スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/16-83d60cd6
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > ドラゴンボールって、面白かったの?

ドラゴンボールって、面白かったの?

30過ぎた大人が少年向けマンガについて、あぁでもないこうでもないなどと愚痴を垂れるのはどうなんだろ、と思いつつ、つら~っとして書き綴ってしまうのです。根がヲタだから。

数年前まで、結構長い間、週刊少年マガジンを愛読していたのですが、最近ラーメン屋なんかで手にとっても、読むところが全くない、という事実に気付いてしまいました。
それは単に「連載物の抜き出した1回を読んでも話がわからない」ということではなく、掲載されたマンガに魅力が全くないからなのです。

特に少年ジャンプのマンガの質の低さは、酷い物です。
最近人気があるらしい「デスノート」とかいうのは、長い話の一部を読んで、「これ、最初から読んでみたい」と思うものでありましたが、後は読むに耐えないつまらないマンガのオンパレード。ちょっとえっちな萌え展開の「いちご100%」は、昔から少年マンガにありがちな定番路線なので良いとして(但し「少年向け」を中学生まで、と括った場合、ちょっと感心できない描写はあるが、現実的に「少年向け」マンガ雑誌の読者は大学生がメインだったりするからなぁ…)、ジャンプって、20年前から全く進歩のないマンガ雑誌ですね。

そもそもの元凶は、アンケート至上主義による「万人が面白いと思うマンガ作り」ではないかと思うのです。

アンケート至上主義については、こちらのサイトでうまくまとめられていると思うので、ご参照ください(愛・蔵太の気ままな日記経由)。

 

僕が思うのは、アンケート至上主義のマンガ雑誌は「万人がそこそこ面白いと思えるマンガ」は量産できるけど、「ある一人の読者の心を掴み取るマンガ」は生まれないということ。まぁ「本当に面白い物」にであったことのない、商業主義にまみれたマンガしか読んでいない「質の低い読者」が多いから、彼等は真剣に、アンケート至上主義マンガ雑誌を面白いと思っているのかもしれませんが。

ジャンプマンガを読むと、どうもマンガ家自身がストーリーの展開を考えているのではなくて、編集スタッフの強い意向によってしか進行していないような物が、あまりに多いような気がします。

その代表的なものが、鳥山明のドラゴンボールですね。今現在25歳~30歳くらいの人の中には、面白かったマンガの筆頭に挙げることが多いのではないか、と思う1冊(コミックで40数冊あるとかいうツッコミをするやつは、あっちいけ、シッシッ!)ですが、連載開始当初は、独特の世界観と鳥山明のセンスの良いキャラクターが光っていて確かに面白かった物の、ドラゴンボールファンならお気付きのように、あのマンガ、作者自身が途中で何度も止めたがっていましたよね。

最後のコマに「ドラゴンボールはもうちょっとだけ続くぞい!」というような台詞、一体何回あったことでしょう?

ドラゴンボール 完全版 (1)   ジャンプコミックスドラゴンボール 完全版 (1) ジャンプコミックス
鳥山 明

ドラゴンボール―完全版 (09) ドラゴンボール―完全版 (10) ドラゴンボール―完全版 (11) ドラゴンボール―完全版 (12) ドラゴンボール―完全版 (13)

by G-Tools

僕はコミックを持っていないので、正確には記憶にないのですが、かなり早い段階で「ストーリー的にはここで終わってもいいだろ」という時に、亀仙人がコマの隅っこで言っていたと思います。

あそこで終わっていれば、僕の中でも名作マンガとして心の中に残っていたと思うのですが、当時「カネヅル」であったドラゴンボールを終了させることは、集英社が認めませんでした。

それでも鳥山明さんは非常に才能ある人だから、その後の作品の質を何とか維持していましたが、その維持の仕方が、あまりに「バカマンガ」の方向性であったと。

ブログ始める前にやっていた掲示板のログに、こんなのありました。
オリ*としては「あの」
ズバババ、シュバババ**→「解説の回」→ズバババ、シュバババ→「解説の回」
のローテーションよりも、その「台詞回し」と「強さ描写が出来なくなり」
前、異常に苦労した敵を「こき下ろす」ことでしか、今の孫くんなり敵の強さを
説明できんのが阿*くさいと思う次第であります

ただ、あれは鳥山なりの毒かも知れん

華奢ーん氏の発言より抜粋。伏字は原文のまま。
この掲示板は既に閉じてあるので、リンク先は示しません。
*「オリ」……一人称の「オレ」  **「ズバババ、シュバババ」……戦闘状態のこと

竹熊健太郎氏の名著「サルでも描けるマンガ教室」であまりに有名な「ライバルのインフレ」ですね。

上記引用文発言主の華奢ーん氏は、上記引用文の前の部分で、こんな発言をしています。

大魔王→主人公の血の系譜の王子(宇宙最強を名乗ってたはず)→宇宙最強→宇宙最強のパパ→
(既出の最強は出揃ったので、新たに最強な)人造人間→過去(史上)最強→ドラゴンボールGTへ

という流れもあまりにバカでありますが、
「あぁ、アイツは昔闘ったセルくらいの強さかな」
とか
「オレは父さんが傷つくくらいの力を手に入れてしまった(←実は若さ故の勘違い)」

阿*くせー

発言がバカというか、「そーいう発言でしか敵の強さを示せなくなった」

作者が考えていた物語以上のことを強引に続けさせられると、世界観に破綻をきたしてしまう物です。荒木飛呂彦氏の「JOJOの奇妙な冒険」シリーズのように、能力の違いにより強さを演出するのであれば良いのですが、ドラゴンボールの「ライバルの強さ」はテレビゲームにおけるRPGのLV上げ的な強さでしか表現できていなかった。作者的にはピッコロで「ライバルで打ち止め」があったはずなのに、集英社のお金儲けの為に「そんごくう は レベルが上がった!」「こうげきりょく が 5 あがった」「テレポート を おぼえた」「ブルマ は ドラゴンボール を つかった! なんと! なかまが いきかえった!」というドラゴンクエストの流れそのまんまな話の展開にしかならなくなったのです。

この時点でマンガとしてダメダメな空気が蔓延。マンガのファミコンゲーム化。
しかし毎回「盛り上がり」で次回に引っ張る演出から、読者はドラゴンボール中毒状態。

金儲けの為に中毒者を維持→毎回「引っ張り」→前回以上のクライマックス 実はバカマンガ。

 

アンケート至上主義による一本のマンガの継続は、そのマンガの質の低下にしか繋がらないのだと思います。

その点、ドラゴンボール終了後に、恐らくは連載期間を予め決めておいて描かれた、鳥山明氏のマンガ、「カジカ」と「SAND LAND」は、非常に面白かった。

「カジカ」はドラゴンボールのリライトともいえるマンガで、主人公・カジカを孫悟空に見立てた場合、ベジータは出て来るは、ドラゴンボールはあるは、スーパーサイヤ人はいるは、レッドリボン軍もあるはで、40数巻にも及ぶドラゴンボールって、実はまとめればコミック1巻分の話だったのね、と思うものです。

「SAND LAND」はさらに内容を洗練させた物語。短編集などを読むと、鳥山明作品には「水がない世界」がたくさん出てくるのだけど、そうした過去の作品をうまく取り入れ、映画的なストーリー展開を取り入れて昇華させた、鳥山明の最高傑作です。

 

「SAND LAND」の中で、鳥山氏は「一人で好きなように書かせてもらう」事を条件に、当時売上が減少気味であったジャンプの編集長(Dr.スランプ時代の編集担当者であったマシリトこと鳥嶋氏だったと思う)の依頼を受けたことを述べていますが、アンケート至上主義では「人気はあるけど駄作」しか描けなかった鳥山明が、やっぱりすごい才能を持った漫画家だったことを証明できた作品だったと思います。

 
カジカCOWA! 鳥山明○作劇場 VOL.3 (3) 鳥山明○作劇場 VOL.2 (2) 鳥山明○作劇場 VOL.1 (1) by G-Tools



ところで誰か、「こち亀」がつまらない事を、作者にはっきりと伝えられる編集者はいないのか?

「こち亀」を読むと、土田世紀「編集王」に出てくるマンボ好塚を思い出すのは、僕だけなのでしょうか?



blog comments powered by Disqus

Comments: 3

#3028 星の白金 URL 2007-05-26 Sat 21:39

あ、浅い見識だな~。

#3029 ekken URL 2007-05-26 Sat 22:19

浅いコメントだね。

#4257 CPU URL 2010-03-31 Wed 21:34

ドラゴンボールは大好きだけど、知識が浅かったらこんなにかけないだろ

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/16-83d60cd6
Listed below are links to weblogs that reference
ドラゴンボールって、面白かったの? from ekken

Home > Hobby > ドラゴンボールって、面白かったの?

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。