書いていますよ。指摘とか中傷とかそういうことが目的ではありません。ブログは匿名でもコメントできてしまうしなあ。とにかく不快な思いをさせようとコメントしたわけではないということをお伝えしたいと思います。

#1243 くっぱ URL 2006-05-30 Tue 22:51

> それだとそのコメント自体も「他人様のやることに口出しするな」になってしまいますね。

それって、数学的帰納法でいうところの段階の正当性についての説明ですよね。私が気になっているのは基底の正当性についてです。

価値観の押し付け発生 ← 価値観の押し付け止めれ ← それこそ価値観の押し付けだ、止めれ ← それも価値観の押し付けだ、止めれ ← ・・・

最初に発生した価値観の押し付けの正当性が説明できない限り、それを止めろという価値観の押し付け行為の不当性は説明できないような気がします。

#4007 通りすがり URL 2009-04-12 Sun 15:58

重箱の隅突かないと批判出来ない奴がいるな。

もっと建設的なコメントが見たいもんだね、俺は…

Trackback+Pingback: 2

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/161-2c52450c
Listed below are links to weblogs that reference
どういう時に「価値観の押し付け」を感じるか from ekken
Trackback from 日々是自己主張 2006-05-29 Mon 13:51

「声高に叫ばれている」と感じる心理 

 自分の意見を自分のブログに書いているだけなのに、なぜか「声高に叫んでいる」とか「騒ぎを大きくしている」と受け取られる理由。 (more…)

Trackback from とりあえず 2006-06-03 Sat 21:04

価値観の押し付け 

一応、他人のコメント欄で粘着するのもどうかと思うので、適当にスペース作って思った事を書いてみる。もとは、えっけんさんのブログ「ekken♂」にある、『どういう時に「価値観の押し付け」を感じるか』とのエントリ。ふっくんでコメントを書いた者です。私は、リンクを「 (more…)

Home > Web > どういう時に「価値観の押し付け」を感じるか

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。