スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/158-b0a44efe
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > 儀礼的お返しコメントなんか、いらんいらんっ!

儀礼的お返しコメントなんか、いらんいらんっ!

あるブログに、初めてコメントを残す時ってどうですか?

中には、「ずっと読んでいたけど、その記事に物凄く共感を覚えて、嬉しくなってコメントを書いた」、というケースや、「書かれていることに腹が立ち、黙って見過ごすことが出来なくなった」、ということもあるかもしれません。

そうした思いを伝えるのが、ブログのコメント欄の役割なのですから、どんどん書き込んじゃいましょう。但し怒りに任せて書くことはオススメしません。

たとえどんなに許せないことが記事に書かれていても、それを罵声でしか文句をいえないのなら、やっていることは荒らしと一緒です。冷静になってから、「相手に読んでもらえる」コメントを残すべきです。

今回書きたいのは「コメントする時のマナー」ではなくて、「コメントをされた時の対応」です。

初めてどこかにコメントを残す際、URL欄を埋めていく人の多くが、「この人から自分の所へもコメントを貰いたい」と考える物ではないですか?

僕はそうです。

コメント欄にURLを残す際、一つは自分の居場所をハッキリさせることで、発言に対して責任を持ちたい、ということもありますが、多くの場合、あわよくば自分のブログも読んでもらい、何かしらコメントを残してもらいたいと考えています。

ブログを始めたばかりの人が、なかなかコメントをもらえないことを嘆いている記事をよく目にしますが、そういう人の多くは、自分からどこかにコメントを残すことをしていなく、逆に言うとブログを始めたばかりの人でも、他人のブログに積極的にコメントを残す人のブログには、記事の数が少なくても、ビックリするくらいのコメントがついていたりするものです。

実は読者を増やす、最も簡単且つ安全な方法は、よそにコメントを残しまくることです。

あからさまな宣伝コメントはダメですが、他人のブログに適度に「面白いコメント」を残せば、書いている記事の内容がたいしたこと無くても、結構な量のコメントが貰える物なのです。

何故なら、普通、人は一方的にコメントを貰うことに、ある種の罪悪感を感じる物だから。

実際、割と多くの人が、初めてコメントをくれた人に対して、何らかのコメント返しを行っている模様。それも大抵は最新記事に、「コメントありがとう、ここステキですね! また来ます!」といった類が多いように思えます。

コメントをもらえるだけマシなのかもしれませんが、実のところ、そんなコメント、どうでもイイよね?


うわっ、またかよ、またそんな嫌われるような話かよッ! 越後屋はよっ!

だって、本当にどうでもいいんだもん、そんなクソコメント。

ウソはつきたくないんだもんっ!


うわ~っ、やべぇな、今「嫌いなブログランキング」やったら間違いなくベスト3には入れるな。


誰かやってください!



脱線脱線。


「コメントありがとう、ここステキですね! また来ます!」というコメント、もしかしたら本心で言ってくれているのかもしれませんが、コメントされたほうにとっては、「あー、こいつ読んでないな。義理でコメントしているな。たぶん‘また’は無いな」と穿った見方をしてしまう物です。実際、そうしたコメントを残していく人に‘また’は無い事が多いです。

別に一回コメントを残してきたくらいで、何度もこっちを見れやぁ、とまで思わない物の、あからさまな社交辞令コメントってことが見え隠れすると、とてもシラけた気持ちになるのは、ナゼ?

ちなみに僕は、一度でもURL入りコメントを貰った人に対しては、必ず相手のブログを読みにいってます。それが礼儀だとは思わないけれど、面白いブログを見つけるための、一番手っ取り早い方法だと思うから。

最新記事に「読んだよ」的なコメントを残すのも良いのですが、記事の内容にあまり関係のない、社交辞令的なコメントを残すのは嫌いなので、コメントを残せる記事が出てくるまでは、過去ログをさかのぼることが多いです。

それでも相手のブログの性質上、どうしてもコメントを残せない場合もあるわけでして(野球に興味がないのに野球ブログの人からコメントを貰っても、こちらからコメントを残せないなど)、そんな時はそのブログをRSSリーダーに登録して、更新状況を見守りつつ、いつかコメントしてやると機会をうかがっているのです。


うわ~ッ、最後にいいひとな自分を激しくアピールっ!

9回裏ツーダンフルベースからの逆転満塁サヨナラホームラン、ってところですか!


どぉ、どぉ?

好感度上がったかな~?

次回の抱かれたい男、ナンバーワンかなッ!?



この記事はむだづかいにっき♂:儀礼的お返しコメントなんか、いらんいらんっ!の再掲です。

お寄せいただいたコメント等は、元の記事をご覧ください。

blog comments powered by Disqus

Comments: 0

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/158-b0a44efe
Listed below are links to weblogs that reference
儀礼的お返しコメントなんか、いらんいらんっ! from ekken

Home > Web > 儀礼的お返しコメントなんか、いらんいらんっ!

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。